裏の裏は、表…に出せない!
実話誌等で暴走する裏系&馬鹿系ライターが、日本最大の歓楽街・歌舞伎町から発信するグダグダな非日常的体験と裏話。そして禁断の取材メモ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オフィス IN 歌舞伎町やくざマンション ①
オフィス IN 歌舞伎町やくざマンション ①


さすがに撤退したのだが…、
数年前まで歌舞伎町のやくざマンションに
執筆場所&事務所…兼、仮眠室を持っていた。


……その時の話をしよう。



その部屋の大家さんはやくざ。
したがって正確には、やくざマンションの
…やくざ部屋ということになる。

何でも若い衆の仮眠部屋だったらしいが、
過酷な生活に耐えられず逃亡してしまったらしい。
やくざ修行は養成所ではない。学校でもない。
寝るところと食うことは保証される?
……そんなに甘くもない。
やくざを辞めてホームレスになる人間がいるほどだから、
そちらの方がよっぽど楽なのに違いない。


実はこの大家さんにも大家がおり、
その大家さんにも大家がいる。
何が何だか分からない物件でもあるのだ。
元を辿れば、夜逃げしたキャバクラオーナーの物件らしい。
…どうしているのかって? 



……さぁ?



…と、言うわけで、その兄貴分が私に声を掛けて来た。
『誰か?キャバ嬢の仮住まいでもいいから、借りてくんねぇかな?』
う~~~~~ん。もし、キャバ嬢に斡旋して、その若い衆が部屋に舞い戻ってでも来たら、大騒ぎになるだろうなぁ。……なるな。
『イイっすよ。俺が借りますよ』


『賃貸契約書は?』
『…んなもん、いらねぇよ。月末に7万持って来てくれりぁいい』



その頃の私は歌舞伎町に居っ放しだった。
歌舞伎町で何かあるとその最前列にいるのが私だった。
そんなことがないと、いくつかの喫茶店でウダウダしていたり、
ヤクザな事務所でウダウダしていたり、
誘われるままキャバクラでウダウダ……。
身の置き所も、金も馬鹿馬鹿しいくらい無駄だった。
…というわけで、仮の拠点が欲しかったのでもある。
自宅兼事務所の機能を半分ほど持ち込めば、
夜はここで文章書きも出来る。

家賃は……7万円!

地方の人は驚くかもしれないが、
歌舞伎町の一等地(まずマトモな人は借りようとはしないだろうが…)
……この料金は破格だ。

キャバクラを数回分ほど我慢すればいいわけだ。
サウナで汗を流していた分や、
喫茶店でウダウダしていた分でも家賃は出る。


……さっそく、引っ越した。

引越し代をケチるため、歌舞伎町の白タク連中に声を掛けた。
客を運んだ復路に自宅に寄ってもらい、
さまざまな機材を運び込んだのである。
デスク、パソコン、テレビ、電話、応接セット(誰も来ないが)
…仮眠のためのセットは、ここに入り浸らないようにと寝袋にした。
これが、思ったよりも、実に快適で熟睡できるのである。
そんなこんなで、何とか形は付いた。
…最後に付けたカーテンにもっとも金がかかった(笑)



20070317182543.jpg

引越し直後のカーテン無し!



さて、このマンション……、
玄関には住居者用ロック、
エントランス、エレベーター、廊下にも防犯カメラ。
なぜなんだか? 住人が独自に設置したカメラも多い(笑)
一階にはランドリールームもある。
セキュリティと設備は万全だ。
なぜなら……私の借りた部屋にも独自カメラがあるのだから(爆!)



さすがの歌舞伎町やくざマンション、
次々と想像もしなかった驚愕の体験をするのだが……。

今日はここまで!

(つづく)
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。