裏の裏は、表…に出せない!
実話誌等で暴走する裏系&馬鹿系ライターが、日本最大の歓楽街・歌舞伎町から発信するグダグダな非日常的体験と裏話。そして禁断の取材メモ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歌舞伎町・外国人マフィア裏面史
 
歌舞伎町は外国人たちが作り上げた街という裏の顔を持つ。
戦後、開放国民となった台湾華僑や半島出身者たちが土地を手に入れビルを建てた。
彼らや街の有志たちが大同団結し荒地であったこの街を一大娯楽街にと映画館・劇場などの娯楽施設を作り歌舞伎劇場を誘致しようとした。
その際に歌舞伎町と言う町名が誕生した。

そうした歴史を持つ街の自国出身成功者を頼って外国人が集まるのも、ネオンの輝く歓楽街に集まるのも当然の事であった。
家賃も安く再開発の遅れた住宅地を周辺に抱えていたことも好条件だった。


この街で初めて外国マフィアという名称が与えられたのは韓国・台湾ヤクザたちだ。
戦後、ともに自由主義国家の道を歩んだ韓国・台湾のヤクザは日本のヤクザと精神性に共通点が見られ、ヤクザの権益を荒らすことなく闇の奥深くで彼らは増殖していった。

韓国ヤクザは次第に事業化していき、のちに歌舞伎町にコリアンゾーンを作り上げた。
知られざる韓国組織暴力(ヤクザ)事情とその歴史

問題は台湾ヤクザであった。「竹連幇」「四海幇」「天道盟」という黒社会の人間が身分詐称して入国した。流と呼ばれる彼らは凶暴であった。
歌舞伎町に近いマンション「O」で台湾マフィア同士が激しい銃撃戦を繰り広げ全員が死亡するまで殺し合った。
その後、警戒に当たっていた職質警官をいきなり射殺するという事件が続いた。犯人は「殺手」と呼ばれ台湾で十数人を殺し海外逃亡中の凶悪手配犯であった。
警察の摘発にヤクザの排除という表裏一体の攻撃を受けた彼らは衰退していった。


その後、イラン人が台頭してきたが、彼らもヤクザたちに駆逐され消えていった。


空白を埋めたのは中国人マフィアたちであった。彼らは上海、北京、福建という三大グループを中心に出身地ごとにグループ化していた。
「看板」を出している日本人ヤクザと違い、彼らは簡単には実態を見せなかった。
地元の日本人組織も最初は自国人のみを相手にしたシノギに関しては黙認していた。

しかし暴対法で日本人ヤクザの行動が制限されると彼らは一気に力を付けた。そして事件は起きた。

九十四年八月十日、歌舞伎町の裏面史に残る残忍な殺人事件であった。快活林事件、俗にいう青竜刀事件である。
この事件で中国マフィア・黒社会というものが衝撃的にクローズアップされた。
一般的には彼らのシノギである弁当販売の利権争いが原因と発表されているが、それは単なるきっかけであり、実際には中国マフィアの「北京」と「上海」の抗争の一部であった。

快活林事件の前に福建出身のヒットマンが別グループから殺人を依頼され対立グループと繋がった中国系マレーシア人やクラブ経営者を殺害するという事件が連続していた。

これらは自国人就労者を客にした賭博利権などの奪い合いであった。
彼らは自国人専用のサロンという名の非合法の賭場を開いていた。
そこでは就職・不動産・偽装結婚・保証人の斡旋、犯罪情報の交換、盗品マーケットや地下銀行業務も行われていた。
その奪い合いに加えて売春利権や金銭問題などが蓄積され一気に爆発した抗争であった。


さらに売春、薬物をシノギとする東北マフィアという新勢力も台頭。
歌舞伎町で地元組織のひとつが主催して親睦交流会が秘密裏に開催された。集まった中国人幹部は三百人であった。

そうした彼らの実態を把握できずに一斉摘発という社会的弱者までをも巻き込む大動員作戦を取るしかなかった当局の苦肉の対策とヤクザという自浄抗体を骨抜きにした施法は、彼らを完全な犯罪者集団に変え各地に四散させて日本を犯罪天国にしてしまった。

ピッキング、スキミング、旅券・金券・カードなどの偽造技術のほとんどは彼らが持ち込んだものだ。


ちなみにこの街の歌舞伎という言葉は中国では「舞伎館」という遊郭・娼館に勤める歌妓・舞妓や娼婦のことである。
有名な看板アーチである歌舞伎町一番街・・・、
一番の売春婦街と書いてあることにもなる。
街の名前に誘われて彼らが集まるのも無理からぬ話である。 


