裏の裏は、表…に出せない!
実話誌等で暴走する裏系&馬鹿系ライターが、日本最大の歓楽街・歌舞伎町から発信するグダグダな非日常的体験と裏話。そして禁断の取材メモ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
詐欺師たちの未来予想図
詐欺、ヤミ金、架空請求… これが新手口!
進化し続けるアンダーグランドの守銭奴たち



オレオレ詐欺や架空請求に虚偽名義などで取得された携帯電話が使用されていることは誰でも知っているだろう。
NTTが驚くべき発表をした。
ボイスワープ転送サービスというものがある。
不在の際に外部の指定電話に自動的に転送するというサービスである。
このサービスの多くの虚偽契約が発覚したのである。

契約者の知らないうちに自宅の電話が何者かに転送されていたのである。
転送先の電話を呼び出さず(つまり着信音を鳴らすことなく)
ダイレクト転送するというサービスもあり、
これだと発信者に転送を悟られることもない。
それらはリーモートコントロールで外部から操作が出来るものだ。


この事件は電話が掛かってこないと不審に思った利用者から発覚した。

よくある事故系の振り込め詐欺の手口ならば、
あらためて自宅の電話に確認と称して掛け直してもらい、
転送で受け取り会話をする。
これならば真実味が増すことであろう。

NTTでは事件の報告を受け、全ての転送契約者の確認を急いでいる。 
過去には海外のサーバーを通して相手の電話に指定した電話番号を表示させる
といった手口も発覚したこともあり、
こうしたサービスを抜け目なく利用するのが詐欺集団なのである。



大学生を狙ったベンチャー起業詐欺!
団塊の世代を狙う定年起業の前哨戦なのか?



あるヤミ金融グループに属していた人物は、
正月になるとマンション巡りをさせられたそうである。
目的は年賀状、
郵便物が溜まっているようなポストにあらかじめ目を付けておき、
配達された年賀状から個人情報を読み取るのである。
親、親戚、両親、交友関係など一度に大量に配達される年賀状は宝の山だそうだ。
個人情報が揃えば他人に摩り替わることも出来る。
彼はそう言って笑った。

最近、日本の最高学府と呼ばれる国立大学などを舞台にした詐欺が横行している。
ベンチャー起業詐欺である。
ある大学の広報はこう言って頭を抱えた。

『世間を知らないというか、コロッと騙されるんですよ。最近の学生は人間力というものが欠如しており、簡単に他人を信じたり、誉めそやす人物をいい人間だと誤解したりするんです。大学側もベンチャー企業などの立ち上げを奨励しているのもありますがねぇ・・・』

理工系の学生や研究員が多いと言う。
国立大学が独立法人化されたこともあり、
今までは周囲を気にせず研究に没頭していたのが、
自分の研究は社会に寄与できるのか?と将来が不安になってゆく。
そこに詐欺師が付け入り、学生企業家という甘い人参を鼻先にぶら下げるのである。
そういう人間を数人集めて起業話で出資金を騙し取るのである。
被害者が詐欺話を信じ込み、
さらなる被害者を呼び集めた事例も多いそうだ。

DSCF4190.jpg

~某国立大学の掲示板の注意呼びかけ~



狙うのは、もちろん…女、子供、年寄り!


団塊の世代が大量退職してゆく。
彼らによる定年起業や退職金利殖というのがブームとなると予測される。
第二の人生を同様の手口で狙うという事件が多発することだろう。

あと数ヶ月もすると、
さらに進化した手口の事件報道が
世間を騒がせているのは間違いない。



(C) SHINSHUN
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。