裏の裏は、表…に出せない!
実話誌等で暴走する裏系&馬鹿系ライターが、日本最大の歓楽街・歌舞伎町から発信するグダグダな非日常的体験と裏話。そして禁断の取材メモ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テレビとラジオ…、電波クン。
我々、紙媒体の(お前は怪しいだろっ!)人間が、
どう逆立ちしても叶わないのが、電波な人たち。


と、いうわけで、画像付き(テレビ)と画像なし(ラジオ)の話をしま~~~~す。

画像付き電波(テレビ)は某赤坂のテレビ局のゴールデン。
…赤坂サカスっ!←なんじゃこのネーミング。
”超歌舞伎町”みたいなものか? ←違うし。


歌舞伎町の番組を撮りたいと(笑)


…で、いくつかのコンテンツを放送することにはなるのだが、
私の過去ブログにもある、あの極道御用達の床屋さん。

その床屋さん、御用達といっても、極道さんが経営しているわけでもなく、
極道さんだけの会員制でもない。

歌舞伎町のど真ん中にあるので、客筋がそうなってしまっただけの健全なお店。
いまだにパンチパーマだの、角刈りだの、怪しげな昭和の臭いがムンムンしている。

どうしてもやりたいとディレクターさんが話す。

え? このディレクターW氏、何を考えておるんだろ? 

……やりましょう。
ぎゃはははは!

私はこんなノリが大好きなのである。


以前、取材したこともあり、
迷惑な来訪者の迷惑な依頼に、店主は渋々と承諾。
『宣伝になりまっせっ!』…と、歌舞伎町馬鹿ライター。
『……ならんでしょ?』と、相変わらず達観した店主。

…と、いうわけで、特に場所と名を秘して撮影はゲリラで敢行!

『お客さんにはどう話せば?』と店主。
『その場でお願いしちゃいましょう!』と馬鹿ライター。
『誰が?』と聞く店主、
店主を指差す馬鹿ライター。
ぎゃはははははは!

ゴールデンということもあり、「極道」はマズイだろ!
…というわけで、制作会議が某赤坂では繰り返されました。
その結果、出された、何気ない一言。
『アニキが来る床屋』
そ、そ、それだぁ!

…あ、あ、アニキって!
ぎゃははははは!


凄いなぁTBS! ←あっ!


というわけで、放送を敢行。
高視聴率でした(爆っ!)
しかも、何の問題もなしっ!

その放送時(私は都内某所でトークライブ中)
・・・の、当ブログのアクセス解析、
もちろん、プチ炎上していることは言うまでもないが、
その検索キーワードに大爆笑!
『アニキ』、『床屋』、『歌舞伎町』
この3文字ばかり!
ぎゃはははははははは!
こりゃ、すんげぇ!


担当のYプロデューサー(この人バラエティのとんでもないエライ人らしい)が、
是非とも、打ち上げに来て欲しいとのこと。
おっ! 行きましょう!


……完全に、私のための打ち上げでした。


そのPさんの友人家庭で幼い子供と母親の会話。
『ママ? アニキって誰?』
『……怖いアニキよ』
ぎゃははははははは!

楽しい飲み会でした。



ところで、放送の翌日に某放送作家が電話してきた。

『昨日のアレ、神峻さんでしょ?』
『……ああ』
『相変わらずムチャしますね』
『……誰が?』 (だから俺じゃないって!WさんとYさんだって!)

『腹を抱えて、笑わせてもらいました。…あれ、出ていたの本物の“アニキ”ですか?』
『もちろん』
『やっぱムチャやん!ぎゃははははは!』 ←だから、床屋さんがだって!


(いつか、手前ぇの番組でもやってやるっ!)

(そろそろ時効だから言いますけど、某深夜番組にヤクザの大親分を実名肩書き付きで出演させ、
警察批判を喋らせたあげく、その直後に民放連の申し合わせ(暴力団報道に関して)を変更させたのは…私らしい(?…他は誰も取り上げてはいないそうで・笑)です。しかも、テキ屋の大親分と、戦後愚連隊の生き残りも同時出演させていました。…よく出たな。爆!)



……アニキ、床屋、アニキ、床屋、アニキ、床屋、歌舞伎町。
(次は何をやらかそうっ!)





で、画像なし電波(ラジオ)の話。

昨日(3月27日)、徹夜明けで原稿を終えた私は、
某俳優のOさんのお迎えで立川へ、
FM立川という都内立川を中心としたFM局だ。
トークゲストとしてお呼ばれだ。

『明朗とK子のトークルーム』
地域密着の人気ラジオ番組らしい。
昼間の1時から4時のぶち抜き番組。
…と、いうことは主婦向け? ←なんと短絡的なんだろ、ワシ。
家事を一段落して、旦那と子供が居ない幸せな時間帯に、
煎餅でもボリボリしながら聴いているのでしょうか? ←だから、お前ぇなぁ!

