裏の裏は、表…に出せない!
実話誌等で暴走する裏系&馬鹿系ライターが、日本最大の歓楽街・歌舞伎町から発信するグダグダな非日常的体験と裏話。そして禁断の取材メモ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お楽しみはこれからだっ! 逆襲するぞ! 採点するぞ! 感謝するぞっ!
思いがけないことってあるもんだ。

嬉しいことがあった。
以前より注目している
ある現役組長のブログ、
これが実に面白い。

この馬鹿ブログ(私のこのブログです。笑)の読者様(読者様はお利口さんでした)が教えてくださった。

ありがとう!

改正なんちゃらや暴排なんちゃらで、
情報ソースが途切れがちの昨今、
こういうところで勉強もせにゃならん。

どういう人なんだろ?
怖いのかな?
悪魔の風貌なのかな?
軽口を聞いたらどうなるんだろ?

この人を取材したい!
したい! したい! したい!

…と思って忘れかけていたら、
ブログが本になったと!

やったぁああああ!
これを口実に取材できるんじゃねぇの!

出来ちゃったりもした。

gokudosaltka.jpg

…で、取材した記事が
現在発売の劇画マッドマックスの180ページから。
現役組長なので顔出しが叶わなかった部分があるが、

怖くなかった。
悪魔のようでもなかった。
…でも、軽口は聞けなかった。
なぜかって?

素晴らしい人物だったからだ。


ついつい前のめりになってしまった。


記事は2ページだったが、
まだまだ書きたいことがある!

それから、メールをやり取りさせていただいた。
ヤクザとしての生き方、考え、現状、業界の変貌……。
学ぶことばかりだ。

その方が久し振りにブログを更新された。

すぐさま…見た。

ワタスのことだった。
ワタシのことを書いてくださったのだ。
な、な、なんでぇ~~~っ!

組長! 買いかぶり過ぎですって!


ブログも読んでくださっていたのだ。


……ここで問題が、
こっ恥ずかしい大問題が!

ワタスは本職(ヤクザ)ではない。
元が付くわけでも、辞めたわけでもない。
面白いと思ったら粘着し、
ヤバいと思ったらス~~~ッといなくなる執筆業。
(一見無責任だが、責任だけは取る。逃げたことはない!)

偉くはないが、偉そうにヤクザライターとか何とか抜かしても、
ヤクザなライターでも、ライターのヤクザでもない。
ヤクザを取材して記事にするライターだ。
つまりは、サッカーボールを蹴ったこともないサッカー解説者のようなもんだ。
ピッチで起きているゲームを状況説明するだけの、
システムや戦術ばかりの能書きをダラダラとこき、
ボールを追ったこともないのに、あげく根性論(笑)

それを現役選手でピッチ上でプレーしている
フジィカルも、技術も、戦術眼も、マリーシアも、
すべて憧れるような代表選手に、その馬鹿解説を聞かれているような
情けないような、恥ずかしさがこみ上げてきた。

しかも『こういうのを書かせていただいております』という各記事。
あの記事って○○さんのことでしょ?
この記事は○○の事件ですね?
ネタ元はひょっとして…。
百発百中なのである。
誤魔化して、薄めて、ぼやかして書いているのにも係わらず…だ!
ここまで見破ったのは、時効だから言いますが、
梁山泊の豊臣会長以来だ!
何でも知っている朝堂院大覚さん以来だ!

もう消えてしまいたいのである。

なのに、こんなもの(下記画像)を作って掲載しようとしている(馬鹿ぁ!)


今、月末校了でバタバタしているので、
後日、その方の記事を転載したい。
そして書き切れなかったことも加筆したい。

何でバタバタしているかと言うと、

原監督のあの事件ですよ。
嘘ばっかり報道しやがってぇ!
憶測ばかり報道しやがってぇ!
俺が調べたことと違うやんけ!

誰を悪者にするつもりやっ!

それを取材してきた。

歌舞伎町、熱海、歌舞伎町。
そう、そういう方面からアプローチしてみた。大正解!
ワタシにはワタスにしか出来ないことがある!
高須には高須にしか抜けない陰毛もある。←何これ? ゴロが良かったので書いてみました。

T会だ? K氏だ? Y氏だ? Y組だ?
ドアホどもがぁ! 知ったようなこと抜かしおって!
細木騒動と同じや! 紳助騒動と同じや!
またまた、、みんなで書けば怖くない…かよっ!

