裏の裏は、表…に出せない!
実話誌等で暴走する裏系&馬鹿系ライターが、日本最大の歓楽街・歌舞伎町から発信するグダグダな非日常的体験と裏話。そして禁断の取材メモ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤァヤァヤァ! ネオン街不況がやってくる? ←古っ!
ネオン街は不況砂漠のオアシスなのか? それとも…?
襲い来る世界不況、就職難、格差社会…、
最終的受け皿となるネオン街はどのように変化してゆくのか!



…以下、まるで歌舞伎町裏経済大学の卒論のような文章です(笑)


サブプライムローンの崩壊、グローバルな金融企業の破綻、
米国に端を発した世界恐慌は日本を直撃しようとしている。
いや、すでにその波に飲み込まれている。
犠牲になるのは弱者…、
突然の雇用停止を宣告された非正規雇用労働者たちは、
年末から年始にかけて住む場所さえ失った。

派遣社員法…、当初は特別なスキルを持ち、
実力だけで企業を渡り歩くスペシャリストのための法律であった
しかし、その法律は企業側の都合だけでいいように作りかえられた。
人件費の削減、もしもの際の雇用調整…、
その目論見どおりに企業側は突然、非情の牙を非正規労働者たちに剥いた。
世間が浮かれる年末年始に路頭に迷う人々…、
これが成熟した社会だろうか? まともな世の中だろうか? 
路頭に迷った労働者たちがホームレスのように公園のテントで暮らし、
炊き出しに並んで、スープを啜る。
一連のニュース映像は我々の価値観を一瞬にして破壊してくれた。
実にショッキングな光景だった。

しかし、その価値観さえ狂った世界がある。
…ネオン街、
夢を見続けている人間と再起を図る人間たちの吹き溜まりだ。
難しい手続きナシに住む場所も仕事もすぐにでも手に入る街だ。
いくつかの人間として大切なことをゴミ箱にさえ捨てれば、一攫千金も夢ではない街だ。


IMG_8787.jpg


不況になるたびにネオン街の構造は変化してきた。
あぶれた人間たちが流入するからである。

バブル崩壊後の就職不況と呼ばれた時代には、
頭を下げ、コネをフル活用し、やっと手に入れた
終身雇用制の正社員としての地位よりも、
気楽なフリーターを選ぶ人間が続出した。

彼らの流入に合わせてネオン街もカメレオンのように変化した。
堅苦しい高級クラブは素人でも気楽に勤務できるキャバクラへ…、
昔ながらの軍隊式のホストクラブは友だちノリのホストパブに…。
人生の悲哀を背負った風俗は、
『だって彼氏にすることでしょ?』
…とライトな風俗に生まれ変わった。

夜の世界で一番、ディープな暴力社会も、
準構成員、企業舎弟…、
闇社会の厳しい掟から逃れる気楽な犯罪予備軍を作り上げた。

ところが、短期間勝負のつもりのネオン街は、実に流されやすい街だ。
前述の通りにプライドや道徳観さえドブに捨てれば、
ペテンが利いて、処世術に長けている人間ほど
一攫千金に近づける世界であるのがネオン街だ。
いつしか、ぬるま湯に浸り切ったような夜の世界から、
抜け出せなくなっている自分に気が付くのである。

ネオン街には世の中の流れは遅れて登場する。
事実、バブル崩壊の直接の影響は、
数年後にネオン街にもたらされたのである。
銀行の不良債権が建設会社を襲い、その下請けを襲う。
末端のビジネス戦士たちが減給され、リストラされるのはバブル崩壊の数年後だった。

その波が再びネオン街を変身させる。


ネオン街は柔軟な思考を持った街だ。
世の中の流れなぞ、まったく理解していなくとも、
自らの姿を巧みに変化させる。
環境に応じて突然変異するウィルスのような存在だ。