※・・・、

最近、「青竜刀事件」のキーワードや某サイト質問コーナー(笑)などで
このページを訪問される方が多いようですが、
念のために申し添えれば、あの事件、現在は「快活林事件」となっている。
…どうして???
実は凶器は青竜刀にあらず、刺身包丁だからです。
中国マフィア、長い刃物、=イコール=青竜刀? 短絡的です。
いまだに、凶器は…、と、そう書く裏系同業者も多いようですが、
実は大恥をかいています。↑私も「俗に言う」と書いているはずです。
で、発生場所も誤解されているようです。
事件現場近辺の路地にある中華料理店じゃありませんから。
…念のために。 (関係者はこぼしていました)
まぁ、事件名のインパクト強烈ですからね。




~歌舞伎町外国マフィア年表~

1987年2月 歌舞伎町近隣のマンションで台湾マフィア同士の銃撃戦。3名死亡。

1987年12月 大久保のマンションで台湾マフィア幹部2名が射殺される。犯人は前科16犯の「ピストル楊」こと楊双力(五)であった。

1988年1月 四谷で台湾マフィア二名を恐喝で逮捕。台湾で十六名を殺して国際手配中だったことが判明。

1992年9月 職質警官が台湾マフィアにいきなり射殺される。これを機に台湾マフィア衰退。
      
1993年 イラン人の台頭。

1994年 中国マフィアの三大グループ「上海」「北京」「福建」勢力拡大。

1994年2月 中国人クラブ「Y」殺人事件。上海人経営のクラブに福建人が襲撃。

1994年6月 中国人クラブ「C」で客の福建人が上海人を刺殺逃亡。

1994年7月 カラオケスナック「K」に青竜刀を持った中国人が襲撃。

1994年8月 快活林青竜刀事件。

1994年 歌舞伎町で働く不法滞在中国人女性が逮捕。入管警備局で暴行を受ける。これに抗議した在日中国人は「入管暴力抗議実行委員会」を結成。 
           
1995年9月 警視庁は「新宿地区環境浄化総合対策本部」を設置。「環境浄化作戦」を展開。正業を持つ中国人らが「新宿華人商業相互組合」を結成。

1998年 警視庁は歌舞伎町「国際組織犯罪特別捜査隊」を結成。

1998年8月  銀座宝飾店強盗事件、旅券偽造で歌舞伎町上海マフィアのボスD逮捕。
 
1999年 韓国カジノとクラブの経営者が射殺される

2000年 貸し金庫の管理をしていた女性が中国人に殺害される

2000年2月 改正入管法」施行。不法滞在の時効を廃止。摘発・強制送還の簡素化。

2000年4月 中国政府が観光ビザ発行開始。日本への観光ブーム到来。

2001年8月 福建マフィアによる中国クラブ「V」強盗殺人事件。日本人店長が殺害される。

2001年11月 中国クラブ「R」ママ強盗殺人事件

2002年2月 歌舞伎町監視カメラ運用開始

2002年9月 喫茶「P」にて東北マフィアが住吉会幸平一家組員を射殺
  
2002年10月 その報復といわれる中国クラブを狙った歌舞伎町異臭事件

2002年10月、喫茶「P」の報復で住吉会幸平一家は、中国側運転手を刺殺。死体を新宿区上落合に遺棄。

2003年1月 中国女子留学生のマンションに4人組の中国人強盗

2003年3月  大久保のマンションで中国人殺害される

2003年4月 「東京入国管理局新宿出張所」「警視庁組織犯罪対策課」が歌舞伎町に新設され、外国人一斉摘発。福建マフィア壊滅?東北マフィアが勢力を増す。

2004年6月 「歌舞伎町刷新プラン」発動 歌舞伎町浄化大摘発スタート

2005年1月  「歌舞伎町ルネッサンス協議会」
 
2005年3月  東北グループ、残留孤児二世「怒羅権」のボス「大偉」逮捕される。  

2006年1月  2001年8月のクラブ強盗殺人事件の国際手配していた中国人の男3人に中国の裁判所が死刑・懲役刑の判決。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※ 東北グループ(東北幇 )

中国東北地方(旧満洲=遼寧、吉林、黒竜江3省)出身者または日本に帰国した中国残留孤児の二世からなる中国マフィア。 中国東北3省は貧しいが、歴史上、日本と関わりが深く高校でも日本語を教えている。

※「パリジェンヌ」事件

2002年9月、新宿歌舞伎町風林会館1階のグリル「パリジェンヌ」で中国マフィア(東北幇)がヤクザ(住吉会系幸平一家)2人を殺傷。 銃撃犯、金石(日本名、村上)は黒龍江省出身で、事件後、中国に逃亡。

2002年10月、住吉会幸平一家は、中国側運転手、張立濤を刺殺。死体を新宿区上落合に遺棄。この事件で住吉会幸平一家組員5人が警視庁の指名手配を受け、数人が逮捕される

2003年3月、金石(日本名、村上)、澳門に入ろうとして中国公安局に拘束され黒龍江省に移送される。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20070305184826.jpg

(C)SHINSHUN

mAFIA.jpg
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。