裏の裏は、表…に出せない!
実話誌等で暴走する裏系&馬鹿系ライターが、日本最大の歓楽街・歌舞伎町から発信するグダグダな非日常的体験と裏話。そして禁断の取材メモ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【神峻ブログ】 感謝とお詫びと混乱と…【告知】
……ご来訪、有難うございます。
毎度毎度のお方は、いつも有難うございます!

ブログのサーバーにトラブルがあったようで、
過去の記事のいくつかが死んでおりました。
(…ちゅうか、ブログそのものが崩壊 …泣)
しばらくはトップページやいくつかの記事に
アクセスできない状態だったと思います。

そこで、あ~でもない、こ~でもないと、
復活できるものは復活させようと…、
仕方なく最新記事(これ)をトップにしたり、
新着順に並べ替えたりもしておりましたが、

4月3日に、何だか元に戻ったようなので、従来の通りに復活させました。
混乱させて申し訳ありませんでした。



(……ご迷惑をお掛けしております。)

それでは…、あらためまして、ご挨拶です。『わたくし……、』
3838383.jpg

『…生まれも育ちも、裏社会です』

宙出版発行『新日本タブー地帯』 
巻頭漫画「恐怖!爆笑!ヤクザ専門ライターの珍事件ファイル」より
(C) SHINSHUN / NOE


以下は死んだ状態だった記事です(2006年1月期のもの)
アクセスや検索が多い記事もありましたので、
何とかかんとか生かしております。
以下から飛んでください。

追悼 写真家・渡辺克巳
歌舞伎町の9・11
歌舞伎町破門通り ~ヤクザを辞めたらヤクザ以下~(以前の第1~3章を統合してあります)
シノギは削るもの
一攫千金の街


※その他の記事は右の「月別アーカイブ」からお願いいたします。

KEEPOUT.jpg

ゴメンね m(>。<)m ←絵文字が似合わない男ですが(笑)

(C) SHINSHUN




アンケートですって
<旧車會>改造車暴走 警察庁が実態調査へ

5月2日 毎日新聞


旧型の自動車やオートバイで暴走行為を行う「旧車會(きゅうしゃかい)」の活動実態を把握しようと、警察庁は来月の「暴走族取り締まり強化月間」に合わせて、初の実態調査を行う。暴走族が減少傾向にある中、旧車會は全国各地で増加しており、メンバー構成などの把握が必要だと判断した。

同庁によると、旧車會は昨年末で全国37都道府県に451グループ約4100人(前年比1.6%増)。このうち、61グループ約500人は、違法改造車で大音響を出したり、道路を蛇行するなど一般の暴走族だが、名称だけ旧車會を名乗っているとみている。

各警察本部は昨年、50台以上の車両が集結して走行したケースを44件確認した。

いったん暴走族を離れたOBが過去の暴走を懐かしがって結成するケースも多く、年齢構成は20~30歳代。群馬県高崎市では06年6月、元暴走族だった40歳の男が旧車會を名乗って暴走行為をして逮捕された。「昔の快感が忘れられなかった」と供述したという。

暴走族は昨年末で1万2584人(前年比8.0%減)と、ここ数年減少傾向だが、
05年ごろから旧車會の活動が目立ち始めた。

警察庁は、6月の暴走族取り締まりで検挙した者たちに、
アンケート
するなどして実態調査を行う。


(1)リーダーの統率力が、暴走族並みに強いのか、愛好家グループの延長的なものなのか?
(2)ツーリング時に交通ルールを守る意識をどの程度持っているか?
(3)メンバーの年齢構成、職業の有無、家庭環境は?


--などを調べ、結果を分析して実態解明につなげる。

同庁交通指導課は「交通ルールを守って楽しむ旧車愛好家グループと混同を避けるためにも違法行為を行う旧車會の実態についての正確な把握が必要になっている」と話している。

旧車會とは…、

 もともとは、70~80年代に製造された車やオートバイの愛好家がツーリングなどを目的に仲間を募ったグループで、「旧車会」と呼ばれた。爆音の出るマフラーや、車高を低くする(シャコタン)などの違法改造し、暴走行為など違法行為を行うグループを、警察庁は「旧車會」と呼んで区別している。



…あれれ? 何も分かってないんですか?
居るでしょう!警察内部にメンバーが(笑)

……いまさらながら、何なら、私が正確なアンケートを集めましょうか?
検挙した者にアンケートですって!これが爆!
アンケートじゃなくて尋問でしょ?

そういえば、過去に警察が歌舞伎町の浄化のために、とある大会を開催した際に、
集っていて居眠りをかましていたホストクラブの面々は、たしか検挙され…

…やめときましょうネ、神峻サン!



【続報】

この記事から…、ほぼ一年。
忘れかけた頃に、こんなニュースが…。

<暴走族調査>暴力団と関係ある35% 上納金も17%

09年4月22日21時28分配信 毎日新聞


暴走族メンバーらに暴力団との関係を聞いたところ「関係がある」との回答が全体の約35%で、
上納金を納めていると答えた割合も約17%に上ったことが警察庁の調査で分かった。
暴走族の構成員はピーク時(82年)の4分の1まで減ったとされるが、
暴力団とのかかわりが改めて裏付けられた形だ。

調査は08年6~7月、全国の警察本部が把握している暴走族構成員と
暴走族風に改造した旧型オートバイなどを運転する「旧車會(きゅうしゃかい)」のメンバーに
調査書類を渡し、2063人から回答を得た。
5年に1回程度実施しているが、旧車會メンバーへの聞き取りは初めて。

「以前加入していた」も合わせ暴走族グループへの加入者は計810人。
うち「暴力団と関係がある」と答えたのは281人だった。

具体的な関係については
▽「後ろ盾になっている」約28%
▽「リーダーなどが関係している」約21%など。
上納金については「納めている」が135人で、
「納めていない」は129人、
546人が無回答だった。

一方、旧車會の加入者(325人)に、
旧車會とはどのような組織か聞いたところ
「交通ルールを守って走るバイク好きの集まり」が約58%
▽「暴走族OBの集まり」約33%
▽「クラシックカーの愛好家」約19%
--などと回答がばらついた。


…やれやれ。

これはエエなぁ!
あるオシャレなヤクザが履いていた靴。
バックスキンにクロコダイル…。

shoes001.jpg

(全然関係なくも無いけど、幼い頃の私は“ウロコダイル”と思っておりました)


思わず、ひざまずく私、
「エエ靴でんなぁ!」

不気味に笑う侠、
「…靴?、ふっふふふ」


侠は足を上げる。
な、な、なんじゃぁ?????? なんじゃ…ぁあ!

shoes002.jpg

か、か、カカトが妙だぁ!


こ、こ、これはぁ!



shoes003.jpg

完全 に スリッパ じゃん!

いつ何時、何があっても、対応できるように、すぐさま、脱げるように、すぐさま、履けるように!
それでも、相手に失礼が無いように、
どんな高級レストランでも格式高いホテルでも入れるように
(その前に、人相で無理だと思うが…)
その組では全組員がこれを持っているのだという。

…と、そういう靴、もとい、スリッパ、いやいや、靴リッパ!
これはエエ! ワシも作って欲しい!



……値段を聞いて断念。

負けず嫌いのワシは…、
…そりゃ、大した心がけではごぜぇますがぁ!
でも、これ、走れんでしょ?
絶対ぇ、走れんでしょうがぁあああああ!


そんな侠も、ワシ以上の負けず嫌いだった。

その後、彼はベンジョンソン並みのスピードで、
…歌舞伎町を走ってみせた。


得意満面の笑顔で走った!