ネオン街浄化の特効薬が投薬されるたびに、
ネオン街と闇の住人たちは薬物耐性を身に付けるように変化していった。
時には闇の奥底で息を潜ませる。

その最も分かりやすい例が、
ネオン街の闇の王者である暴力社会である。
闇社会は過渡期にあるといわれる。
暴対法、組織犯罪処罰法…、
彼らを駆逐するためだけに施行された法律が対処療法の様に投下されたが、
闇社会は巧みに逃げ道を作り上げ、
法律の隙間を縫うように拡散してゆき、
時にはその姿すら変え、闇に潜ろうとする。
ネオン街を還流する巨額のアングラマネー…、
それらが最終的に到達する場所は彼らの懐でもある。

夢を見続けている人間、再起を図ろうとしている人間…、
ネオン街はウイルスの培養皿である。
繁殖しやすい温度と湿度、充分な栄養のもと、住人たちは増殖していった。


しかし、突然に、そのぬるま湯のような環境が歪められてしまったら……。

彼らはどのように変化してゆくのであろうか? 
…ちなみに、生物科学的に言えば、
適正な環境を剥奪されたウイルスはその毒性を限界にまで強めるのである。


(C)SHINSHUN 超格差社会の真実(宙出版) コラムより


PS:

のどかな土曜日の午後、
スタジオアルタがある新宿駅東口のステーションスクエア、
NPOの有志たちが、職を失った派遣社員たちへの
炊き出しと就職相談窓口を設けていた。
真剣な顔で、相談する人たち。
湯気のする炊き出しのお椀に目を細める人たち
誰もが疲れ切った表情をしていた。
相談する側も、される側も…。
これが今の日本だ。

しばらく眺めていると、あることに気が付いた。
それは歌舞伎町の日常的な光景でもあった。
すぐ横で、行きかう女性たちに声を掛ける男性たちが…、
彼らはお水関係のスカウトだ。
アルタ横から歌舞伎町へ抜ける道は
かつてスカウト通りと呼ばれていた。
『昼キャバもあるよ』
『え~~~、昼でもいいの?』
『日払いも出来るよ』
『寮は?』
『あるよ!』
声をかける側も、かけられる側も、すこぶる元気だ。

不謹慎な発言極まりないかもしれないが、
彼らの就職相談の方が確実で親身なのかもしれない。

複雑ではあったが、
逞しさを感じた。
元気を感じた。

…それが歌舞伎町だ。
少し、嬉しくもあった。


そんな光景を目にした。



IMG_8817.jpg


……ネオン街不況がやってくる?
負けるな! 歌舞伎町!


銀座は歌舞伎町より大変らしい。
企業の接待費縮減の影響がモロ。
プライベートな金が落ちる分、歌舞伎町は何とか…。



(C) SHINSHUN


IMG_2786.jpg

ありがとうコマ劇場、いつか又、会おう!




2722.jpg
超格差社会の真実

宙出版刊 発売日:2009年2月24日(火) 定価:480円(税込)


派遣社員、風俗嬢、ニート、破産者、逃亡者、犯罪者、ヤングホームレス・・・。
本当にあった不幸な話!!

●現在急増中!「ヤングホームレス」の実態を探る
●派遣社員間に存在する賃金格差の実態
●実録・ネオン街の格差社会
●金融危機下におけるトレーダーの格差
●日本で働く外国人労働者たちの格差
●歌舞伎町VS西成 東西暗黒街対決
●格差社会が生み出した日雇い犯罪者の実態
●勝ち組オタクの錬金術
●東京最下層スポットで飲む打つ買う!


歌舞伎町コミューン


スポンサーサイト
テレビとラジオ…、電波クン。
我々、紙媒体の(お前は怪しいだろっ!)人間が、
どう逆立ちしても叶わないのが、電波な人たち。


と、いうわけで、画像付き(テレビ)と画像なし(ラジオ)の話をしま~~~~す。

画像付き電波(テレビ)は某赤坂のテレビ局のゴールデン。
…赤坂サカスっ!←なんじゃこのネーミング。
”超歌舞伎町”みたいなものか? ←違うし。


歌舞伎町の番組を撮りたいと(笑)


…で、いくつかのコンテンツを放送することにはなるのだが、
私の過去ブログにもある、あの極道御用達の床屋さん。

その床屋さん、御用達といっても、極道さんが経営しているわけでもなく、
極道さんだけの会員制でもない。

歌舞伎町のど真ん中にあるので、客筋がそうなってしまっただけの健全なお店。
いまだにパンチパーマだの、角刈りだの、怪しげな昭和の臭いがムンムンしている。

どうしてもやりたいとディレクターさんが話す。

え? このディレクターW氏、何を考えておるんだろ? 

