裏の裏は、表…に出せない!
実話誌等で暴走する裏系&馬鹿系ライターが、日本最大の歓楽街・歌舞伎町から発信するグダグダな非日常的体験と裏話。そして禁断の取材メモ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テポドン!血(?)の抗議!
テポドン2が、あの国から日本に向けて発射されて、大騒ぎをしている翌日の夜。
外務省の玄関先に「血の抗議」…といっても、本当の血をぶちまけれるわけはないので、赤ペンキをぶちまけて、その軟弱外交に抗議した民族派団体(分かりやすく言うと右翼)の青年が、本日といっても昨日なんだけど…麹町警察署から釈放されました。
…で、さっそく当該団体の代表者に話を聞く。
政治結社・同血社の河原代表である。


外務省にペンキ 自称右翼を逮捕 2006年07月07日 毎日新聞

 外務省にペンキを投げつけたとして、警視庁は6日夜、神奈川県藤沢市、自称右翼構成員の男(23)を建造物侵入と器物損壊の疑いで現行犯逮捕した。男は「自民党、外務省断固廃止。弱腰外交」などと書かれたビラを持っていた。 麹町署の調べでは、男は6日午後11時15分ごろ、東京都千代田区霞が関2丁目の外務省敷地内に侵入。正門付近でビラをまき、赤いペンキを入れたプラスチック容器を投げつけてさくなどを汚した疑い。「北朝鮮のミサイル問題で自民党と外務省の弱腰外交を批判するためにやった」と供述しているという。

2396_c350.jpg



なんで、こんなことを書いたかと言うと、
その行動や思想、抗議よりも、とほほほほ…と驚いたのは


その血(?)の抗議をした際に、彼は難なく外務省の玄関先にたどり着いているんですよ。それもペンキの缶とビラを入れた袋を手にして…。

警備員の行動阻止どころか、職質も、不審尋問すら受けずに…。

テポドンが飛んできた当日ですよ。
外務省ですよ。
制裁が議論されようとしている日ですよ!
それも、昼間の交通量や人ごみにまぎれてではないんです。
もっともテロを警戒しなければならない夜(11時すぎ)
そんな時間帯に彼はペンキの缶を持って…。

もしも、彼が他国のテロ組織や某国の工作員で、爆発物などを手にしていたらどうなるんでしょうか?

…これがわが国の危機管理です。

足元にナイフを突き刺され、胸倉をもたれているのに…
『お米や食料を、あげませんよ…』
相手がナイフをつかんだのに、その手を押さえもせず、
『刺したら、お兄さんを呼びますよ…。僕のお兄さん、世界の警察ですよ』
相手はそのお兄さんとサシで話をしたがっているのに…ねぇ?

ところで、そのナイフ、いや…テポドン。

実は一説によると堕ちたのは北海道沖。
その後、捻じ曲げられたのか、間違っていたのか…ロシア沖。
だとしたら、一番怒らなければならないロシアが…まぁまぁまぁ制裁修正案。これが答えのような気がします。

その距離は発射基地から東京までの距離と等しい…?
ということは、堕ちたのでなくて、そこを狙った?

…という説と、


北朝鮮ルートを押さえられた製造国が、
テポの中に核物質ならぬヤク物質を詰めて、
むこう数年間分を配達したのでは…?

…なんて説もあります。

あ…これ、ちなみに、某暴力団の幹部会で、実際に幹部たちが大笑いしたジョークです。←ホント。

まぁ、東京に飛んできても、心配しなくても死ぬ時は、一瞬でしょうから…


※ その河原氏を交えた対談は「実話マッドマック」8月7日発売号にて掲載。…そちらをお読み下さい。
================================

後日、この「血の抗議」をした同血社神奈川県連合の同社社員に話を伺う機会に恵まれた。

社員は事件報道などから、私がイメージしたのと違い、物静かな現代的な好青年である。彼の行動は不甲斐ない政府外交への義憤であった。その目の持つ力は充分に感じられた・・・。


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「実は警備が厳しいと思いまして、地下鉄の一つ前の駅に降りました。そこから歩いて外務省に向かいました

―― 隊服だったのですか?

「私服です。たどり着けない場合の強行突破も考えて軽装でした。左の脇にビラを15枚、手にペンキ缶をぶら下げていました。最小限の枚数です。それだけ警備を気にしてました」

―― 警備はどのような状況でした?

「正門には三人の警備官がいました。ひとりは巡回し、ふたりは詰所の中にいました。近づいても職質は受けませんでした。・すんなりと近づけたことに驚きました。彼らは私が行動を起こして慌てて阻止行動に出ました」

―― テポドンが日本海に打ち込まれた直後の警備と考えるとどうですか?

「不思議な気がしました。仰るように、自分が外国の工作員やテロリストだったら取り返しの付かないことだと、私も思いました。だからこそ、問題提起として有効な行動であったと思います」

―― 実際にはマークされ、所持品などの掌握もされていて、わざと行動を見逃したのではないんですか? あえて右翼団体の人間を世論操作として彼ら自身が利用したとか?

「・・・・・・それはないと思います。報道はいつもどおりに自称右翼団体の男ですし」

―― それそれ、でも自称ってのはどうなんでしょうか? 自分がそう名乗っているだけ・・・。実にいい加減な存在だという印象を与える言葉ですねぇ?

「たしかに。私は正直にどこの団体でどういう人間だ、どういう行動だ・・・と答えております。自称・・・?  自称大学教授、自称モデル・・・、どれも偽者って意味じゃないですか?」

―― 最近はそういう右から左の報道が多いんです。示威行動や宣伝にならないように団体名を伏せる。私も何かやれば自称ライターってことですかね?・・・最低。


※ 偶然に同じ車中となり、移動中の完全にオフレコ話でしたが、再構成・公開させていただきました。彼と話をし、年下なのに年長に感じてしまう自分の不甲斐なさを反省しつつ・・・

(文責:神峻)
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。