裏の裏は、表…に出せない!
実話誌等で暴走する裏系&馬鹿系ライターが、日本最大の歓楽街・歌舞伎町から発信するグダグダな非日常的体験と裏話。そして禁断の取材メモ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夜回り組長、再度登場!
歌舞伎町の家出娘が奄美大島に売られた。
SOSがある人物に入る。
『助けて!』
夜の繁華街をパトロールし、
未成年がこんな時間までウロウロしているんじゃない!
家出? すぐに帰って、親と腹を割って話しなさい!
そう叱責してくれた人物。

少女たちには、なぜだか、彼のことが思い出された。


夜回り組長、石原伸司氏だ。

その活動がNHKにてルポされます。
「お前ら、何を見ている! しっかりせんか!」
若き警官は石原氏に怒声を上げられて目が覚めたと話す。

10月31日16時50分~18時 の
NHK 「ゆうどきネットワーク」」に「特集 夜回り組長 第2弾」

NHK 「ゆうどきネットワーク


L4819110195.jpg

逢えてよかった ~夜回り組長にココロを預けた少女たちのホンネ~
石原伸司 著  産経新聞社出版

石原伸司公式HP ~出会いは人生の宝~



石原先生は夜の街だけでなく、
精力的に講演やト-クライブなどをこなされている。
その裏話が面白くて、私も客席の隅にこっそりと隠れていたりもする。
トークライブの最後は、お客からの質問コーナーとなる。
…ところが、先生が元極道ということで、
本題から外れて、やばそうな質問が時々なされる。
『シャブってのは今、どのくらいの仕入れ価格、販売価格なんですか?』
(そんなこと聞いてどうする!)
『う~~ん、俺は現役じゃないからなぁ。…そうだそうだ、分かるヤツが一人いるわ』
…視線はこちらに、えっ!俺かいっ!
(何人かの客は絶対にワシを売人だと思っているはずだぁ!)
……客席に居ながらも、答えるワシ。
『中国人ヒットマンは幾らくらいの金額で人を殺すんですか?』
(だから、そんなこと聞いてどうするんじゃ!って!)
『う~~~~ん、俺は現役じゃないからなぁ。…幾らだい?』
…えっ!やっぱり、俺かいっ!
(ひぇ~、この客の視線、帰りに殺しの仲介を頼まれんじゃねぇか?)
……再び、素直に答えるワシ。
それでも遠慮のないお客様、…さらにヤバイ質問が、
そうなると、司会者までもが、
『今の質問に、ひとりだけ答えられる人物が客席に居ますね。…お願いします』
(おいっ!…笑。司会者も友人でしたからエエですけど。トホホホ)
トークライブが終わって、照明が明るくなる。
お客さんはわざわざワシの顔を見て、あれは現役なのか? 売人か? ヒットマン?
そうだ、ありゃ、石原さんの昔の子分だろう、そうに違いない…と、
妙に納得したように帰って行く。 

だから、違うって! …目を伏せるワシ。
(こういう時、ワシの悪魔な魂は、幽体離脱し、俯瞰でワシを眺めてニヤニヤしている)




追記:・・・再び登場します。今度はフジです!

エチカの鏡 ココロにキクTV

08年11月16日 21:00~21:54 フジテレビ系列

【ナビゲーター】佐田真由美 世の中を信じられなくなっていた孤独な少女と、世間からはみ出た人生を歩んできた男との出会いが生んだ物語。親からも誰からも愛された経験を持たない少女は1人渋谷をさまよい、少年院に入るまでに荒れた生活を送っていた。そこで1人の男性に出会い、少女の生活に異変が起きる。

エチカの鏡 ~ココロにキクTV~



歌舞伎町コミューン
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。