何事にも本気(マジ)だと言いながらも、
真夜中に歌舞伎町を全力で駆ける侠!…アンタ変やぁ!
たぶん、ベンジョンソン並みに、
何かでドーピングしているに違いない!
絶対ぇ!そうだ!通報してやるぅ!



今日の標語 : 「スリッパを、脱いだら、足を洗いましょう」

それにしても、…ええなぁ、これ。
こういうのワシ大好き!



靴リッパ!

(命名・商標登録思案中 BY 神峻)
竹中武の遺言
CAE8765H.jpg



…そのまた、未公開部分ですが。
(文字数の関係で掲載し切れなかったんですわ)


・・・親分はゴンタクレが大好きで、
道を一緒に歩いていると、
『おっ! アイツはヤクザ以上やなぁ』…と突然に言う。
何事かと思うと、向こうから地元のヤンチャな小僧が歩いてくるんです。
それを見て、親分は目を細めているんです。
ほんま、ゴンタクレが大好きでしたわ。
親分こそが史上最強のゴンタクレですのに…。
(竹中組幹部)


竹中組長が上京したという噂を聞いて、
代紋の違う親分たちが駆けつけて接待したんです。
どちらも大の竹中武ファンの親分です。
もちろん二人とも、業界では有名な武闘派です。
すると両者の顔を真剣に見つめた竹中組長が、
『あんたらが、喧嘩をしたら、ワシはどっちについたらエエンか?』
親分たちは互いの顔を見つめたまま、その返答に困った。
その様子を見た竹中組長が、
『ワシがあんたらを絶対に喧嘩ささへん!』
と言って、悪戯っ子のように笑うんです。
…シビれました。不思議な魅力の親分でした。
(関東某組織・幹部)


6月8日の魔縁
被害者がお前に何の関わりがある!
何の罪が、何の怨みが、
何もないはずだ。
暖かで幸せな日曜日。

許せない事件だ。
通り魔、無差別殺人…、

現代社会で誰もが抱く疎外感、
『誰でもいいから殺したい』
焦燥と怒りの捌け口を求める。
ついに、狂気は一般人や弱者に向けられた。

あの事件を思い出す。
無垢な小学生を次々と…、
付属池田小学校、
…宅間守。

それも、6月8日…、

あの凶行と同じ日だ。
犯人は間違いなくこの日を選んだ。



…連鎖?模倣?怨念?
そんなはずはない!



……なぜだか、身体の震えが止まらない。


cc67_sample2_l.jpg

(C) 神峻 / 笠原倫  『魔縁の男』

…誰もが簡単に魔縁に堕ちるというのか?

魔縁(まえん)とは、仏教の六道のいずれにも属さず(つまり外道)、
輪廻転生することも叶わない地獄以下(奈落の底より下にあたる)に堕ちた者たちの総称。
餓鬼、畜生、修羅よりはるかに劣る邪悪。最高仏ですら救済不能とされた者たちを表す仏教用語。

the Apocalypse criminal (黙示録の狂罪人)




kabukicho-com01

情報サイト・歌舞伎町コミューン

一枚の写真
===================

『娘が、パパだぁ…って、喜んでいます』

ある一枚の写真がある。
先日、亡くなった親分、奥様に差し上げた生前の取材でのオフショット。
写っている親分はいつものヨソ行きの厳しい顔ではなく、
正直言えば、油断して笑っている顔だ。
私のカメラだけに見せてくれた笑顔だ。

写真を受け取った奥様は胸を詰まらせた。
『家じゃ、いつも、子供たちの前で、こんな表情で笑ってたんですよ』
カメラを向けると厳しい顔をする。
こういう写真が一枚も無いから…と、とても喜んでくれた。
奥様はしばらく眺め続けた。
引き伸ばして、遺影の代わりに、自宅に飾りたい。

…そのお礼の電話だった。

もちろん雑誌に掲載採用された写真ではない。
裏側、違う角度ともいうべき写真だ。
原稿を褒められるより嬉しかった。


===================


私は取材現場に必ずカメラを持ってゆく。
正式なカメラマンがいるのにも関わらず…。
…で、撮りまくっている。

最初の頃、義理場などの取材で、
本職カメラマンや同業者から
『何じゃコイツ?』という顔もされた。

ところが、今では彼らは私を追い回す。
嗅覚?そういえばそうなのかもしれないが、
大勢が集る取材場所で、押えるべき対象の顔を知り、
名前を知り、どういう人物かを知るからである。
話を聞き、裏を調べ、文章にするからこそ…かな?
そういう意味で、私以上の嗅覚(?)を持つのは
カメラマン・中村龍生さんだけだ。
この人はスゲぇ!
【本ブログ記事】 突撃!ヤクザの晩ごはん

…で、ここでCM、入りま~~~す!

4812435269.jpg

雀狼たちの肖像 ~麻雀新撰組とその時代~

…ということで、記事を書いた直後に頂いた
中村龍生さんの新著です。
雀師たちの肖像ですね。
面白いのが麻雀に興じる当時の有名人たち。
横山のやっさん、ジャイアント馬場、アゴの飛び出た島田紳助、借金の無い松本竜介。
ワシが天才芸人だと思う桂小染、アホじゃない真剣な顔の坂田利夫。
美人で若い岸田今日子、風呂に入っていない由美かおる(色ぺぇ!)
完走できそうな欽ちゃん、痩せている西田敏行…、
サングラスすると相手に牌が見えてしまうので
外して、スッピン(?)の井上陽水(こんな顔でしたか~~っ 笑)
…この辺の写真は実に面白い!
それだけでも見る価値はある(笑)


===CM終わり!=====


ある取材の際、私は急に駆け出すと、ある一団へ向かった。
偶然に代紋違いのAという親分とBという親分が談笑しているのを見つけたからだ。
世間では対立していると思われているふたり…。
このツーショットでの笑顔は無い! 私だけが押えた。
…嗅覚といえばそうなのかもしれない。
離れた場所の美味しいご馳走の匂いを嗅ぎ分けるのだから(笑)


お前!文章屋なのに、どうしてそんなことをするかというと、

行き詰まった際に、ボンヤリと取材時の写真を見ていると
脳内で取材風景が再現されてゆくからである。
時には気が付かなかったことまで見つけてしまうことがある。
とにかくその光景や画像を文章に変換する。
・・・ひたすら。ひたすら。
煮詰まった時はそれに限る!
すると何かが見えてくる。

シナリオを書く人は完成された映像を思い浮かべながら文章にするはずだ。
俳優が話す言葉を想像しながら台詞を書く。
スクリーンや画面に写し出されるであろう情景を思い浮かべ、ト書きを書く。

私の作業は、逆の作業をするようなものだ。
保存された現場の空気を文章にする。
写真を見てアナウンサーが実況中継の再現をトレーニングするように? 

だから、キャプションのつけ方にはこだわる。
誰もが見て取れる情景描写は文章にしない。
読者が写真を見て思い浮かべるであろうキャプの先にある情報や裏を書く。

犬の散歩をさせている写真があるとする。
『毎朝、犬の散歩をさせている●●さん』じゃ当たり前過ぎる。
まぁ、分かりやすくて親切だという人もいるが、
『犬と歩く小経の散策、●●さんが大切にしている毎朝の日課だ』…これも普通かな?
写真を見ると分かることは書きたくないのだ。…私なら、
『●●(犬の名前、犬種)は私に似ているような気がして…と微笑む。朝の日課は癒しの時間』かな?

