裏の裏は、表…に出せない!
実話誌等で暴走する裏系&馬鹿系ライターが、日本最大の歓楽街・歌舞伎町から発信するグダグダな非日常的体験と裏話。そして禁断の取材メモ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【告知】 井口亮紘写真展 ~俺たちどこにもいられない~

井口 亮紘 写真展

俺たちどこにもいられない
Iguchi-takahiro photo exhibition
2009.05.04.mon -- 10.sun

takahiro-iguchi.jpg

ヤング実話誌などで”若きアウトローたちの肖像”を撮り続けている
気鋭の写真家・井口亮紘
待望の写真展を開催!

“俺たちどこにもいられない”
逃れられない”青い春”がここにある!


160-0022
東京都新宿区新宿1-2-11 近代ビル3F
PlaceM
2009.05.04-10
13:00-19:00


井口亮紘クン、いつも有難う。
ここ撮れ! あれ撮れ! 隠し撮れ!全部撮れ!
ムチャな男が指示する無理難題ばかり。
なのに、期待以上で返してくれている写真家です。
絶滅危惧種、希少種というか、国宝級というか、
元気でヤンチャな若者たちの肖像写真、(最高!)
彼らの一世一代の”キメ顔”でも見に行きませんか!
顔は履歴書!心の鏡!
皆様も、是非、ご来場下さい! …神峻。

……あ、俺もどこにもいられないや。


PS:

しっかし、写真の彼、悪そうだなぁ…。
街ですれ違いたくないなぁ。

『おいっ!オッサン!何、見てんだよっ!』
『は、え、あ…、お、お、俺、神峻だぞ。ほ、ほ、本読んでないのか? 実話誌、ヤンキー本』
『ヤンキー本? オッサン、ナメてんのかぁ!』
『あ、あ、いえ、俺、知ってる、ヤクザの親分や、警…、色々』
『関係ねぇよっ! 上等!』
ボカッ!タコ殴り!
『…ゴメンなさい!関係ないですよね~~。ハハハ』

あ~~~、すれ違いたくない!

今週の格言:『袖振り合うもパラパラ』


歌舞伎町コミューン
スポンサーサイト
覗いちゃってます!
昨日、打ち合わせをした人物、
彼はネットに関する深く有意義な知識を教えてくれた。
な~~るほどぉ!
(まぁ、半分くらいしか理解はしていないワシだったが)

その彼が非常に面白がってくれたことがある。
某コミックで書いたのだが、ここでは紹介していなかった。
(読んでくれていたのだ!)


ワシのブログが国会議員さんたちに覗き見されていたのだ。

その前に、ワシが覗き趣味なのだ。


…で、ワシの覗き見趣味は、
風呂覗きでもミニにタコでもない(古いよ!)



覗き趣味とは、薦められて付けたアクセス解析なのだ。
そう、このブログなのである。
だから、皆さんは…、ある意味で覗き返されているのだ。
つくづく、秘密めいたことを覗き見ることが大好きな
己の性格に呆れる日々だが、これが、実に面白い。
(ミクシィーの足あと覗きも大好きなのだ!)


某巨大掲示板のヤンチャ系に無断でリンクを貼られていたり、
某変態コミュで晒し上げ祭りになっていたり・・・、 ←もう消えた!
某中国でマフィア記事が嘘だ、反中思想だと罵倒されていたり…、
(どうでもいいのだ!放置なのだ)

アクセス解析は様々な分析が出来る。
最も興味深いのが、
己のブログにたどり着く検索ワード、
予想はしていたが、実に凄まじい。

目下、人名検索ワード不動の第一位は「朝堂院大覚」
企業名では「山口組」←企業ですか?
「ヤクザ」「フロント企業」「中国マフィア」などなど、
皆さんが何に興味を持っているのかも判る。


中には、何で、このキーワードで俺なんだ?というのもある。
忘れられないのが、『歌舞伎町パンティ』・・・分からん。
一体、何を調べたかったのか?

どこからアクセスしてきたのかも分かる。
外国から・・・「タイ」「ネパール」「フィンランド」「インドネシア」
「フランス」「ドイツ」「アルゼンチン」「ポルトガル」「シンガポール」
「米国四年制大学」?「米国営利組織」?
・・「その他」その他ってどこやねん!
・・・これも分からん。

恐ろしいのが「米国政府機関」と「米軍」っての!


