裏の裏は、表…に出せない!
実話誌等で暴走する裏系&馬鹿系ライターが、日本最大の歓楽街・歌舞伎町から発信するグダグダな非日常的体験と裏話。そして禁断の取材メモ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんなヤクザ見たことが無い!~伝説の侠・唐田知明、破天荒アウトロー伝!~ ①
“あの野郎、仁義もクソもない!やつは狂っている!“ 唐田が行く場所は火の粉が舞う!

某誌に発表した記事ですが、
あまりにもムチャな人物なので、
ブログに掲載します。


こんなヤクザ見たことが無い!
~伝説の侠・唐田知明、破天荒アウトロー伝!~


nichokenju_1.jpg


世間の常識や人間が作り上げし枠に収まりきれない漢がいる。
己の才覚と力だけでのし上ってゆくアウトローの世界でさえ、
時として稀代の風雲児、異端児、破天荒ともと呼ぶべき漢が現れる。

唐田知明もそんな漢のひとりである。
いくつもの驚くべき伝説を持つ唐田は、
その特異なる個性、喧嘩の鮮やかさ、
何よりもムチャクチャとも言える破天荒さ…、
まさに任侠の世界に咲いた仇花。
現在の温和な人柄からは想像も出来ない。
それは、まさに悪鬼とも呼ぶべき戦闘神から
守護神へと変貌を遂げた阿修羅王のような存在であるからなのか? 
そんな唐田知明の強烈なる伝説に迫る!



アントニオ猪木・拉致監禁事件、今だから明かせる真実!


「何ぃ!やったのは、あの唐田かぁ!」 

裏社会の誰もが驚きを隠そうとしなかった。
昭和57年2月27日、当時人気絶頂のプロレス界の雄・アントニオ猪木が拉致監禁された。
ニュースはマスコミに大きく取り上げられ、格闘界の闇を浮き彫りにした。
事件の首謀者とされたのが、多くのヒット作を持つ劇画原作者で、
格闘界に絶大な影響力を持つ梶原一騎であった。

しかし、不思議なことがある。
梶原がいかに強面(こわもて)であろうと、
鍛え上げられた強靭な肉体を持つアントニオ猪木が、
簡単に拉致され、そのまま無抵抗で監禁されるなんてことがあるのだろうか? 

報道関係者は何か得体の知れない者の関与を噂した。
憶測が乱れ飛んだ。
猪木を恐れさせた羅刹…、
その正体は梶原と親交を持つ唐田知明だった。


「週刊文春が犯人は二丁拳銃の唐田だと暴露してくれましてねぇ…。
タイガーマスク(梶原劇画を現実化した選手)の版権トラブルとか言われているがそうじゃない。
発端は猪木と水谷征夫(沖縄松林流空手東海支部長)が
フルコンタクト空手の新流派「寛水流」を立ち上げて世界一だとぶち上げたことだ。
その披露宴に駆け付けたファイティング原田
(日本人初の世界フライ級・バンタム級2階級制覇の名ボクサー)
に対して壇上から『勝負してやる!』と挑発。
祝儀を包んで駆け付けている客に対して
行儀の悪い奴だと私は憤慨していました。
それが耳に入っているのかどうか?
安藤昇(元・東興業、安藤組組長)に相談しているという噂も聞いた」


猪木による異種格闘技戦が人気を博し、
新日本プロレスが全盛を迎えていた頃だった。
唐田は抗議の電話を水谷に入れた。
水谷は唐田に対してヤクザを差し向けた。
現在、日本の最大組織の中核となっている武闘派組織であった。

nanbu.jpg


「ヤクザ?俺もヤクザだ。
あんたらは格闘技の話をしたいのか?
ヤクザの話をしたいのか?
そう言って追い返したが、私は激怒していた。
奴らは梶原たちの電話にも無視を決め込んでおり、
それを聞いた私は『チャカを頭に突きつけて山に埋めてしまえ!』と。
私は新日本プロレスが興行を行なっていた大阪体育館に乗り込んだ。
ふたりはいなかったが新間寿(新日本プロレス専務取締役・当時)が
藤波辰爾や坂口征二たちといた。
裏で糸を引いているのは新間に違いない。
そう思った私は藤波や坂口にその場を動くなと言って新間を車に押し込んだ」


