裏の裏は、表…に出せない!
実話誌等で暴走する裏系&馬鹿系ライターが、日本最大の歓楽街・歌舞伎町から発信するグダグダな非日常的体験と裏話。そして禁断の取材メモ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新宿愚連隊伝説
新宿(じゅく)の帝王と呼ばれた加納貢先生がお亡くなりになって二年と少し。
当時の関係者や先生の「後輩」が集まっての「囲む会」が今年も開かれた。
昔話に華を咲かせて、無礼講でワイワイやる会だ。

毎年、参加するが、実に居心地がいい。
この会…当初は「万年東一を囲む会」であった。
万年先生は「帝王」どころか「愚連隊の神様」と呼ばれた人物。
その万年先生がお亡くなりになって、この会は「加納貢を…」に変わった。

そして…その加納先生も。


IMG_8420.jpg



それでも、毎年、開催されている。


実業家に転身された方や、リタイヤされた方、今では大親分…、
私のような裏系ライターなどの出版関係や映像関係以外の、
当時の関係者はジイさまばかり(失礼!…笑)

映画「実録・新宿の顔/新宿愚連隊物語1&2」
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD30585/comment.html
…の登場人物の御本人たちである。

ところが、このジイさまたちが実に元気がいい。
昔話が弾んでくると、戦後の愚連隊の目に変わってくる。
まだまだ、枯れそうもない男ばかりである。
……かなわないなぁ。

私もこんなジイさんになってやろうと…決めている。

延々と続いて欲しい会である。

20070221231902.jpg

ケ・セラセラ愚連隊 ~痛快!戦後裏街道史~ 塚原晃 著
(ジイさんのひとりで~す! お世話になってます)
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。