裏の裏は、表…に出せない!
実話誌等で暴走する裏系&馬鹿系ライターが、日本最大の歓楽街・歌舞伎町から発信するグダグダな非日常的体験と裏話。そして禁断の取材メモ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
知られざる韓国ヤンキー事情 ①
知られざる韓国・組織暴力(ヤクザ)事情とその歴史!」のヤンキー版です。


韓国ヤンキーの縄張り意識

80年代に韓国の首都ソウルを支配した伝説の不良学生グループにHK(ハンサムキラー)というチームがあった。
幹部はそれぞれがグループを率いている近隣の学校のアタマや、
不良たちの誰もが一目置く一匹狼的なヤンキーたちで構成され、
全員が素行不良で退学になったメンバーばかりであった。
リーダーは存在せず横並びの連合体であった。


取材協力者の安英一氏(仮名)の属していた最強チームでもある。

『それぞれがシノギや遊びなどで自然とグループ分けされていた。
硬派なチーム、軟派なチーム、極悪なチームとね。
なぜ伝説なのかって? それはソウルのある場所を縄張りとしていたからだろう』

韓国の不良学生も日本のヤンキーと同じように
学校や学区などを中心とした地域連合体であり、
暗黙のうちにその地域が縄張りとなる。
地域の繁華街などを縄張りにする日本のヤンキー事情と同じである。

しかしHKは違った。
彼らは韓国最大の繁華街・明洞のロッテデパートを縄張りとしていた。
ロッテデパートは80年代初頭に建設された巨大デパートである。
ソウルのヤンキーたちはそこを目指して争った。
その結果、最強選抜組織「HK」が生まれたというわけである。
「HK」は韓国ヤンキー史上初の広域不良連合体でもあったのである。

韓国のヤンキーはショッピングセンターやデパートなどの「箱」に本拠地を築くケースが多い。
日本のヤンキーがストリートなどいわゆる「地面」を縄張りとするのに対し、
彼らの支配するのが「箱」であるのはなぜであろうか? 

安氏は笑いながらこう言う。

『地面でなく箱であるのはなぜか? 
ハハハハ、それは寒いからですよ。
韓国の冬は厳しい。それに大型店舗などの箱には人が集まる。
人が集まれば、金も集まるでしょ? 
裕福な家庭の学生を恐喝したり、
一日喫茶と呼ばれるセックスイベントなどのパー券や盗品や恐喝の略奪品などの密売も
人が集まれば容易と捌けるからねぇ・・・』

・・・どの国のヤンキー事情も同じようである。



韓国教育界最大のタブー! 
広域不良学生組織 一陣会



 日本の教育問題以上に韓国の教育界でも重大な問題が起きている。
広域学生不良組織として問題視されている一陣会である。
その背景には、韓国が日本以上の格差社会だという背景がある。

冨は一極に集中し、貧乏人の子供は死ぬまで貧乏人・・・
そんな夢のない階級社会と言っても過言ではない状況であるからだ。

そうなると社会の枠組みからこぼれ落ちる青少年が出てくるのは当然の成り行きだ。
この韓国社会構造が一陣会を肥大化させた。
一陣会は抑圧された韓国青少年のお祭りでもあるのだ。

韓国は日本以上のネット社会である。
一陣会もネットを利用して連絡網を築き上げ、
学校、地域、という具合に序々に広域組織化していった。
日本でも問題視されている学校裏サイトの更にアングラ版のようなものである。

ためしに韓国の検索サイトで「一陣会」と入力してみると…
出るわ出るわ半端な数ではない。

当局は潰しに掛かっているがイタチゴッコであるのが現状である。
その実態はまったく掴めていないのも現実である。

一陣会の組織化は国の恥として報道が規制されていた感もあるが、
国外にもその存在は知られつつある。

そんな時にある報道がなされた。
一陣会の名称はある日本のアニメの影響で名付けられたと報道されたのである。
隣国日本の社会悪がもたらせたと言わんばかりの報道であった。

安氏はそれを否定する。

『何ていうアニメだよ? …ったく。
一陣会は学校のアタマを日本の漫画の影響で「番長」と呼ぶって報道だけど、
そりゃ違うな。
韓国お得意の責任転嫁と大衆の支持を獲得するために、
事実の誇張・歪曲報道って奴さ。
韓国で一陣は一軍って意味、
下部組織にニ陣、三振と続くのがその証拠さ。
日本の残した影響は学生服だけ(笑)』

一陣会ソウル地域連合は、
数千万ウォンの費用をかけて「セックスマシーン」「性奴隷」と称する乱交性イベントを行った。 
儒教と姦通罪の国・韓国で若者の性風俗の乱れは問題となっている。
校内暴力もしかりである。
日本では生徒が教師に暴力を振るうということは普通(?)であるように思われるが、
韓国では意味が違うのである。
70歳の老人が年上だからと80歳の老人に席を譲る国である。
そのように年長者や恩師を敬い、
家長を重んじる教えが徹底されている韓国で、
生徒が年上であり師でもある教師に暴力を振るうというのは大変な社会構造の崩壊なのである。

・・・そして驚愕の事件が起きた。

一陣会が社会問題視され始めた頃に、
ある会員が一陣会を脱会し、その内部情報を当局に洩らした。
家族と当局はその生徒を転校させて、身を隠し、安全を確保した。
しかし、一陣会はネット上でその生徒の情報を流し、秘密裏に公開指名手配を行なった。
・・・その結果、その生徒は謎の死を遂げた。

それは死の粛清であったのだろうか? 
この事件はいまだに解明していない。



(C)SHINSHUN


※ 取材帳とインタビューの再構成は次頁にて…知られざる韓国ヤンキー事情②
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。