唐田は新間寿を梶原一騎と添野義二(世界空手連盟・士道館館長)の前に突き出し暴行を加えた。その後、ホテルに戻った猪木を拉致させると
そのまま大阪リーガロイヤルホテルの一室に監禁してしまう。


「このままじゃ仕方ないから殺してしまうか? 
私は若い衆に道具を持って駆けつけるように電話した。
その時、猪木が『新間、逃げろ!』と叫んで逃げ出した。
私は追いかけましたが、
良く考えれば投げ飛ばされるのはこっち。
新間だけが可哀想にその場に残された(笑)」


新間寿は一晩中涙ながらの謝罪と命乞いを繰り返した。
そこまでされては梶原と添野の顔が立たないと判断した唐田は新間を開放した。
唐田の狂気に震え上がったアントニオ猪木と新間寿は、
柳川次郎(殺しの軍団・元柳川組組長)に解決を依頼した。


「相手が柳川次郎でも、私は首を縦に振らなかった。
…で、窮地に陥った新間が全てを警察にタレ込んで
事件は白日の下に晒されたたと言うわけですよ。
まぁ、あれはやり過ぎたな(笑)
…そんな事件だ」


(つづく)
こんなヤクザ見たことが無い!~伝説の侠・唐田知明、破天荒アウトロー伝!~ ②

(C) SHINSHUN / A・TSUKAHARA

kabukicho-com01

情報サイト・歌舞伎町コミューン



スポンサーサイト
こんなヤクザ見たことが無い!~伝説の侠・唐田知明、破天荒アウトロー伝!~ ②
本記事の前編 
こんなヤクザ見たことが無い!~伝説の侠・唐田知明、破天荒アウトロー伝!~ ①



”理由(わけ)?そんなもんあるかい!知りたきゃ手前ぇで考えろ!
いきなり相手の頭に二丁拳銃を突きつける!それだけで全てが終わった。”



唐田知明という漢!その強烈な生き様、

唐田知明の破天荒さと強烈な生き様を育んだのは、
九州という荒ぶる地で過ごした少年時代が原点である。
唐田は天草列島の牛深という小さな漁港で育った。
昭和26年の熊本日日新聞に唐田少年の最初の事件が掲載されている。
登校拒否児童や非行少年を集めた唐田は「山の学校」と称して山小屋に立てこもり、
そこを中心に集団で悪事を重ねていった。
その事件報道の翌年に唐田は関西の知人を頼って郷里を出たのである。

IMG_0137333.jpg


「子供の頃の私は、悪を裁く裁判官か
正義を守る新聞記者になりたかったんですが、
裁かれる側や新聞に書かれる側になってしまいました。
いつしか前科二十数犯ですね。 
京都に落ち着いた私は兄貴分・岡田龍之介との縁で、
戦後の愚連隊を発祥とし、日本の裏面史にまで関わることになる東声会に所属しました。
京都というのは複雑な事情を抱えた閉鎖的な土地で、
私はある愚連隊の親玉を殺めて最初の刑を受けることになります」


地元組織の話し合いで唐田は所払いになった。
唐田を京都に入れるな。
唐田を見たら首を獲れ。
命を狙われても唐田は京都に居続けた。
唐田の腹にはコルトとブローニング…、
のちの異名となる二丁拳銃が差し込まれていた。
そんな時に事件は起きる。


”唐田に絶対に寝首をかかれますよ。
あの疫病神はヤクザの何たるかなんて分かっちゃいない!”