なのに?
なんで?

・・・ワシ?

前述のように裏方で関わることはあれども、
出てくれ? なんで? ワシ?
ええのかっ! 
先のゴールデンってのにも、驚かされましたが、
た、た、太陽が出ている時間帯ですぞっ!


実は某新聞社本社ビルの窓際にいる友人記者T氏の依頼なのだ。
話すと面白い、調子に乗り、ギリギリまで喋る。
…しかも、お馬鹿と紹介されておった。 ←あのなぁ。

というわけで、お馬鹿は調子に乗ってお出かけしました。
恥ずかしいのと原稿に追われていて告知は出来ませんでした(スマンっ!)

(何で、出たがらない私が、イイッすよっ!…と、快く出たかと言うと、
立川の隣町に晴美ちゃんが住んでいるからだ) ←何じゃそりゃ!

DJのお二方は当ブログを読んでいただいていたようで…。
(↑当たり前だろっ!行き当たりばったりのお前じゃねぇんだからよっ! 不審者だしっ!)

取材対象の皆様や業界、事件の裏話を話すよりも
私の職業体験談が主体でした。
怒られた話、やらかした話、やっぱり、…お馬鹿。
もちろん制御バージョンで(笑)

時間延長して40分くらい喋っておりましたね。
お調子者ですから(フンっ!)
合間にCMや曲が入るのですが、

ゲストのリクエスト曲として、
取材対象の皆様に捧ぐ、往年の昭和歌謡を!
伊東ゆかりの 「小指の想い出」 ←おいっ!

……そういうわけにもいきませんので、
(打ち合わせで却下。ぎゃははは)

イーグルスのアルバム「ホテルカリフォルニア」の中から「駆け足の人生」を。
直訳すると“追い越し車線の人生”なのですが、
ゴールをひたすら目指す、太く短い追い越し車線の人たちは、
実際には追い越し車線から降りたがって苦悩しているのだ…という意味深な曲ですね。
バリバリのギターの掛け合いが聴ける名曲です。ロックだぜっ!「


“アニキ”たちの素直な心境でしょうか? ←お前もだろっ!

4554545412.jpg

実に楽しかったですよ。
DJのおふたりのリードと乗せ方(お馬鹿への)がウマイっ!


で、ブログの解析はこうなっておりました。
出演時間は15時からでした。

うぉおおおおおおお!スゲエぞっ!FM立川っ!
感動したぜぇ! 増加したのは放送エリアからのアクセスでした。
~~~スンゲぇ!

ac0327.jpg



PS:

某赤坂のYさん、Wさん、Bさん、
なぜなんだか、私に興味を持たれて(?)打ち上げに乱入された報道Tさん。
↑結局、さまざまな事件の裏側に詳しいこの人と盛り上がる。
有難うございました。

明朗さん、k子さん。
スンゲェ!・・・有難うございました。
私が次に引っ越す時は立川です!
(隣町は避けよう。…タカられるから)

某新聞社の本社ビル窓際にいるTさん、
運転手状態の俳優Oさん、
有難うございました。

「歌舞伎町」「床屋」の皆さん、
そして「アニキ」!
有難うございました。

皆さん、完全なる電波クンですわ。 ←お前もな!


……アニキ、床屋、アニキ、床屋、アニキ、床屋、歌舞伎町。
スんゲェ~~~っ!




歌舞伎町コミューン


PS:

前述の某新聞社本社ビルの窓際に座る友人記者がメールしてきた。
『某新聞本社ビル窓際のTです』
おっ? 自己紹介か? ←読んでるんだよっ!嫌味だよっ!

先日、その本社ビル近くの世界最大の魚市場で、
俳優Oさんと彼を誘って海鮮丼!
彼は深刻な表情で悩みを打ち明ける。
『最近、胃がシクシクするんです。……胃癌かも?』
(ぶふふふふ)
Oさんは素知らぬ顔でニコニコと海鮮丼に夢中。
彼の顔色は真っ青、Oさんを諦めて、
なぐさめて欲しいような眼で私を見る。
(う…、こ、こ、こんな時、ど、どういえばイイのか…な?)
沈黙が続く。
私は口を開いた。
『海鮮丼に醤油かけすぎ!…胃癌になるよ』
(ぎゃはははは)

こうして彼のお悩み相談は終了した。
友人は大切にしましょうネ!

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。