裏の裏は、表…に出せない!
実話誌等で暴走する裏系&馬鹿系ライターが、日本最大の歓楽街・歌舞伎町から発信するグダグダな非日常的体験と裏話。そして禁断の取材メモ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
覗いちゃってます!
昨日、打ち合わせをした人物、
彼はネットに関する深く有意義な知識を教えてくれた。
な~~るほどぉ!
(まぁ、半分くらいしか理解はしていないワシだったが)

その彼が非常に面白がってくれたことがある。
某コミックで書いたのだが、ここでは紹介していなかった。
(読んでくれていたのだ!)


ワシのブログが国会議員さんたちに覗き見されていたのだ。

その前に、ワシが覗き趣味なのだ。


…で、ワシの覗き見趣味は、
風呂覗きでもミニにタコでもない(古いよ!)



覗き趣味とは、薦められて付けたアクセス解析なのだ。
そう、このブログなのである。
だから、皆さんは…、ある意味で覗き返されているのだ。
つくづく、秘密めいたことを覗き見ることが大好きな
己の性格に呆れる日々だが、これが、実に面白い。
(ミクシィーの足あと覗きも大好きなのだ!)


某巨大掲示板のヤンチャ系に無断でリンクを貼られていたり、
某変態コミュで晒し上げ祭りになっていたり・・・、 ←もう消えた!
某中国でマフィア記事が嘘だ、反中思想だと罵倒されていたり…、
(どうでもいいのだ!放置なのだ)

アクセス解析は様々な分析が出来る。
最も興味深いのが、
己のブログにたどり着く検索ワード、
予想はしていたが、実に凄まじい。

目下、人名検索ワード不動の第一位は「朝堂院大覚」
企業名では「山口組」←企業ですか?
「ヤクザ」「フロント企業」「中国マフィア」などなど、
皆さんが何に興味を持っているのかも判る。


中には、何で、このキーワードで俺なんだ?というのもある。
忘れられないのが、『歌舞伎町パンティ』・・・分からん。
一体、何を調べたかったのか?

どこからアクセスしてきたのかも分かる。
外国から・・・「タイ」「ネパール」「フィンランド」「インドネシア」
「フランス」「ドイツ」「アルゼンチン」「ポルトガル」「シンガポール」
「米国四年制大学」?「米国営利組織」?
・・「その他」その他ってどこやねん!
・・・これも分からん。

恐ろしいのが「米国政府機関」と「米軍」っての!


アクセスしてきているのが、漫画喫茶、大学、企業、
警察、弁護士事務所、官公庁(その筋の)
う~~ん、・・・・・・ありがたいこと(?)だ。

人気の「企業舎弟記事」関係なんて、
殆んどが企業名ドットコム!
「フロント企業リスト」???
何かされているんでしょうか?
欲しいのでしょうか?
……ブフフフフ。


さて、その冒頭の打ち合わせ人物がウケたのがコレ。
はいっ! ドメインやアクセス時間に注目。

279988572_2031112.jpg


そうなんです。
衆議院議員会館からの御一行様、
一挙集中!大量アクセスの一部なのです。

その時間帯にズラ~~~ッと衆議院。
どうやらホストコンピューターが違うし、
まったく同じアクセス時間(秒数まで)なので、
(検索ワードが微妙に違うし)
そういうことを考慮するまでもなく、
かなりの複数のようだった。
(同じキーワードで何度もアクセスしませんしね)

彼らは、あるページばかりを気にしているようだ。
その検索キーワードが某右翼団体。
なんだ?????

ネットのことは半分くらいしか理解していないワシだったが、
こういうことには敏感だ。ビビビビっ!

早速、その某右翼団体の会長に電話を入れた。

『会長! 衆議院議員会館で何かしませんでしたか!?』
『……。え?何で、そんなこと知っとるんじゃ?』
『へへへへ。やっぱり』
『つい今しがた、抗議文を叩き付けて来たばかりだ。早いな、お前』
『誰ですか? 理由は何ですか?』
『……今度な』

ワシはカラクリを説明した。
ネット理解半分のワシの、
その又、半分も理解していない会長さんだった。
それでも、力強いお言葉が…、
『おおっ、便利やなぁ! お見通しやなぁ!』
(その後、間抜けな衆議院の誰か(本人?)が、その右翼団体名と議員名をセットで検索…爆!)

まぁ、天下の国会議員さんたちも
後ろめたいことがあれば、
こうして密かにネット検索するわけだ(笑)
(その後、その理由と抗議内容を聞きましたから。すでに事件になってます)
衆議院と言えども、その程度ですね。

情報を握る元公安警察関係者が黒幕然とした有力議員になるわけだ。
警察庁長官は公安経験者が殆んど。
唯一(?)の刑事畑出身の長官は直ぐに撃たれましたネ。
おそまつ、国松! ジュウシマツ! マツモトチズオ?
(怪し~~~~い! 本当にオ●ム?)

234569879.jpg
(C) ノ江 / 神峻



ところで、時々、予期せぬモノを発見してしまう。
某銀行員が勤務中にヤフーの検索から飛んできた。

リンク元ってのをクリックすれば、
そのアクセスの元ページに飛べる。
・・・で、その検索ワードは???、

えええええええええええ!
ふ、ふ、不謹慎なぁ!
こ、こんなサーチワードでたどり着くなよなぁ。
『枕営業 キャバクラ嬢』

お前、今夜、接待かぁ?


そもそも私のブログ自体が不謹慎!
公序良俗に反す!
ヤクザの味方、ヤンキーの味方!

仕事せいや!銀行員!
支店まで分かっとるんだよっ!
これはバラしてもいいものか?

某銀行に・・・・・・メールでも送るかな。
あの某右翼団体会長にでも言ってもらうかな?
銀行側にも恐らくはアクセスした履歴は残っているでしょうにねぇ。
始業早々、枕営業のキャバ嬢を検索しているし(笑)


こんな検索ワードから来る銀行員は、
ブログの常連でも馴染みでもないし…。
検索までして、やりたいのなら、
自腹でキャバクラに行って声を掛けまくれ!


(ちなみに銀行員はそうしたお店に行くと・・・上司に怒られるそうです。)



ま、この記事、
親切丁寧にネット関係をレクチャーしてくれた
Mさんに捧げます。

ありがとう!

(…半分も理解していないが)



【告知】

256-155.jpg

歌舞伎町案内人の恋

李小牧 著  河出書房新社 刊


歌舞伎町コミューン

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。