(また、業界で問題児だな。泣)



話は戻るが、ここが大切。
聞いて欲しい!

……思ったことがある。

よしっ! 俺は“裏社会版・池上彰”のような解説者になればいいのだ。
…答えのようなものが出てしまった。
なるべく多くのデータを集め、綿密な取材をし、
捨てるものは惜しげもなく捨てて(いや、引き出しに仕舞って)
読者に分かり易く、噛み砕いて説明する、学べる記事。

ワタシのことを買いかぶってお書きになった氏のブログ記事を読んでいて
そう思ってしまった。

気が付いただけ感謝で一杯だ。
ありがとうございます。

なぜそう思ったか?
氏のブログのTOPページの最後に書かれていた言葉。


この歳に成って初めて、任侠ということを真剣に考えるようになった。
法と道の兼ね合いの難しさを痛感している。

本当の意味での正義と悪…。
様々な事をしてきた故に、気付かされたことが多々ある。



そ、そ、そうなんだ! 
そういやぁ、ワタスも真剣に考えたことがなかったのだ!

ワタスも、もしかしたら、こういうことれなのか?

あの人ですら、『この歳』で、
『初めて』こう思ったのだ。
じゃあ、お前も何かを『痛感』しろ!
『真剣』に考えろ!

何かが見つかったような気がした。←単純やな!

感謝します!


その方の書籍&ブログ

sangikushi.jpg

三獄誌 府中刑務所獄想録 (幻冬舎アウトロー文庫)

逮捕されると留置場・拘置所・刑務所という三つの獄を経験することになる。
三獄での奇妙な慣習…カンカン踊り、刑務官の意地悪と情、懲りない人々等々。
三十代のほとんどを塀の向こうで過ごした著者が綴る怖くて面白い話70連発。

著者:茶話 康朝

東京都文京区生まれ。
二〇〇〇年四月、府中刑務所を出所後、都内の繁華街に組を構える。
本作がデビュー作となる。

ブログ「ギャングスタ侍」





茶話さま、ギャングスタ侍様!
校了過ぎに改めて逆襲(笑)させてもらいます!
あの取材のとき、ワタスがどう思ったか?
なんでぇ、しつかったのか?
なんでぇ、ひたすら頷き続けたのか?




…で、ボールの蹴れない解説野郎は反省も無く、
こんなものを作ってしまいました(馬鹿!)
かかってこいやぁ! 読者様!
(あ、茶話さんは、全問正解するでしょうから、解答しないでええですから。笑)


sikenn.jpg

…で、問題はどんな感じかと問われれば、


例題:教科・国語  (この問題は本試験には含まれておりません)

90年代から国内で横行し始めた高級車窃盗。
ロ○ア方面、半島方面、大陸、東南ア○ア、中東…、
さまざまな地域に高級車は不正輸出されていった。
その際に、出所や盗難車であることをを隠すため、
車体番号などを削り、二台の高級車を解体して、新たに一台を組み上げる。
(正確に言えば新たな二台になるわけですけど)
この二台を一台にする作業、または、そうされた車体を何と呼ぶ?

① トリハン
② ハーフ&ハーフ
③ ココイチ
④ ニコイチ

……まぁ、出題者がお馬鹿ですから、
ALLこんな感じですが(笑)


来月号やぞっ!
採点するぞ! 採点するぞ! 修行するぞ!




各編集部及び情報をお待ちの報道の皆様へ

『あの馬鹿!原稿も書かないで! 資料もまとめないで、ブログをタラタラ書きやがって! 更新させやがって!』

ごめんちゃい! だって嬉しかったんだもん!

『写真も早いとこ選んで送ってこんかいっ!』

ごめんちゃい!


週刊GのMさん、相変わらず早っ!
夜討ち朝駆け電話でした(笑)
……鼻が利くんだろうなぁ。




【さらなる告知】

健康優良不良少年よ! 集え!

故・真樹日佐夫先生、影丸譲也先生、追悼開催!
waru.jpg

賞金総額 350万円!!
優勝者には映画出演権!!!


