裏の裏は、表…に出せない!
実話誌等で暴走する裏系&馬鹿系ライターが、日本最大の歓楽街・歌舞伎町から発信するグダグダな非日常的体験と裏話。そして禁断の取材メモ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
竹中武の遺言
CAE8765H.jpg



…そのまた、未公開部分ですが。
(文字数の関係で掲載し切れなかったんですわ)


・・・親分はゴンタクレが大好きで、
道を一緒に歩いていると、
『おっ! アイツはヤクザ以上やなぁ』…と突然に言う。
何事かと思うと、向こうから地元のヤンチャな小僧が歩いてくるんです。
それを見て、親分は目を細めているんです。
ほんま、ゴンタクレが大好きでしたわ。
親分こそが史上最強のゴンタクレですのに…。
(竹中組幹部)


竹中組長が上京したという噂を聞いて、
代紋の違う親分たちが駆けつけて接待したんです。
どちらも大の竹中武ファンの親分です。
もちろん二人とも、業界では有名な武闘派です。
すると両者の顔を真剣に見つめた竹中組長が、
『あんたらが、喧嘩をしたら、ワシはどっちについたらエエンか?』
親分たちは互いの顔を見つめたまま、その返答に困った。
その様子を見た竹中組長が、
『ワシがあんたらを絶対に喧嘩ささへん!』
と言って、悪戯っ子のように笑うんです。
…シビれました。不思議な魅力の親分でした。
(関東某組織・幹部)


スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。