だからこそ、追加取材をする。
『この写真…、犬なんですが』
『犬? 犬のこと聞きたいの?』
私は犬や散歩のことをダラダラと聞く。
…無駄話のように。面白いことにそうした会話は信頼関係も生む。

ところで、私の背中ばかりを追うようになったプロカメラマンはあることに気付く。
『コイツ何を撮っているんだ?…誌面には使えないだろう!』
私は取材の裏側や、よそ行きの顔でない表情ばかりを追う。
正面から追うカメラマンたち…、私は違う角度に立つ。
だって誌面掲載の写真は本職のカメラマンに任せているから。
そこを侵すわけにはいかない。
私が撮影するのは現場の空気の記憶。

ある大組織の会長が入ってくる。
正面から後ずさりしながら連写フラッシュを炊きまくる本職さん。
もちろん、そういう写真が必要だからこそだ。
私がプロの彼らにかなうわけはない。

何枚かのショットを抑えると、私は角度を変える。
その会長を迎える若い衆たちの顔を狙いだすのだ。
時には会長の後ろに回りこみ、後姿のオーラと周囲の情景を押える。

そういうことばかりを続けていると、
いつしか、彼らも私のカメラに「普段」を見せてくれるようになる。
撮ってはいけないものまで、撮影させてくれたりもする。


『掲載できない写真を撮ってどうすんの?』
反論こそしないが、私はこう言いたい。
『使えないからこそ貴重なんだ!』
誰も撮影しないものばかりを撮影している変なライター。

どうしてこうなったか? それには理由がある。

私ははいい映画に出会ったときに
映像から脚本を起こしてみる。
必ずそうする。
私のオタク体質がそうさせるのかもしれないが…。

そういう作品はシナリオ誌や映画誌に
脚本が発表される場合がある。
自分が逆作業した脚本と
本来の脚本を見比べてみる。
答え合わせのようなものだ。

自分の愚かさが見えてくるが、
そこは仕方ない(笑)
それよりも重要なことが理解できる、
脚本家の、監督の感性が見える。
この作業が実に面白いし、勉強になる。
(業界を目指す人はやってみて下さい)

喰えない時代に、そういうことばかりをしてきたので、
私にとって取材時のカメラ撮影はとても大切な作業だ。

取材に付き合う編集部員は驚く。
『あのぉ…、写真ばかり撮ってないで、話を聞いてください。取材をして下さい』
馬鹿かぁ!話は後でも聞ける。この情景は今だけのもの!
話をいい加減にしか聞かないから、相手も追加取材の必要性を認識してくれるんだ。

テープを向けると言葉を選びすぎたり、詰まったり、構える人も多い。
取材されなれている芸能人じゃないんだから、それが普通だ。
『え?あのスチャラカ取材で、いつこんな情報が?こんな原稿が?』

追加取材…、以降の私は異常にシツコイんです。
何度も先方に出向き、何度も電話を入れる。
それは入稿の直前まで続く。

原稿もワード数調整で書き足したりはしない。
私は加筆・追加取材を重ね、いつの間にかワード数の倍以上の文章を書く。
それを削るのだ。それが私のやり方だ。
…たしかに無駄かもしれない。
最初からその文字数を目指して書くのが正統かもしれない。
調整で書き足した部分が、何となく浮いて見えるような気がするからでもある。

その後、散々待たされたはずの編集部員は嫌になる。
ギリギリまで引っ張られたあげく、
レイアウトから、キャッチ、キャプション、全てを指定してくるからだ。
こだわり抜くからだ。
これは完全に編集部員の仕事を侵している。


そんなことばかりしている嫌われ者の異端児でもある。
ある作家先生は『お前、本当に変わってるなぁ』
ある歌舞伎町系は『アイツは完璧主義者だから』と言い放つ。
…あのねぇ、私ほどスチャラカホイでいい加減はいないんですわ。
自分で良くわかっているからこそ、完璧じゃないからこそ、少しでも…と。


本職が好んで読む、ある専門誌編集長が言ってくれた。
『うちでどうですか?ページ空けときますから』
…恐れ多い。
『だってそちらの雑誌はメジャーリーグでしょ? 
俺、マイナーリーグで、好きなフォームでブンブンとバット振り回したいんですよ』
編集長は大笑いした。

分かっている人たちに、
分かっていることを書くよりも、
知らない人たちに、
裏側を垣間見せているからこそ、
少しでも“人間”を、…取材現場の、…人物の持つ”空気”を知らしめたい。
…愚かで、無駄で、馬鹿な野望だ。
それを唯一、理解してくれているお方が…、山平重樹先生?
今では連れ立って取材もするが、
初対面の時に『君に会いたかったんだよ!あの原稿を描いた男がどんな人物なのか!』
歌舞伎町にいた亡くなった伝説のヤクザを書いた記事。
街にいたからこその記事だったが、
『彼に着目したのは凄い』
私の両手を握って激しく揺らす。業界の大先輩…、
こちらがそうしたかったのに、異常反応に驚いてしまった(笑)
……恐らく原点が同じ。
『知らしめたい』『分からせたい』…だけ。


本当に、そんなことばかりしている。
だから貧乏ライターだ。
(浪費も多いしネ。貧乏が最大の労働意欲なんです)

…どうしてそんな裏側をダラダラと書き綴ったかというと、
涙が出そうな嬉しいことがあったからだ。


……そんな取材で撮影した、ある一枚の写真がある。
先日、亡くなった親分の奥様に差し上げた裏側の写真。
写っている親分はいつものヨソ行きの厳しい顔ではなく、
正直言えば、油断して笑っている顔だ。

写真を受け取った奥様は胸を詰まらせた。
『家じゃ、いつも、子供たちの前で、こんな表情で笑ってたんですよ』
カメラを向けると厳しい顔をする。
こういう写真が一枚も無いから…と、とても喜んでくれた。
奥様はしばらく眺め続けた。
遺影の代わりに、家に掲げてくれるそうだ。

もちろん掲載採用された写真ではない。
裏側、違う角度ともいうべき写真だ。
原稿を褒められるより嬉しかった。

無駄な作業ばかりしている馬鹿…、
陰口もあるだろうが、
私はこの作業を続けてゆこう。
そう思った。


私は奥様の喜ぶ顔に学んだ。



本職の皆さん、今後も、邪魔になったり、見切れたりもしますが、
何卒、宜しくお願いします。


(C) SHINSHUN

自然な食材に、仕事のエキスを振りかけて、
…甘酸っぱいドレッシングで。








kabukicho-com01

情報サイト・歌舞伎町コミューン

ヤクザな現場にイチイチ呼び出される漫画家サン カツピロ!
大好評だったらしく、第二弾が本日6/23発売されるようです(笑)

zassi_0012-nm.jpg


増刊 本当にあったゆかいな話 激スゴ!ヤっちゃん伝説スペシャル
●カツピロが決死のW描き下ろし!! 
・仰天任侠道BIG18P!
【激スゴ!(ヤ)伝説】 カツピロ
・増刊だけの番外編
【激スゴ!ヤンキー伝説】 カツピロ


この書籍の漫画家サン…カツピロさんは、
とても真面目な好青年。…で、大阪在住。

先日、私が某Y組系親分誕生会に大阪へ出向いた際にも呼び出され、
土地勘の全くない私の電話道案内に右往左往したあげく、
いきなり…、『某組織の某さんネ!』と紹介、
そのイケイケの組織名を聞いて固まる…。さすがぁ地元!
『じゃ、裏話でも聞いて。俺、会場に行かねばならんから』
…と、初対面を二人っきりで、ナニワのサテンに置いてけぼり。
えぇ~~~~~~っ!