遺志を継ぐ男たちよ! ここの本物のワルがいる!!!

詳細は公式ホームページで!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「WARU・下克上」ワル日本一決定トーナメント大会事務局

7月7日より、ディファ有明 他にて開催決定!

大会日程および会場
Vol.1 7月 7日(土) ディファ有明
Vol.2 7月15日(日) 後楽園ホール/真樹日佐夫追悼イベント
Vol.3 9月 8日(土) ディファ有明
Vol.4 10月初旬 東京近郊の会場を予定。

詳細は近日発表!

最強の不良魂を見せろ!


歌舞伎町コミューン
歌舞伎町~新大久保界隈に生きる人々で作るコミュニティ型の地域ポータルサイトです。
タウン情報やイベント、求人などの地域情報、最新ブログの一覧から、歌舞伎町の今がわかります。



YAMAGUCHI.jpg
例題とその解答 

90年代から国内で横行し始めた高級車窃盗。
ロ○ア方面、半島方面、大陸、東南ア○ア、中東…、
さまざまな地域に高級車は不正輸出されていった。
その際に、出所や盗難車であることをを隠すため、
車体番号などを削り、二台の高級車を解体して、新たに一台を組み上げる。
(正確に言えば新たな二台になるわけですけど)
この二台を一台にする作業、または、そうされた車体を何と呼ぶ?

① トリハン
② ハーフ&ハーフ
③ ココイチ
④ ニコイチ


答えは④のニコイチ。
文字通り二個の車体で一個の車体を組み上げるからである。
前はベンツで、後ろはBMWという妙ちくりんな車のことではない。
不正輸出の際に、車体を切断して、無理やりコンテナに何台も詰め込むためだ。
無茶苦茶というか乱暴すぎるのである。それを輸入先で組み立てるのである。
その際に盗難車であることを隠すための偽装処理でもあるのだ。
自動車メーカーは隠された場所に車体番号を刻印するなどの対策をしたが、
その後、サンコイチ、ヨンコイチなどと偽装が巧妙になっていった。
盗難防止システム、最新式キーシステム、音声認識、GPSなどが高級車に搭載されると、
不正輸出のターゲットは四駆スポーツ車、高級ワゴンなどの人気実用車へと移行した。
トリハンは、キリトリやオイコミと呼ばれるちょっと怖い集金など
裏仕事をした際の依頼主やネタ元との報酬の分配方法のことで、『取れた分の折半』ということ。
これも少ない金額を申告したり、満額取れているのにわざと金を抜いておいて、
『約束の金額は取れまへんでしたわ。足りない分は自分が補填させてもろうて、上乗せしまっさ』
『そういうわけにはいかへんわぁ。義理堅いお方でんなぁ。こんだけ取れたら充分や。
これは納めてください。取れた分だけで結構ですわ。これ約束のトリハンで』
…と、トリハン以上をせしめようとする。
結局、上乗せすると言った分は、そもそも取れた金の一部、自分が補填した金じゃない。
それがそっくり自分のものとなり、義理堅くて信用に値するヤクザだと印象付ける。…計算できました?
これ…、『新・仁義なき戦い~謀殺~』でイケイケ極道を演じた渡辺謙が、
縄張り侵攻のために地元の金融業者を信用させて取り込むために使った手段。
この侠は暴力だけじゃない、ペテン(頭の回転)も利く…と、観客に一発で印象付ける名シーン。
…で、ちなみに、ハーフ&ハーフはピザ、ココイチはカレー。
私がぎっくり腰になる原因でもあります。


以上、ヤクザ共通一次試験の例題模擬問題の解答でした。


……まぁ、こんな感じのヤクザ雑学付きの“解答”は次々号ですけど。
この例題の解答解説では、かなり調子に乗りすぎていますが(笑)





山手通りを真っ赤な半そでTシャツを着た小さなランナー!
すごいスピードで、こっちに向かって走ってくる!
『あっ! あれは猫ひろし! オリンピックがダメでも、日々精進しているんだ!』
と感動に震えていたら、
単なる小さい爺さんが猛スピードで通り過ぎていった。

俺の感動を返せ! 
年齢を考えてカラーコーディネートしろよな!
走るの早すぎるわ!ジジイ!
……すんげぇ。
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。