アクセスしてきているのが、漫画喫茶、大学、企業、
警察、弁護士事務所、官公庁(その筋の)
う~~ん、・・・・・・ありがたいこと(?)だ。

人気の「企業舎弟記事」関係なんて、
殆んどが企業名ドットコム!
「フロント企業リスト」???
何かされているんでしょうか?
欲しいのでしょうか?
……ブフフフフ。


さて、その冒頭の打ち合わせ人物がウケたのがコレ。
はいっ! ドメインやアクセス時間に注目。

279988572_2031112.jpg


そうなんです。
衆議院議員会館からの御一行様、
一挙集中!大量アクセスの一部なのです。

その時間帯にズラ~~~ッと衆議院。
どうやらホストコンピューターが違うし、
まったく同じアクセス時間(秒数まで)なので、
(検索ワードが微妙に違うし)
そういうことを考慮するまでもなく、
かなりの複数のようだった。
(同じキーワードで何度もアクセスしませんしね)

彼らは、あるページばかりを気にしているようだ。
その検索キーワードが某右翼団体。
なんだ?????

ネットのことは半分くらいしか理解していないワシだったが、
こういうことには敏感だ。ビビビビっ!

早速、その某右翼団体の会長に電話を入れた。

『会長! 衆議院議員会館で何かしませんでしたか!?』
『……。え?何で、そんなこと知っとるんじゃ?』
『へへへへ。やっぱり』
『つい今しがた、抗議文を叩き付けて来たばかりだ。早いな、お前』
『誰ですか? 理由は何ですか?』
『……今度な』

ワシはカラクリを説明した。
ネット理解半分のワシの、
その又、半分も理解していない会長さんだった。
それでも、力強いお言葉が…、
『おおっ、便利やなぁ! お見通しやなぁ!』
(その後、間抜けな衆議院の誰か(本人?)が、その右翼団体名と議員名をセットで検索…爆!)

まぁ、天下の国会議員さんたちも
後ろめたいことがあれば、
こうして密かにネット検索するわけだ(笑)
(その後、その理由と抗議内容を聞きましたから。すでに事件になってます)
衆議院と言えども、その程度ですね。

情報を握る元公安警察関係者が黒幕然とした有力議員になるわけだ。
警察庁長官は公安経験者が殆んど。
唯一(?)の刑事畑出身の長官は直ぐに撃たれましたネ。
おそまつ、国松! ジュウシマツ! マツモトチズオ?
(怪し~~~~い! 本当にオ●ム?)

234569879.jpg
(C) ノ江 / 神峻



ところで、時々、予期せぬモノを発見してしまう。
某銀行員が勤務中にヤフーの検索から飛んできた。

リンク元ってのをクリックすれば、
そのアクセスの元ページに飛べる。
・・・で、その検索ワードは???、

えええええええええええ!
ふ、ふ、不謹慎なぁ!
こ、こんなサーチワードでたどり着くなよなぁ。
『枕営業 キャバクラ嬢』

お前、今夜、接待かぁ?


そもそも私のブログ自体が不謹慎!
公序良俗に反す!
ヤクザの味方、ヤンキーの味方!

仕事せいや!銀行員!
支店まで分かっとるんだよっ!
これはバラしてもいいものか?

某銀行に・・・・・・メールでも送るかな。
あの某右翼団体会長にでも言ってもらうかな?
銀行側にも恐らくはアクセスした履歴は残っているでしょうにねぇ。
始業早々、枕営業のキャバ嬢を検索しているし(笑)


こんな検索ワードから来る銀行員は、
ブログの常連でも馴染みでもないし…。
検索までして、やりたいのなら、
自腹でキャバクラに行って声を掛けまくれ!


(ちなみに銀行員はそうしたお店に行くと・・・上司に怒られるそうです。)



ま、この記事、
親切丁寧にネット関係をレクチャーしてくれた
Mさんに捧げます。

ありがとう!

(…半分も理解していないが)



【告知】

256-155.jpg

歌舞伎町案内人の恋

李小牧 著  河出書房新社 刊


歌舞伎町コミューン

どうなんでしょうか?
どうなんでしょうか?

彼女は保険金詐欺のプロです。
長年、それで食ってきた女です。
毒物の効果や適量を熟知してますし、
簡単に犯行手口がばれるような無意味な行為はプロはしません。
(亡き三浦和義談)←アンタはぁ!どうなんじゃ!


事件発覚の時に、
ある保険関係者が
彼女が担当した保険契約を確認し、
ゾ~~ッとしたそうです。
(彼も驚く優秀なる契約数、そして、その保険金支払い状況)


やった人間は発覚を悔しがり、
檻の中では多少なりとも後悔、
又は改心するものです。
そして、必ず怯えます(刑に)。
彼女にはそれらが無かった。
憤りだけでした。
(特に名を秘す某面会人)←この人は反省も改心もしてません。


状況証拠のみ、犯罪行為の特定に至らない目撃証言、
自白なし、動機認定なし、秘密の暴露なし
犯罪行為の有無は、結果、不明ということに?
両サイドともに、もっと何らかの証明をすべきでは?
これだけで極刑というのは? 事件は明らかになっているのか?
(裁判記録に目を通しておりませんから、良くは分かりませんが)


やったのか?やらないか? まさに真相は闇の中なんですが。


どうなんでしょうか?