…で、先日は彼が上京。
その時、私は某組織の某親分の葬式。
『喪服を着て見学に来ればぁ?』
…真面目な彼は来るのだった。
で、葬儀場にはおびただしい黒服軍団(笑)
なんなんですかぁ~~~っ!
彼はその親分のお骨上げ(なんで?)までして帰阪。
もちろん精進落としにも参加(爆)。(質問攻めにあっとりました)

んでもって、歌舞伎町の喫茶店。
『恐ろしい人相の超イケイケだけど会う?凶悪顔見たら引くよ』
無抵抗で彼は来るのだ。
侠は禁断のキーワード満載で喫茶店じゅうに響く大声。
『も、も、もう少し、小さな声で・・・』
『ワシ、ヒソヒソ話、嫌いなんや!』
私はニヤニヤ。彼は絶句。喫茶店は大爆笑…さすが歌舞伎町。
(侠が『ワシはこんな顔だからなぁ』と言った時、
さすがの彼も吹き出しそうな笑いを堪えた様子)

そんなことばかりに付き合わされております。
…と、いうのも、一般の人がどう思うのか?どう感じるのか?
それを私は知りたい。それが実に新鮮!
彼の漫画を読むと新たな発見が。なぁ~~~~るぅ。
もぉう、私なんぞは完全に麻痺しておりますからねェ!


恐怖ばかりのそんな体験も漫画化されておるはずです(爆)





PS:そう言えば、彼に言ってなかったことが…。
  前巻の取材協力して頂き、鍋までご馳走になった某幹部…、
  現在、殺人罪でムショです。
  (聞けば、あの時、…すでに)



『買ったげて下さい!』 …恐怖案内人:神峻。




kabukicho-com01

情報サイト・歌舞伎町コミューン


情けは人の為に、あらず?
・・・芝居、毎日のように強制的に駆り出されてます(笑)
おかげで原稿が小山のように蓄積中!
(小山ってのが悲しいんですがネ!)

935238146_78.jpg

935238146_172.jpg

脚本・演出のジョージマン北氏が作成のCMです!



※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player

第一回ワイルド・ピース・カンパニー旗揚げ公演 by 劇団W.P.Cさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー






まぁ、何と言っても、見所は、
ジョージマン北の脚本と演出、
ピースのお笑いと狂気の表裏一体、
佐藤仙学のお馬鹿ぶり、
コント青年団の「お前ら、それじゃ芝居じゃなくて、コントだろ!」
結城レイナの歌唱力とオパイ、
加藤藍子の小ささ。

…などなど。

ジョージマン北の部屋


……で、もってこちらも 「よろしくネ!」

company_title.jpg

1945

つい数日前に、主演の高橋和也氏と、
ふたりの保護者格の小野進也氏と歌舞伎町で遊びました。
その途中に竹●組の幹部が上京していて『どこにおりまんの?歌舞伎町でっか?』と言うので、
抜け出して遊びに行くと、そっちも楽しかったりして(笑)
『誰と飲んでまんの?』
『ジャ●ーズを解雇になって唯一生き残っているワシの好きな骨のある名優』
『そうでっか?山●組を脱退して唯一生き残っているアンタの好きな骨のあるワシらみたいでんな』
それ……、よく分かりませんから!

…で、宣伝しています。

高橋和也WEB


その翌日には、某ディレクターが「会いたがってる放送作家がいる」というので、
何じゃらほいと、いそいそと出かけてみたら、超売れっ子作家だった。
かなりの裏系オタクで、質問攻めに(笑)
……ついつい、色々と喋ってもうた。
また遊びましょう!

桜井慎一氏WIKI

名優と極道の共通点に彼は爆笑!
分かってらっしゃる!



なんだかんだで、
以上の三点に触発されたなぁ。
久しぶりに……、芝居、書こう。
(お前のは芝居じゃなくて、コントの羅列だろ!)


【以下は私的な告知・・・(うぅ~~~っ)】

2601.jpg

この辺を見かけましたら…(笑)

070501025.jpg

…ちなみに、こちらは二刷が発売中です。16ヵ月後の増刷って何?(爆!)

ワシは二刷王かよっ!(新しいの書こうぜぇ、芝居とか何とか言っとらんで←某編集)

これは一年物(笑)
0811_02_l.jpg
予告編映像他
↑ 実はこれ、先日他界された峰岸徹さんの最後の作品なんです。
   …ご冥福をお祈り申し上げます。





PS: ゆ~とぴあ解散(笑)! ……馬っ鹿じゃねぇの! 特に日刊ス●ーツが馬鹿だ。 お前、取材対象が芸能人で良かったなぁ(笑) 俺なんてヤ●ザだぞ。裏取りしろよ。基本だろ! 俺の取材対象だったら、お前は今頃、逃亡してるわぁ! 最近もあったろ? 俺の取材対象の業界で…辞めるだの、辞めろだのってのが…、俺は慎重だったぞ(最新事情をゲリラで書いて、即、記事を消したし。そういうのも裏取りしてんだよ~~ん) 語っているのが、あのホープさんだぜ(笑) メンドクセェ! やめちゃえ、やめちゃえ! しょうがねぇなぁ! 
夜回り組長、再度登場!
歌舞伎町の家出娘が奄美大島に売られた。
SOSがある人物に入る。
『助けて!』
夜の繁華街をパトロールし、
未成年がこんな時間までウロウロしているんじゃない!
家出? すぐに帰って、親と腹を割って話しなさい!
そう叱責してくれた人物。

少女たちには、なぜだか、彼のことが思い出された。


夜回り組長、石原伸司氏だ。

その活動がNHKにてルポされます。
「お前ら、何を見ている! しっかりせんか!」
若き警官は石原氏に怒声を上げられて目が覚めたと話す。

10月31日16時50分~18時 の
NHK 「ゆうどきネットワーク」」に「特集 夜回り組長 第2弾」

NHK 「ゆうどきネットワーク


L4819110195.jpg

逢えてよかった ~夜回り組長にココロを預けた少女たちのホンネ~
石原伸司 著  産経新聞社出版

石原伸司公式HP ~出会いは人生の宝~



石原先生は夜の街だけでなく、
精力的に講演やト-クライブなどをこなされている。
その裏話が面白くて、私も客席の隅にこっそりと隠れていたりもする。
トークライブの最後は、お客からの質問コーナーとなる。
…ところが、先生が元極道ということで、
本題から外れて、やばそうな質問が時々なされる。
『シャブってのは今、どのくらいの仕入れ価格、販売価格なんですか?』
(そんなこと聞いてどうする!)
『う~~ん、俺は現役じゃないからなぁ。…そうだそうだ、分かるヤツが一人いるわ』
…視線はこちらに、えっ!俺かいっ!
(何人かの客は絶対にワシを売人だと思っているはずだぁ!)
……客席に居ながらも、答えるワシ。
『中国人ヒットマンは幾らくらいの金額で人を殺すんですか?』
(だから、そんなこと聞いてどうするんじゃ!って!)
『う~~~~ん、俺は現役じゃないからなぁ。…幾らだい?』
…えっ!やっぱり、俺かいっ!
(ひぇ~、この客の視線、帰りに殺しの仲介を頼まれんじゃねぇか?)
……再び、素直に答えるワシ。
それでも遠慮のないお客様、…さらにヤバイ質問が、
そうなると、司会者までもが、
『今の質問に、ひとりだけ答えられる人物が客席に居ますね。…お願いします』
(おいっ!…笑。司会者も友人でしたからエエですけど。トホホホ)
トークライブが終わって、照明が明るくなる。
お客さんはわざわざワシの顔を見て、あれは現役なのか? 売人か? ヒットマン?
そうだ、ありゃ、石原さんの昔の子分だろう、そうに違いない…と、
妙に納得したように帰って行く。 

だから、違うって! …目を伏せるワシ。
(こういう時、ワシの悪魔な魂は、幽体離脱し、俯瞰でワシを眺めてニヤニヤしている)




追記:・・・再び登場します。今度はフジです!