……やりましょう。
ぎゃはははは!

私はこんなノリが大好きなのである。


以前、取材したこともあり、
迷惑な来訪者の迷惑な依頼に、店主は渋々と承諾。
『宣伝になりまっせっ!』…と、歌舞伎町馬鹿ライター。
『……ならんでしょ?』と、相変わらず達観した店主。

…と、いうわけで、特に場所と名を秘して撮影はゲリラで敢行!

『お客さんにはどう話せば?』と店主。
『その場でお願いしちゃいましょう!』と馬鹿ライター。
『誰が?』と聞く店主、
店主を指差す馬鹿ライター。
ぎゃはははははは!

ゴールデンということもあり、「極道」はマズイだろ!
…というわけで、制作会議が某赤坂では繰り返されました。
その結果、出された、何気ない一言。
『アニキが来る床屋』
そ、そ、それだぁ!

…あ、あ、アニキって!
ぎゃははははは!


凄いなぁTBS! ←あっ!


というわけで、放送を敢行。
高視聴率でした(爆っ!)
しかも、何の問題もなしっ!

その放送時(私は都内某所でトークライブ中)
・・・の、当ブログのアクセス解析、
もちろん、プチ炎上していることは言うまでもないが、
その検索キーワードに大爆笑!
『アニキ』、『床屋』、『歌舞伎町』
この3文字ばかり!
ぎゃはははははははは!
こりゃ、すんげぇ!


担当のYプロデューサー(この人バラエティのとんでもないエライ人らしい)が、
是非とも、打ち上げに来て欲しいとのこと。
おっ! 行きましょう!


……完全に、私のための打ち上げでした。


そのPさんの友人家庭で幼い子供と母親の会話。
『ママ? アニキって誰?』
『……怖いアニキよ』
ぎゃははははははは!

楽しい飲み会でした。



ところで、放送の翌日に某放送作家が電話してきた。

『昨日のアレ、神峻さんでしょ?』
『……ああ』
『相変わらずムチャしますね』
『……誰が?』 (だから俺じゃないって!WさんとYさんだって!)

『腹を抱えて、笑わせてもらいました。…あれ、出ていたの本物の“アニキ”ですか?』
『もちろん』
『やっぱムチャやん!ぎゃははははは!』 ←だから、床屋さんがだって!


(いつか、手前ぇの番組でもやってやるっ!)

(そろそろ時効だから言いますけど、某深夜番組にヤクザの大親分を実名肩書き付きで出演させ、
警察批判を喋らせたあげく、その直後に民放連の申し合わせ(暴力団報道に関して)を変更させたのは…私らしい(?…他は誰も取り上げてはいないそうで・笑)です。しかも、テキ屋の大親分と、戦後愚連隊の生き残りも同時出演させていました。…よく出たな。爆!)



……アニキ、床屋、アニキ、床屋、アニキ、床屋、歌舞伎町。
(次は何をやらかそうっ!)





で、画像なし電波(ラジオ)の話。

昨日(3月27日)、徹夜明けで原稿を終えた私は、
某俳優のOさんのお迎えで立川へ、
FM立川という都内立川を中心としたFM局だ。
トークゲストとしてお呼ばれだ。

『明朗とK子のトークルーム』
地域密着の人気ラジオ番組らしい。
昼間の1時から4時のぶち抜き番組。
…と、いうことは主婦向け? ←なんと短絡的なんだろ、ワシ。
家事を一段落して、旦那と子供が居ない幸せな時間帯に、
煎餅でもボリボリしながら聴いているのでしょうか? ←だから、お前ぇなぁ!

なのに?
なんで?

・・・ワシ?

前述のように裏方で関わることはあれども、
出てくれ? なんで? ワシ?
ええのかっ! 
先のゴールデンってのにも、驚かされましたが、
た、た、太陽が出ている時間帯ですぞっ!


