裏の裏は、表…に出せない!
実話誌等で暴走する裏系&馬鹿系ライターが、日本最大の歓楽街・歌舞伎町から発信するグダグダな非日常的体験と裏話。そして禁断の取材メモ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬!
あるヤクザが金を借りた。

いつまでたっても返済がない。
金貸しの女社長は社員に追い込みを命じた。

『金目の物を押さえて来るのよ!』

社員は出かけていった。

そして、一匹の土佐犬を連れて戻ってきた。

『何?この犬?』
『金目のモノです』
『・・・・・・』
『チャンピオン犬だそうです』

支払いを要求したら、
この犬を担保に持って帰れ!
・・・ということになったそうだ。

担保だから売り飛ばすわけにはいかない。
しかも、大喰らいで金も掛かる。
女社長は犬を見るたびにむかつく日々を送ることになった。
愛想はないし、慣れもしない。
尻尾も振らない・・・というか無い。
ガマンも限界に達した女社長は直談判することにした。

『アンタ!いい加減に金を返しなさいよ!』
『・・・ほう? ワシを追い込む気ぃか?』
『・・・・・・・・』 女社長は怯まない。
『・・・本気なんやな? お前、そんなこと言うんやったらのぉ・・・』
『何!脅す気?』
『・・・・・・・・・犬が二匹になるぞ』

女社長は退散したそうである。

・・・・・・・・・現在、社長の自宅には無愛想な犬が三匹もいる。


(C)SHINSHUN 「極道ヘタ打ち列伝」原作改稿
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。