エチカの鏡 ココロにキクTV

08年11月16日 21:00~21:54 フジテレビ系列

【ナビゲーター】佐田真由美 世の中を信じられなくなっていた孤独な少女と、世間からはみ出た人生を歩んできた男との出会いが生んだ物語。親からも誰からも愛された経験を持たない少女は1人渋谷をさまよい、少年院に入るまでに荒れた生活を送っていた。そこで1人の男性に出会い、少女の生活に異変が起きる。

エチカの鏡 ~ココロにキクTV~



歌舞伎町コミューン
何だぁ~~~っ!???
某商社、某食品会社、某人材派遣会社…が、
同じキーワードで、頻繁にご訪問の様子。
何をお探しでしょうか? …ある事柄の検索ですね。
皆様の会社では、何か起きているのでしょうか? 
表に出せないことでも?

質問に答えたら、情報を出しますよ(…言うわけねぇか。笑)





ありゃ? 他からも…、こりゃ何か報道されたかな?


senryuzange.jpg
ちょっとした言葉の違い…で、
私の取材対象でもある業界の、
ある方が、引退とか 破門とか…。
(破門って言葉でどんな職業か分かるわネ)


そんな話がやたらと多い。
その理由が、金がらみである場合も、やたらと多い。


そんなこんなで、最近、気が付いたことがある。
その私の取材対象の人たちと出会い、
世間話をしての別れ際の言葉……、
ちょっとした言葉の違いがある。

「何かいい話あったら言ってね」
…と。
「何かあったら、言ってね」
…・・・似てはいるが、大きく違う。


先のは、何か金になる話ない?
後のは、困ったことがあったら頼ってね!


余裕の差かもしれない。



私は、圧倒的に先の言葉ですネ(笑)
しかも…、何かイイ話ない? と実にストレート!

皆さんは、どちらを使ってます?

…あ、請求書を出そう! 正月を迎えられねぇや!




何か、イイ話、ねぇ?



zassi_0012-nm.jpg

増刊 本当にあったゆかいな話 激スゴ!ヤっちゃん伝説スペシャル3


2690.jpg

超日本タブー地帯


2655.jpg

日本格差社会の真実スペシャル
謹賀新年!
明けまして、おめでとうございます。
皆様にとって、より良い一年になりますように・・・。



                                 2009年元旦    神峻

初夢を見れなかった方は、
これ見て下さい。


0901_12_l.jpg

秀蓮氣功・舛友秀治の奇跡
(C)2009 「秀蓮氣功・舛友秀治の奇跡」製作委員会


…お前っ、本名使用かよっ! (だって、危ない名前は迷惑だと思いまして…泣)
私の本名が知りたいお方は…レンタルして下さい。お近くのビデオ屋に入荷せいっ!…と。




0901_05_l.jpg

東京NEO魔悲夜2
(C)2009サテライト

さぁ、背景を語りつくして「2」からが、歌舞伎町騒乱&新宿暴力租界、
複雑に絡み合う暴力の縦糸、そして友情の横糸…。


ともに、1月25日レンタルスタート!




…で、入り中です。

実録ドキュメント893 『THEキャバクラ ~モテ客になる約束事~』

現役キャバ嬢が、こっそり明かす……、
ワタシが超LOVE・LOVEな気分になった瞬間!

売れっ娘キャバ嬢インタビュー&再現ドラマ!
キャバクラ・コーディネーター&現役キャバクラ店長が
モテテクを超分析! 損をしないキャバクラ術
これはキャバクラのすべらな~~~い(ための)話だ!

キャ
(画像はイメージです)
(C)ハッピーナイン / ヒットシネマ


キャバクラでは、こう口説け! キャバクラでは、これをやるな!
キャバクラでは、こうモテろ! キャバクラでは、こう楽しめ!



俺にとっては、これは一番、楽しかったりして(笑)














まったく関係ない話だが、Sと一緒に裁判所に入った御仁。…って
問い合わせてくるなよぉ!
…分かるけど、言いません!
撮ってるほうは気づいていないんだろうなぁ(笑)
全国ネットだし…トホホホ。
東の西だよ!シマも西かぁ(笑)


もうひとつ、皆さんが気になっているあの組の今後ですが、
今月第五週前後に某誌Gと某紙Sが抜きます。

しっかし、このブログ、マメに最後まで見ると…、
最新情報の、いいヒントがあるわな(笑)
すぐ消えるけど(笑)
天花彫
【私信】

天花彫さん、探し回ってしまいました(笑)
連絡下さい!

BY 神峻。

※ ご存知の方、メッセージ下さい。


取材だよ。




なんだか、淋しいページなんで、
宣伝いれちゃいま~~~す(笑)


【宣伝】

アサ芸BOOKS

warujie.jpg

極道ワルヂエ教科書 マンガで読み解く
徳間書店 (ISBN:978-4-19-862656-3) 発行: 2009年01月
価格: 500円(税込)


芸能界の裏側「ヤクザ闇支配」これが真相だ。しゃぶりつくせ金と女と芸能界。


巻頭グラビア(怪死のスクープ真相 誰が飯島愛を殺したか?!

スクープ爆弾告白!小室哲哉「ヤクザとの黒い闇」)

1 ヤバい!芸能界の裏側!!「ヤクザ闇支配」これが真相だ!!!
(スクープ新事実 小室哲哉の転落10年「ヤクザとの黒い闇」全真相!!
「主犯」小室はシロサギで… コムロ利権を喰った!「クロサギ闇紳士」の正体

飯島愛「孤独怪死」のウラ真相 「莫大な株損失」消えた20億円
 「闇勢力からの呪縛」黒いタブー新事実!! ほか)

2 悪行三昧!ボロ儲けの裏ワザ大公開!!
—「白いヤクザ」と「黒いヤクザ」!!!
(「税金は払わん!」平成ヤクザの家計簿マル秘公開だ!!
チェンジの時代 極道8万人のウラ常識!
「地下げ屋」と「地上げ屋」 「死体放置」の驚愕手口! ほか)

3 最凶ワールド!ダークサイド!!インYAKUZA
(狙われるニッポン高級車「ドロボー屋」本日も大繁盛です!
北の覚醒剤600億円を運んだ極道 あるシャブ密輸王「最期の告白」!
ホントはヤバい「アキバ裏社会」をゆく!! ほか)


…この本、原作というか原案者で名前を並べている方々が実に豪華です。
アウトロー系、裏系好きの皆さんならご理解いただけると思いますが・・・。


鈴木智彦、三枝憲弘、木村勝美、窪田順正…、わぁ!豪華!

……たったひとり、神峻とかいう馬鹿ライターを除けばネ(笑)


歌舞伎町コミューン




かつて三羽のカラスと呼ばれた侠たちがいた。
代を獲った者、引退した者、真の超武闘派と呼ばれた者。
最後の一羽が本日、除籍とのこと (2/3昼)。
…会長、お疲れ様でした。

他にも直参二名の動向・処遇が取り沙汰されている。
!!!!! & 感染るんです。
!!!!

東の分裂、西の感染でした。


他媒体等でひとつはすでに報道されましたので、
本記事の役割は終了、数日後に別記事を記述します。
ご来訪、有難うございました。

神峻





0903_05_l.jpg
東京NEO魔悲夜 3

仲間たちと共に『東京魔悲夜』を盛り立てていた短ラン(水橋研二)だったが、
山龍組若頭・岩神(萩原流行)の策略により仲間を殺され悲しみに暮れる。
そんな時、矢吹銀矢(村上淳)が歌舞伎町に帰ってきた。
理想郷を手にするため再び走り始める銀矢と短ラン。
新しいシノギを成功させる魔悲夜だったが、
チャイニーズマフィアと手を組んだ岩神が己の全てをかけて潰しにかかり―――
激突する理想と欲望。衝撃のクライマックスへ!!

