裏の裏は、表…に出せない!
実話誌等で暴走する裏系&馬鹿系ライターが、日本最大の歓楽街・歌舞伎町から発信するグダグダな非日常的体験と裏話。そして禁断の取材メモ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
へぇ~~っ? お前、忍者やってんのか?
ある友人が借金苦だ。
連日の催促に気も滅入っているようだ。
…聞けば、どうやらアッチ系だと言う。
それで、相手の訪問に立ち会ってくれと言う。

『……。なんで、俺が?』


『ソッチ系のライターだろ?』…と言う。

なんなんだよっ! アッチ系とかソッチ系とかっ!

たまたまジャンル的に、ソッチの皆様のお話を聞くことが多いだけで、
私自身がアッチでもコッチでもない!


あまりにも懇願するので、
渋々ながらも、仕方なく立ち会うことにした。
…で、いつもとは真逆の、
実に大人しい格好で現れる私も私なんだが(笑)

ピンポ~~~ン!
現れた。
玄関先で何やら話をしている。
タイミングを見計らって部屋の奥から…、
『どうしたの?』

ウゲッ!
……モロじゃん!
分かりやすいなぁ…は、は、は。
これじゃ、友人も私に懇願するはずだ。

でも、彼は紳士だった。
…見た目だけで威かす作戦か?
でも、やっぱり紳士だった。
見た目は怪しいが、実にクリエイティブな私みたいなものか? ←誰がだよっ!
(先日もレディコミB社の警備員の刺すような視線に晒された。レディコミって風体でもないしね。笑)

…で、回収係の彼の話を聞くと、
友人は元本はおろか、
利子すら払ってないという。
それも一回も払っていない。
薄々は気が付いていたが、私の友人はとんでもない馬鹿野郎だ。(類は友を呼ぶ)

完全な不良債務者だ。
よく貸しましたよね(笑)
…あ、俺も貸してるわ。

それで異常な取立てだと騒ぎ立てている。
……困ったものだ。

世の中、問題のある金融業者も多いのだろうが、
こういう馬鹿債務者も増えているんだろうなぁ。
自分のことを棚に上げて、何かあると弁護士事務所に駆け込む不良債務者。
貸した方が悪いってことになるんでしょ?
それに、世の中が悪い、政治が悪いと言いながらも、
一番悪いのは自分。借りたのはお前じゃん、貸してくれとお願いしたのはお前じゃん!
…でも、そういう世の中や風潮を作り上げた者たちもいるってことだな。

企業に毒づく意味不明のクレーマーも多いようだ。
クレーマーのくせにクレーマーと言われると逆切れる。
(自分でヤクザと言うのに、彼らも人から言われると切れる…笑)


先日も、あるカフェで、トイレが使用中。
ドアノブの表示に気が付かず、
ついついガチャガチャとやってしまった。

五分以上、待つ。

…あれ、中で何か起きているのか? 倒れているとか?
それとも無人なのに偶然に鍵が閉まってしまったものか?
そう思って恐る恐るノックしてみる。
すると中からゴンッ!
ドアキックで応答された。
ヤベェ!気の荒そうな奴が入っているようだ。

……そのまま大人しく待つ。

中から出て来たのは中年太りのオバハン。
開口一番『何回もやらなくても出るわよ、ガチャガチャドンドン!』
と独り言のように、それでも確実に聞こえるように呟く。
……そこは男性用トイレなのに。
漏らしそうだった私はオバハンを無視してトイレへ。
化粧直ししたのかティッシュが洗面台に放置されたままだった。

用を足して客席に戻ろうとすると、
そのオバハンが連れのオバハンに(類は友を呼ぶ)
「あの男、あの男」とか分かりやすくも言っている。
どうやら「失礼な野郎がいる」と話題にしていたのだろう。
周囲のテーブルの客も何気に私を見る。
…俺は不審者かよ! レディコミB社の警備員のような視線を感じる。
周囲のテーブルを巻き込むオバハンの訴えと宣戦布告、
居たたまれなくなって、席に戻らずそのまま退店した。
……トホホだった。

クレーマーはああいうオバハンなんだろうなぁ…、
と、さらに失礼な私はそう思ってしまった。
モンスターなんとかっての?
性生活も満たされていないんだろうなぁ…、
と、さらにさらに失礼な私。


…で、不良債務者の友人。
私は彼に説教することになった。
回収係に言う。
『よくこんな馬鹿に貸しましたね』
『どうもすいません』
後半は私が回収しているようなもんだった。
『金払え!手前ぇ! 今、いくら持ってんだよっ! …俺の借金も払え!』
…極悪。



…で、タイトルは何なのだ? と言われれば、
その回収係に駅までの帰り道に聞いたお話。
トイレで遭遇したオバハンの話をして、
大変でしょうねぇ…なんて話題だった。

彼は小さな街金に勤めていて、
時々、妙なお客さまが来ると言う。

ある青年が彼の店に来店した。
事務員の女の娘がざわつく。
想像するに、
『え~~~!?、マジィ』
『ホ、ホ、本物?』
てな感じだったろう。

その青年は融資申込み用紙に記入。
彼の店では最終的な審査を社長が行うそうだ。

青年の書いた書類を見ながら値踏みをする社長。
ある項目に目が止まり、ひと言。
『職業……、忍者?』
青年が答える。
『はい、忍者です』

『お、今時、忍者やっているのか!?』
しげしげと青年の顔を眺める社長、
『お前、本職かぁ!? へぇ~~~~~っ、いるんだぁ、忍者』
ついついお客をお前呼ばわりしてしまった。

そんな奴はいねぇよっ!
日光江戸村くらいしかっ!

女性事務員がざわついた理由。
青年は当時人気の某男性アイドル事務所の某アイドルグループのメンバーだった。
もちろん年配の社長が彼の顔を知るわけもない。
青年は職業欄にその某グループ名を書いていたのだ。

…職業、……忍者。


YOU! サラ金はまずいよっ! …ソッチ系だし。


(C)SHINSHUN


PS:コミック版「実録ヤクザ伝 竹中兄弟 ~最強の極道兄弟伝説~」完成しました!
五男のお方にもお会いして、ご挨拶させていただきました。…スゴイ兄弟だわ。
で、発売日は今月末あたりなんだけど。(いつやっ?)


歌舞伎町コミューン
歌舞伎町~新大久保界隈に生きる人々で作る
コミュニティ型の地域ポータルサイトです。
タウン情報やイベント、求人などの地域情報、
最新ブログの一覧から、歌舞伎町の今がわかります。



↓ 記事を書いた際に告知されるGoogleの宣伝…、文中の単語に反応して、笑っちゃいますネ

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
これまでも何回か紹介させて頂いている、神峻氏のブログ「裏の裏は、表・・・に出せない! 」に、昨日新たな記事がアップされた。 その記事の題名が「へぇ~~っ? お前、忍者やってんのか?」である。 自分は中年のオッサンであるため最後の説明まで「落ち」...
2010/03/19(金) 21:45:56) | まぁ、こんなもんでえぇんとちゃう?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。