裏の裏は、表…に出せない!
実話誌等で暴走する裏系&馬鹿系ライターが、日本最大の歓楽街・歌舞伎町から発信するグダグダな非日常的体験と裏話。そして禁断の取材メモ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北朝鮮覚せい剤密輸事件
…を訊ねる声もあります。

たしかに、現在発売中の雑誌で、黒幕として逮捕された親分も誌面登場しております。そのグラビア記事に私の名前が踊っております。これは出版界のタイムラグ、…やっちゃった(笑)

その写真画像を某テレビ報道が使用させてくれ。
…拒否いたしました。使用の場合は厳重に抗議いたします。
担当者には『先方から書面で要望書を受け取り、内容証明で拒否をだすように…。無断使用された場合には同じように抗議書を出せ』と。

はっきり言いますが、テレビ報道なんて…警察発表を受け取れる立場にある恵まれた者たちが、その発表やリーク情報を垂れ流しているだけで、テレビという権威に胡坐をかいている高学歴が鼻に付く馬鹿ばかりです(いい奴も真剣にジャーナリズムの奴は多いんですが)。ネタは自分で探せよ!提供やネタ探しして欲しいなら、簡単に『使いたいんですが…』というな!テレビや新聞と言えば協力してくれると思っているからお馬鹿。人参を目の前にぶら下げられてもねぇ…。私はTVレポーターや新聞記者になりたいわけではない(大笑)

…この辺の裏事情、エリート(五大新聞社、その系列テレビ局などの)マスコミ記者クラブなどのお馬鹿ぶりは、今度くわしく書きますね。

私は仕事で北海道に行っておりましたし…、そんなこんなで、このブログでの記述は避けておりました。たしかに、その親分の逮捕直後に続くであろう他組織の逮捕者なども聞き及んでおりました。例の韓国籍の男は普通に歌舞伎町に現れていましたからねぇ(笑)

事件捜査などが現在進行しております。軽い気持ちの記述(実際にその時点では未確認や間違ってる場合もありますから?情報源が情報源ですから…)が影響を与えることも。ある程度の期間を起きまして誌面発表(もちろんその裏話はここで)します。


(C)SHINSHUN
実はこの事件に先駆けて大掛かりな北朝鮮ルートが摘発されていた。一連の事件の発端ともいえる事件である。

2000年3月16日、島根県温泉津港で漁船から250キロの覚せい剤が押収された。北朝鮮元山沖で瀬取り(海上での受け渡し)された覚せい剤であった。

その事件の黒幕は山口県下関市で貿易会社を経営する北朝鮮国籍の曹奎聖(ソウ・ケイセイ/チョウ・キュウソン)容疑者。
曹の経営する貿易会社の実態は覚せい剤密輸会社であった。
当時の北朝鮮は国内経済の窮乏から覚せい剤を外貨獲得の目玉商品とした。
その受け入れ窓口が曹の貿易会社であった。
曹らはその会社を隠れ蓑に98年頃から多くの密輸事件に関与していた。

当時、さまざまな圧力や影響などで報道されなかった事実がある。
曹容疑者と彼の貿易会社社員たちの前職である。
曹は在日北朝鮮人児童に民族教育をおこなう下関朝鮮初中級学校の元校長だったのである。
社員は同民族学校の元教員たちで組織されていた。
この衝撃の事実は北朝鮮の覚せい剤密輸が国家ぐるみの犯罪だという事実を露呈することにもなった。

03年5月にアメリカのブッシュ大統領がPSI拡散防止構想を提案すると、その海上密輸ルートも衛星等で監視下に置かれた。
これらが遮断されたことにより北朝鮮国内に麻薬中毒者が急増しているという国内事情もある。
04年4月に「朝鮮民主主義人民共和国刑法」が改訂され、不法麻薬使用罪が盛り込まれた。
…しかしその刑罰は重いものではない。

今回の禹容疑者の事件は、そんな北朝鮮の切羽詰った経済事情がその背景にある。
北朝鮮中央当局が下級組織に与えた年間外貨獲得目標実現のためには国際犯罪も黙認しているということである。

曹容疑者と組んで密売窓口となった元暴力団員・青山幸男容疑者も同時に国際指名手配されたが、二人とも北朝鮮に秘密裏に入国したことが確認されている。


(C)SHINSHUN


追記:



北朝鮮の覚醒剤密輸事件 逃亡の男、時効3週間前に逮捕
2008年.10月.7日

 約300キロの覚醒(かくせい)剤を北朝鮮から密輸しようとしたとして、警視庁組織犯罪対策5課などの合同捜査本部は覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで指名手配中だった住所不定、指定暴力団住吉会系元幹部、青山幸男容疑者(60)を逮捕した。時効まであと3週間だった。

 調べでは、青山容疑者は住吉会系組長=懲役18年の判決確定=ら6人と共謀し、平成10年8月15日、高知県窪川町(現・四万十町)興津崎沖付近の海上で、漁船「玉丸」に覚醒剤約300キロ(末端価格180億円)を積んでいた疑い。容疑を認めている。

 青山容疑者は同年7月下旬に、組長の指示を受け北朝鮮に入国。覚醒剤の梱包や荷出し作業をするなどしていたとみられる。今年8月末、千葉県鎌ケ谷市のアパートに潜伏しているとの情報が警視庁に寄せられ、時効直前の逮捕となった。

 「玉丸」は10年8月10日に日本を出港し、東シナ海の公海上で北朝鮮籍の船から覚醒剤を受け取った。しかし、海上保安庁の巡視船に発見され、覚醒剤を海上に投棄していた。組長ら組関係者4人と雇われた船長ら6人が、覚せい剤取締法違反の罪で懲役7~18年の判決を受け、確定している。


覚せい剤3百キロ「北朝鮮から運んだ」海上投棄容疑者
2008年10月25日

 覚せい剤約300キロ(末端価格約180億円相当)が高知県沖で98年に投棄された事件で、時効3週間前に逮捕された元住吉会系暴力団幹部青山幸男容疑者(60)が、「北朝鮮に渡って運び出したものだ」と供述していることが警視庁の調べで分かった。ただ、存在するとされる製造工場など詳しい状況は「見ていない」と話しているという。

 東京地検は24日、青山容疑者を覚せい剤取締法違反(営利目的密輸未遂・同所持)の罪で起訴した。

 起訴状や警視庁組織犯罪対策5課によると、青山容疑者らは98年8月12日に公海上の東シナ海で北朝鮮籍の船から漁船に覚せい剤を積み替え、2日後に高知県の土佐清水港に陸揚げしようとしたが、警察官らが警戒していたため、海上投棄したとされる。

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今月はGW明けより出張が重なり事務所不在が続いたので、またもや月末に集中更新になりました。という言い訳からスタート・・・・・・◆常識はずれのフーゾク界 この写真は人種差別に関するニュースではあるが、ここでは差別意識について書こうと思う。人種...
2006/05/28(日) 14:39:45) | 武内晃一ブログ -歌舞伎町午前零時-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。