監督: 金丸雄一、村上賢司  脚本: 神峻、金丸雄一、水上竜士

出演 : 村上淳、三浦誠己、水橋研二、虎牙光揮、岸本祐二、シャドウ・リュウ、吉野紗香、今宿麻美、松岡俊介、伊吹剛、山本昌平、萩原流行、浜田光夫、峰岸徹


これ、三部作そろって見てください。
その方が確実に楽しめるはずですから。

0811_02_l.jpg


0901_05_l.jpg




テレビとラジオ…、電波クン。
我々、紙媒体の(お前は怪しいだろっ!)人間が、
どう逆立ちしても叶わないのが、電波な人たち。


と、いうわけで、画像付き(テレビ)と画像なし(ラジオ)の話をしま~~~~す。

画像付き電波(テレビ)は某赤坂のテレビ局のゴールデン。
…赤坂サカスっ!←なんじゃこのネーミング。
”超歌舞伎町”みたいなものか? ←違うし。


歌舞伎町の番組を撮りたいと(笑)


…で、いくつかのコンテンツを放送することにはなるのだが、
私の過去ブログにもある、あの極道御用達の床屋さん。

その床屋さん、御用達といっても、極道さんが経営しているわけでもなく、
極道さんだけの会員制でもない。

歌舞伎町のど真ん中にあるので、客筋がそうなってしまっただけの健全なお店。
いまだにパンチパーマだの、角刈りだの、怪しげな昭和の臭いがムンムンしている。

どうしてもやりたいとディレクターさんが話す。

え? このディレクターW氏、何を考えておるんだろ? 

……やりましょう。
ぎゃはははは!

私はこんなノリが大好きなのである。


以前、取材したこともあり、
迷惑な来訪者の迷惑な依頼に、店主は渋々と承諾。
『宣伝になりまっせっ!』…と、歌舞伎町馬鹿ライター。
『……ならんでしょ?』と、相変わらず達観した店主。

…と、いうわけで、特に場所と名を秘して撮影はゲリラで敢行!

『お客さんにはどう話せば?』と店主。
『その場でお願いしちゃいましょう!』と馬鹿ライター。
『誰が?』と聞く店主、
店主を指差す馬鹿ライター。
ぎゃはははははは!

ゴールデンということもあり、「極道」はマズイだろ!
…というわけで、制作会議が某赤坂では繰り返されました。
その結果、出された、何気ない一言。
『アニキが来る床屋』
そ、そ、それだぁ!

…あ、あ、アニキって!
ぎゃははははは!


凄いなぁTBS! ←あっ!


というわけで、放送を敢行。
高視聴率でした(爆っ!)
しかも、何の問題もなしっ!

その放送時(私は都内某所でトークライブ中)
・・・の、当ブログのアクセス解析、
もちろん、プチ炎上していることは言うまでもないが、
その検索キーワードに大爆笑!
『アニキ』、『床屋』、『歌舞伎町』
この3文字ばかり!
ぎゃはははははははは!
こりゃ、すんげぇ!


担当のYプロデューサー(この人バラエティのとんでもないエライ人らしい)が、
是非とも、打ち上げに来て欲しいとのこと。
おっ! 行きましょう!


……完全に、私のための打ち上げでした。


そのPさんの友人家庭で幼い子供と母親の会話。
『ママ? アニキって誰?』
『……怖いアニキよ』
ぎゃははははははは!

楽しい飲み会でした。



ところで、放送の翌日に某放送作家が電話してきた。

『昨日のアレ、神峻さんでしょ?』
『……ああ』
『相変わらずムチャしますね』
『……誰が?』 (だから俺じゃないって!WさんとYさんだって!)

『腹を抱えて、笑わせてもらいました。…あれ、出ていたの本物の“アニキ”ですか?』
『もちろん』
『やっぱムチャやん!ぎゃははははは!』 ←だから、床屋さんがだって!


(いつか、手前ぇの番組でもやってやるっ!)

(そろそろ時効だから言いますけど、某深夜番組にヤクザの大親分を実名肩書き付きで出演させ、
警察批判を喋らせたあげく、その直後に民放連の申し合わせ(暴力団報道に関して)を変更させたのは…私らしい(?…他は誰も取り上げてはいないそうで・笑)です。しかも、テキ屋の大親分と、戦後愚連隊の生き残りも同時出演させていました。…よく出たな。爆!)



……アニキ、床屋、アニキ、床屋、アニキ、床屋、歌舞伎町。
(次は何をやらかそうっ!)





で、画像なし電波(ラジオ)の話。

昨日(3月27日)、徹夜明けで原稿を終えた私は、
某俳優のOさんのお迎えで立川へ、
FM立川という都内立川を中心としたFM局だ。
トークゲストとしてお呼ばれだ。

『明朗とK子のトークルーム』
地域密着の人気ラジオ番組らしい。
昼間の1時から4時のぶち抜き番組。
…と、いうことは主婦向け? ←なんと短絡的なんだろ、ワシ。
家事を一段落して、旦那と子供が居ない幸せな時間帯に、
煎餅でもボリボリしながら聴いているのでしょうか? ←だから、お前ぇなぁ!

なのに?
なんで?

・・・ワシ?

前述のように裏方で関わることはあれども、
出てくれ? なんで? ワシ?
ええのかっ! 
先のゴールデンってのにも、驚かされましたが、
た、た、太陽が出ている時間帯ですぞっ!


実は某新聞社本社ビルの窓際にいる友人記者T氏の依頼なのだ。
話すと面白い、調子に乗り、ギリギリまで喋る。
…しかも、お馬鹿と紹介されておった。 ←あのなぁ。

というわけで、お馬鹿は調子に乗ってお出かけしました。
恥ずかしいのと原稿に追われていて告知は出来ませんでした(スマンっ!)

(何で、出たがらない私が、イイッすよっ!…と、快く出たかと言うと、
立川の隣町に晴美ちゃんが住んでいるからだ) ←何じゃそりゃ!

DJのお二方は当ブログを読んでいただいていたようで…。
(↑当たり前だろっ!行き当たりばったりのお前じゃねぇんだからよっ! 不審者だしっ!)

取材対象の皆様や業界、事件の裏話を話すよりも
私の職業体験談が主体でした。
怒られた話、やらかした話、やっぱり、…お馬鹿。
もちろん制御バージョンで(笑)

時間延長して40分くらい喋っておりましたね。
お調子者ですから(フンっ!)
合間にCMや曲が入るのですが、

ゲストのリクエスト曲として、
取材対象の皆様に捧ぐ、往年の昭和歌謡を!
伊東ゆかりの 「小指の想い出」 ←おいっ!

……そういうわけにもいきませんので、
(打ち合わせで却下。ぎゃははは)

イーグルスのアルバム「ホテルカリフォルニア」の中から「駆け足の人生」を。
直訳すると“追い越し車線の人生”なのですが、
ゴールをひたすら目指す、太く短い追い越し車線の人たちは、
実際には追い越し車線から降りたがって苦悩しているのだ…という意味深な曲ですね。
バリバリのギターの掛け合いが聴ける名曲です。ロックだぜっ!「


“アニキ”たちの素直な心境でしょうか? ←お前もだろっ!

4554545412.jpg

実に楽しかったですよ。
DJのおふたりのリードと乗せ方(お馬鹿への)がウマイっ!