実は某新聞社本社ビルの窓際にいる友人記者T氏の依頼なのだ。
話すと面白い、調子に乗り、ギリギリまで喋る。
…しかも、お馬鹿と紹介されておった。 ←あのなぁ。

というわけで、お馬鹿は調子に乗ってお出かけしました。
恥ずかしいのと原稿に追われていて告知は出来ませんでした(スマンっ!)

(何で、出たがらない私が、イイッすよっ!…と、快く出たかと言うと、
立川の隣町に晴美ちゃんが住んでいるからだ) ←何じゃそりゃ!

DJのお二方は当ブログを読んでいただいていたようで…。
(↑当たり前だろっ!行き当たりばったりのお前じゃねぇんだからよっ! 不審者だしっ!)

取材対象の皆様や業界、事件の裏話を話すよりも
私の職業体験談が主体でした。
怒られた話、やらかした話、やっぱり、…お馬鹿。
もちろん制御バージョンで(笑)

時間延長して40分くらい喋っておりましたね。
お調子者ですから(フンっ!)
合間にCMや曲が入るのですが、

ゲストのリクエスト曲として、
取材対象の皆様に捧ぐ、往年の昭和歌謡を!
伊東ゆかりの 「小指の想い出」 ←おいっ!

……そういうわけにもいきませんので、
(打ち合わせで却下。ぎゃははは)

イーグルスのアルバム「ホテルカリフォルニア」の中から「駆け足の人生」を。
直訳すると“追い越し車線の人生”なのですが、
ゴールをひたすら目指す、太く短い追い越し車線の人たちは、
実際には追い越し車線から降りたがって苦悩しているのだ…という意味深な曲ですね。
バリバリのギターの掛け合いが聴ける名曲です。ロックだぜっ!「


“アニキ”たちの素直な心境でしょうか? ←お前もだろっ!

4554545412.jpg

実に楽しかったですよ。
DJのおふたりのリードと乗せ方(お馬鹿への)がウマイっ!


で、ブログの解析はこうなっておりました。
出演時間は15時からでした。

うぉおおおおおおお!スゲエぞっ!FM立川っ!
感動したぜぇ! 増加したのは放送エリアからのアクセスでした。
~~~スンゲぇ!

ac0327.jpg



PS:

某赤坂のYさん、Wさん、Bさん、
なぜなんだか、私に興味を持たれて(?)打ち上げに乱入された報道Tさん。
↑結局、さまざまな事件の裏側に詳しいこの人と盛り上がる。
有難うございました。

明朗さん、k子さん。
スンゲェ!・・・有難うございました。
私が次に引っ越す時は立川です!
(隣町は避けよう。…タカられるから)

某新聞社の本社ビル窓際にいるTさん、
運転手状態の俳優Oさん、
有難うございました。

「歌舞伎町」「床屋」の皆さん、
そして「アニキ」!
有難うございました。

皆さん、完全なる電波クンですわ。 ←お前もな!


……アニキ、床屋、アニキ、床屋、アニキ、床屋、歌舞伎町。
スんゲェ~~~っ!




歌舞伎町コミューン


PS:

前述の某新聞社本社ビルの窓際に座る友人記者がメールしてきた。
『某新聞本社ビル窓際のTです』
おっ? 自己紹介か? ←読んでるんだよっ!嫌味だよっ!

先日、その本社ビル近くの世界最大の魚市場で、
俳優Oさんと彼を誘って海鮮丼!
彼は深刻な表情で悩みを打ち明ける。
『最近、胃がシクシクするんです。……胃癌かも?』
(ぶふふふふ)
Oさんは素知らぬ顔でニコニコと海鮮丼に夢中。
彼の顔色は真っ青、Oさんを諦めて、
なぐさめて欲しいような眼で私を見る。
(う…、こ、こ、こんな時、ど、どういえばイイのか…な?)
沈黙が続く。
私は口を開いた。
『海鮮丼に醤油かけすぎ!…胃癌になるよ』
(ぎゃはははは)

こうして彼のお悩み相談は終了した。
友人は大切にしましょうネ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。