死刑にしませんから、やったのなら認めなさい!
本当のことを言いなさい!
……は、無理ですかねぇ?
(それだったら、やったと言いますかぁ はぁ~~)


裁判は罪を認定し、罰を決めるものでしょう…が。
木村拓哉があの映画の中でいいことを言いました。
『どうして、~~ならなかったのか? 我々は真実を知りたいのです』
司法は裁判員制度導入で混乱しているのか?


我々市民も本当のことが知りたいのです。

最後に、
被害者やその家族にとっては、
長くて苦痛の時間であったことは間違いがない。
優先すべき者は何なのか?

裁判は被害者を救済してくれない。




子供。


【告知】

658932147.jpg

まんが夜回り組長 不良少女たちの真実

石原 伸司 (著)  一川 未宇 (イラスト)  ぶんか社


歌舞伎町コミューン




あ、話は変わりますが、
同志の皆様、”結成式” 4/22 強行!
一触即発! アントラーズなんか見に行けばヤバイかもよ

これも、別の話題ですが、
“シャ●”が出ました。
…本部から、

(消えます!)




【告知】 GWに読書しませんか? おすすめ二冊!
克明に綴られた波乱万丈の過去──!
ヤクザの娘に生まれた著者の半生記。


岸和田女愚連隊
─涙の数だけ幸福に─


kishuwada.jpg

文芸社
AMAZON


忘れようにも忘れられない過去。
その中で、なんどもなんども夢に見る光景は、
幼い自分を置いて去っていく母の背中と、
その先に立っている黒いサングラスをした男の姿だった─。

ヤクザの娘として生まれ、17歳で妊娠、そして出産。
覚せい剤にも溺れて2度の離婚も経験。

本書は、著者・高橋砂織が自らの過去を赤裸々に語った回想録。
現代の悩める女性たちに送る、彼女からのエールでもある。


著者プロフィール

● 高橋砂織
NPO法人レイズジャパン副理事長。弱者に対し社会的・精神的な支援を行うと同時に、犯罪防止や再犯防止に関する啓発および知識の普及活動をし、多方面へのネットワークを広げている。
レイズジャパンホームページ


アドバイザープロフィール

● 都築新吾

DRAGON STYLE 代表。映画・出版プロデュースが主。
各種クリエイターの発掘、独自な戦略的映画製作の構築を目指す。
作品歴に、映画「天使の卵」「新宿暴力街 華火・烈華」等がある。
DRAGON STYLE Blog


・・・そして、もう一冊!



──ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)が“怪物”を生む!
ネット社会の現代に潜む、おぞましき恐怖!


あしあと

ashiato.jpg
幻冬舎
AMAZON

中高生限定のソーシャルネットワークサービス「アミィ」、
都内の私立高校へ通う高校二年生の麻美、
彼女は重要なコミュニケーションツールとして「アミィ」を活用していた。
ある日、麻美のSNSの個人ページに、
「繭」という名の「あしあと」が残されていた。
何気なく「あしあと」を踏み返す麻美、
すると、「繭」からメールが届く。
戸惑いながらも、返信をするうちに、
麻美は「繭」をトモダチ承認することになる…。

「繭」は一体、何者なのか?

…身も凍るような恐怖体験が幕を開ける。


著者プロフィール

● 草下シンヤ
作家、ジャーナリスト。裏社会やドラッグ関連の書籍には定評がある。
著作、「闇稼業人」「裏のハローワーク」 「実録ドラッグ・リポート」
「笑う英会話」 「サドゥ—小さなシヴァたち—」他
クサカラジオ・草下シンヤBLOG


GWには読書しましょう!


…そして、私。
あの「任侠塾」が単行本化され、5月30日にコアマガジンから発売予定。 ←そんだけかよっ!

………は、発売、さ、さ、されるのかな? 
こんな調子で、ま、ま、ま、間に合うのかなっ? ←仕事しろよっ!



……で、あの世界と、あの世界の両巨頭(!)の共著の構成アンカーを務めます。 ←だから何っ!
ま、いわゆる、バトルの交通整理ってヤツです(笑)。…日本文芸社から。

………で、竹書房から、新コミック雑誌が創刊されます。 ←だからっ!
(…そうです。最初は増刊扱いですが)
いつものスチャラカホイで、連載漫画の原作を書きます。いや、書かせて下さい! 書きますぅううう!

だってぇ、上の二冊が、あまりにもイイ本だったから、悔しかったんだもん! 

神峻(涙目)


歌舞伎町コミューン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。