で、ブログの解析はこうなっておりました。
出演時間は15時からでした。

うぉおおおおおおお!スゲエぞっ!FM立川っ!
感動したぜぇ! 増加したのは放送エリアからのアクセスでした。
~~~スンゲぇ!

ac0327.jpg



PS:

某赤坂のYさん、Wさん、Bさん、
なぜなんだか、私に興味を持たれて(?)打ち上げに乱入された報道Tさん。
↑結局、さまざまな事件の裏側に詳しいこの人と盛り上がる。
有難うございました。

明朗さん、k子さん。
スンゲェ!・・・有難うございました。
私が次に引っ越す時は立川です!
(隣町は避けよう。…タカられるから)

某新聞社の本社ビル窓際にいるTさん、
運転手状態の俳優Oさん、
有難うございました。

「歌舞伎町」「床屋」の皆さん、
そして「アニキ」!
有難うございました。

皆さん、完全なる電波クンですわ。 ←お前もな!


……アニキ、床屋、アニキ、床屋、アニキ、床屋、歌舞伎町。
スんゲェ~~~っ!




歌舞伎町コミューン


PS:

前述の某新聞社本社ビルの窓際に座る友人記者がメールしてきた。
『某新聞本社ビル窓際のTです』
おっ? 自己紹介か? ←読んでるんだよっ!嫌味だよっ!

先日、その本社ビル近くの世界最大の魚市場で、
俳優Oさんと彼を誘って海鮮丼!
彼は深刻な表情で悩みを打ち明ける。
『最近、胃がシクシクするんです。……胃癌かも?』
(ぶふふふふ)
Oさんは素知らぬ顔でニコニコと海鮮丼に夢中。
彼の顔色は真っ青、Oさんを諦めて、
なぐさめて欲しいような眼で私を見る。
(う…、こ、こ、こんな時、ど、どういえばイイのか…な?)
沈黙が続く。
私は口を開いた。
『海鮮丼に醤油かけすぎ!…胃癌になるよ』
(ぎゃはははは)

こうして彼のお悩み相談は終了した。
友人は大切にしましょうネ!

覗いちゃってます!
昨日、打ち合わせをした人物、
彼はネットに関する深く有意義な知識を教えてくれた。
な~~るほどぉ!
(まぁ、半分くらいしか理解はしていないワシだったが)

その彼が非常に面白がってくれたことがある。
某コミックで書いたのだが、ここでは紹介していなかった。
(読んでくれていたのだ!)


ワシのブログが国会議員さんたちに覗き見されていたのだ。

その前に、ワシが覗き趣味なのだ。


…で、ワシの覗き見趣味は、
風呂覗きでもミニにタコでもない(古いよ!)



覗き趣味とは、薦められて付けたアクセス解析なのだ。
そう、このブログなのである。
だから、皆さんは…、ある意味で覗き返されているのだ。
つくづく、秘密めいたことを覗き見ることが大好きな
己の性格に呆れる日々だが、これが、実に面白い。
(ミクシィーの足あと覗きも大好きなのだ!)


某巨大掲示板のヤンチャ系に無断でリンクを貼られていたり、
某変態コミュで晒し上げ祭りになっていたり・・・、 ←もう消えた!
某中国でマフィア記事が嘘だ、反中思想だと罵倒されていたり…、
(どうでもいいのだ!放置なのだ)

アクセス解析は様々な分析が出来る。
最も興味深いのが、
己のブログにたどり着く検索ワード、
予想はしていたが、実に凄まじい。

目下、人名検索ワード不動の第一位は「朝堂院大覚」
企業名では「山口組」←企業ですか?
「ヤクザ」「フロント企業」「中国マフィア」などなど、
皆さんが何に興味を持っているのかも判る。


中には、何で、このキーワードで俺なんだ?というのもある。
忘れられないのが、『歌舞伎町パンティ』・・・分からん。
一体、何を調べたかったのか?

どこからアクセスしてきたのかも分かる。
外国から・・・「タイ」「ネパール」「フィンランド」「インドネシア」
「フランス」「ドイツ」「アルゼンチン」「ポルトガル」「シンガポール」
「米国四年制大学」?「米国営利組織」?
・・「その他」その他ってどこやねん!
・・・これも分からん。

恐ろしいのが「米国政府機関」と「米軍」っての!


アクセスしてきているのが、漫画喫茶、大学、企業、
警察、弁護士事務所、官公庁(その筋の)
う~~ん、・・・・・・ありがたいこと(?)だ。

人気の「企業舎弟記事」関係なんて、
殆んどが企業名ドットコム!
「フロント企業リスト」???
何かされているんでしょうか?
欲しいのでしょうか?
……ブフフフフ。


さて、その冒頭の打ち合わせ人物がウケたのがコレ。
はいっ! ドメインやアクセス時間に注目。

279988572_2031112.jpg


そうなんです。
衆議院議員会館からの御一行様、
一挙集中!大量アクセスの一部なのです。

その時間帯にズラ~~~ッと衆議院。
どうやらホストコンピューターが違うし、
まったく同じアクセス時間(秒数まで)なので、
(検索ワードが微妙に違うし)
そういうことを考慮するまでもなく、
かなりの複数のようだった。
(同じキーワードで何度もアクセスしませんしね)

彼らは、あるページばかりを気にしているようだ。
その検索キーワードが某右翼団体。
なんだ?????

ネットのことは半分くらいしか理解していないワシだったが、
こういうことには敏感だ。ビビビビっ!

早速、その某右翼団体の会長に電話を入れた。

『会長! 衆議院議員会館で何かしませんでしたか!?』
『……。え?何で、そんなこと知っとるんじゃ?』
『へへへへ。やっぱり』
『つい今しがた、抗議文を叩き付けて来たばかりだ。早いな、お前』
『誰ですか? 理由は何ですか?』
『……今度な』

ワシはカラクリを説明した。
ネット理解半分のワシの、
その又、半分も理解していない会長さんだった。
それでも、力強いお言葉が…、
『おおっ、便利やなぁ! お見通しやなぁ!』
(その後、間抜けな衆議院の誰か(本人?)が、その右翼団体名と議員名をセットで検索…爆!)

まぁ、天下の国会議員さんたちも
後ろめたいことがあれば、
こうして密かにネット検索するわけだ(笑)
(その後、その理由と抗議内容を聞きましたから。すでに事件になってます)
衆議院と言えども、その程度ですね。

情報を握る元公安警察関係者が黒幕然とした有力議員になるわけだ。
警察庁長官は公安経験者が殆んど。
唯一(?)の刑事畑出身の長官は直ぐに撃たれましたネ。
おそまつ、国松! ジュウシマツ! マツモトチズオ?
(怪し~~~~い! 本当にオ●ム?)

234569879.jpg
(C) ノ江 / 神峻



ところで、時々、予期せぬモノを発見してしまう。
某銀行員が勤務中にヤフーの検索から飛んできた。

リンク元ってのをクリックすれば、
そのアクセスの元ページに飛べる。
・・・で、その検索ワードは???、

えええええええええええ!
ふ、ふ、不謹慎なぁ!
こ、こんなサーチワードでたどり着くなよなぁ。
『枕営業 キャバクラ嬢』

お前、今夜、接待かぁ?


そもそも私のブログ自体が不謹慎!
公序良俗に反す!
ヤクザの味方、ヤンキーの味方!

仕事せいや!銀行員!
支店まで分かっとるんだよっ!
これはバラしてもいいものか?

某銀行に・・・・・・メールでも送るかな。
あの某右翼団体会長にでも言ってもらうかな?
銀行側にも恐らくはアクセスした履歴は残っているでしょうにねぇ。
始業早々、枕営業のキャバ嬢を検索しているし(笑)


こんな検索ワードから来る銀行員は、
ブログの常連でも馴染みでもないし…。
検索までして、やりたいのなら、
自腹でキャバクラに行って声を掛けまくれ!


(ちなみに銀行員はそうしたお店に行くと・・・上司に怒られるそうです。)



ま、この記事、
親切丁寧にネット関係をレクチャーしてくれた
Mさんに捧げます。

ありがとう!

(…半分も理解していないが)



【告知】

256-155.jpg

歌舞伎町案内人の恋

李小牧 著  河出書房新社 刊


歌舞伎町コミューン

どうなんでしょうか?
どうなんでしょうか?

彼女は保険金詐欺のプロです。
長年、それで食ってきた女です。
毒物の効果や適量を熟知してますし、
簡単に犯行手口がばれるような無意味な行為はプロはしません。
(亡き三浦和義談)←アンタはぁ!どうなんじゃ!


事件発覚の時に、
ある保険関係者が
彼女が担当した保険契約を確認し、
ゾ~~ッとしたそうです。
(彼も驚く優秀なる契約数、そして、その保険金支払い状況)


やった人間は発覚を悔しがり、
檻の中では多少なりとも後悔、
又は改心するものです。
そして、必ず怯えます(刑に)。
彼女にはそれらが無かった。
憤りだけでした。
(特に名を秘す某面会人)←この人は反省も改心もしてません。


状況証拠のみ、犯罪行為の特定に至らない目撃証言、
自白なし、動機認定なし、秘密の暴露なし
犯罪行為の有無は、結果、不明ということに?
両サイドともに、もっと何らかの証明をすべきでは?
これだけで極刑というのは? 事件は明らかになっているのか?
(裁判記録に目を通しておりませんから、良くは分かりませんが)


やったのか?やらないか? まさに真相は闇の中なんですが。


どうなんでしょうか?


死刑にしませんから、やったのなら認めなさい!
本当のことを言いなさい!
……は、無理ですかねぇ?
(それだったら、やったと言いますかぁ はぁ~~)


裁判は罪を認定し、罰を決めるものでしょう…が。
木村拓哉があの映画の中でいいことを言いました。
『どうして、~~ならなかったのか? 我々は真実を知りたいのです』
司法は裁判員制度導入で混乱しているのか?


我々市民も本当のことが知りたいのです。

最後に、
被害者やその家族にとっては、
長くて苦痛の時間であったことは間違いがない。
優先すべき者は何なのか?

裁判は被害者を救済してくれない。




子供。


【告知】

658932147.jpg

まんが夜回り組長 不良少女たちの真実

石原 伸司 (著)  一川 未宇 (イラスト)  ぶんか社


歌舞伎町コミューン




あ、話は変わりますが、
同志の皆様、”結成式” 4/22 強行!
一触即発! アントラーズなんか見に行けばヤバイかもよ

これも、別の話題ですが、
“シャ●”が出ました。
…本部から、

(消えます!)




無題
最近、「青竜刀事件」のキーワードや某サイト質問コーナー(笑)からなどで
私のページを訪問される方が多いようですが、
念のために申し添えれば、あの事件、現在は「快活林事件」となっている。
…どうして???

実は凶器は刺身包丁だからです。

中国マフィア、長い刃物、=イコール=青竜刀? 短絡的です。
いまだに、凶器は…と、訳知り顔で書く裏系同業者も多いようですが、
……実は大恥をかいています。
私も先の記事で「俗に言う」と書いているはずです。
で、発生場所も誤解されているようです。
事件現場近辺の路地にある中華料理店じゃありませんから。
…念のために。 (関係者はこぼしていました)
まぁ、事件名のインパクト強烈ですからね。



あ、それから、愛甲猛さま、
頑張って!
少年野球を教えるのなら、
「礼」は大切でしょ?
ちゃんとするところはしとけよ。


……ぶふふ。


歌舞伎町コミューン


無題2
高●基仁に、焼肉をたかられた。
まぁ、相変わらず、元気なおっさんだわ(笑)
全力疾走だな。
ワシはのん気に生きていこうっ…と。

……寝よっ。

三連休は缶詰だぁ!



歌舞伎町コミューン
歌舞伎町~新大久保界隈に生きる人々で作る
コミュニティ型の地域ポータルサイトです。
タウン情報やイベント、求人などの地域情報、
最新ブログの一覧から、歌舞伎町の今がわかります。

今年もワイワイと囲みました。 加納貢を偲ぶ会
少し、早いのだが、毎年行われる「偲ぶ会」が、
本日、都内某所で行われた。

この会は決して大袈裟な儀式や堅苦しい式典ではない。
加納貢に憧れ、愛した侠たちや関係者が集まり、
酒を飲み、食事をし、想い出を語り合う会である。

加納貢と行動を共にした者、
加納貢の背中を追い続けた者、
加納貢の伝説に憧れた者…。
任侠人、堅気の旦那衆、映像・出版関係者…、
加納貢とさまざまな縁を持った者たちが、
身分や職業に囚われることなく集う会でもある。

”自由に集う”
その精神こそが加納貢が愛した
“愚連隊道”であったからに他ならない。

kanoumitsugu001.jpg

(加納貢先生の遺影とその生き様を描いた映画・新宿の顔(ジュクのツラ)新宿愚連隊物語)
同作品原作者の山平重樹先生が献杯の発声を…。




ジュクの帝王と呼ばれた加納貢が死去したのは、
平成16年(2004年)9月28日の朝、
常宿にしていた新宿の高級ホテルの一室、
まさに眠るような死であった。

今も伝説として語り継がれる孤高の愚連隊・加納貢、
既存の暴力社会に染まることなく、
最後まで自らの生き様を貫き通した孤高の侠…。


戦後の新宿は混沌の街でもあった。
ヤミ市、群雄割拠する暴力社会、
その中で鮮烈な登場を果たしたのが
愚連隊と呼ばれる侠たちであった。

加納貢はそうした侠たちのカリスマ的な存在であった。
加納は、不良米兵、愚連隊、ヤクザ…、
相手が誰であろうとステゴロで挑んだ。

同時期に活躍した盟友である
安藤組(正式には東興業)組長・安藤昇がカミソリと称されるなら、
加納貢はまさにハンマー、剛剣でもあった。
自らは喧嘩を売ることはないが、
売られた喧嘩は間違いなく買った。
買えば必ず相手を一撃で沈める。

安藤昇が戦後の若者の飢餓と抑圧に反抗した「餓狼」であるのならば、
加納貢のダンディズムと飄々とした風のような生き様は「象」に例えられた。

加納貢は若き愚連隊だけでなく、
不良少年たちにとっても憧れの存在であったのだ。

戦後の仇花と言われた愚連隊、アマチュアであった愚連隊が、
日本の復興・高度成長とともに、いつしかセミプロになり、
やがてはヤクザ社会へと取り込まれて融合していった。
愚連隊の多くは暴力のプロへと進化していったのだ。

しかし、加納貢は自らの生き様を変えることはなかった。
多くの組織や新興勢力、のちに名を馳せることになる侠たちの誰もが加納貢を求めた。
時を同じくした愚連隊世代が大組織の長となり、幹部となり、
暴力社会が裏社会だけでなく表の権力にも影響を及ぼす存在になっても、
加納貢は加納貢であり続けた。

その染まらない姿こそが加納貢であった。
新宿の街を愛し、自らが愛する人たちと共に街を眺め続け、
風のように生き、風のように駆け抜けていった。

我々の心に爽やかなる薫風を残し…。


……永遠に語り継いでゆきたい。



(C)SHINSHUN



歌舞伎町コミューン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。