nichokenju _2


二代目柳川組・谷川康太郎…、喰いちぎった小指。


「柳川組が京都に侵攻し北陸をも制覇せんとしていた頃です。
のちの二代目柳川組組長・谷川康太郎の舎弟、
“若”こと出口勇が私を訪ねてきました。
『谷川の兄貴が祇園のクラブに行くので一緒にボディガードをしてくれないか?』と言う。
私は快諾し店のカウンターで見守っていると、
我々のもとへ不審な二人の男が近づいて来ました。
『お前ら、どこの者じゃ!』
思わず若が怒鳴ります。
『文句あるんか!』 
男たちに言葉を返されたことで、
激昂した若が懐の拳銃を抜いたのです。
ところが男たちは店の板前、
大慌てでクラブの専務と支配人が飛んできました。
若は店の不始末をなじり
『今日から柳川組が面倒を見る!』と宣言しました。
責任者のふざけるなと言う横柄な態度に
再び頭に血を昇らせた若は引き金に指を掛けました。
『やばい!』
私は思わず若に飛びつき弾丸は外れました。
狙われた二人は恐怖の余りに谷川組長の席へ逃げ込みます。
『おどれらぁ!何をしとるんじゃ!』
谷川康太郎は若の拳銃を奪うと銃床で我々を殴りつけました。
私はその場を収めるために目の前で小指を噛み千切り、
谷川康太郎へ投げ渡したんです。
『わりゃ、舐めとんのか!』
谷川は激怒しました。
『どうすりゃいいんだぁ!』
私は思わず店を飛び出し自宅へ拳銃を取りに戻りました。
現場に戻るとすでに誰もいません。
翌朝、兄弟分を庇っての行為だと知った谷川康太郎から見舞金が届きました。
絶縁・所払いの時にこんな事件を起こすなんてねぇ(笑)
若こと出口勇はその数年後に拳銃で頭を撃ち抜いて自殺しました」


京都を統べる組織の首領・高山登久太郎が言った。
「お前を所払いにしなけりゃ顔が立たない」 
その言葉を受けた疫病神は京都から追放された。

その後、上京した唐田は東京を地盤として
九州から北海道まで全国を股に掛けて活動することになる。
多くの侠たちと出会う。
安藤昇、人斬り五郎こと藤田五郎、
十代で新宿を席巻した伝説の少年愚連隊・三木恢…、

そうした伝説の侠たちとの逸話も多い。
拳銃が無いからと警察官に「拳銃を出せ!」と交番に飛び込む。
棺の中の兄弟分の亡骸を抱き起して復讐を誓う…。

唐田知明の破天荒なエピソードには枚挙がない。
ページ数の関係で他の伝説は別の機会にさせて頂くが、
最後に現在の唐田氏が思い描く夢を訊ねてみた。


IMG_6377333.jpg


唐田知明の夢

「私には夢があります。
ヤクザの世界で死刑宣告にも等しい絶縁や破門を4回も5回も受け、
その都度、復帰してきた男は私の他にはいないんじゃないですか? 
人間、どんな世界でもやり直しは出来るんです。
今、イジメや自殺が問題ですよね。
私には3人の娘がおります。
女房の連れ子ですが私は彼女たちを育て上げました。
そりゃ反抗されたこともあります。
それでもひたすら愛情を注ぎました。
今では、お父さん、お父さんと慕ってくれます。
こんなヤクザな親父なんですがねぇ…。
今の若者たちに何が必要なのか、
ヤクザな人生だったからこそ知っているんです。
私はその全てを説いて回りたいと思ってます」


破天荒なる侠道、
任侠の仇花、
ムチャクチャな修羅を経験したからこそ悟り得た
唐田知明はそう話す。

今後はその全てを若者たちに伝えてゆきたい。
破壊神であった阿修羅が仏陀の慈愛に触れて守護神・天部に転じたように……。
唐田知明の伝説の第二章は、今、始まろうとしているのかもしれない。


(敬称一部略・組織名役職名は当時のまま)

nichokenju_3.jpg

(C) SHINSHUN / A・TSUKAHARA



この親父…、こんなもんじゃありません。
出し惜しみしたところで、…と言うわけで、
書籍・映像化しませんか?(ニヤッ!)

追記!

祝! ドキュメンタリーDVD化決定!

実録プロジェクト893
昭和破天荒アウトロー伝
二丁拳銃・唐田知明!

09年秋、GPミュージアムより発売・レンタル開始!


kabukicho-com01

情報サイト・歌舞伎町コミューン
あな恐ろしや…、喧嘩必勝術・不二流体術!
入り中…、つまりは鋭意取材中ってことですね。
私が、まだ知られていない事件とあの騒動以外に、
目下 追いかけているのは……これ。。。。

最強の喧嘩術…、不二流体術!


ウチの近所の中野・神明氷川神社で奉納演武が行なわれたので、
……出かけてみた。本職のカメラマンも呼んでみたが、これはワシの撮影写真(笑)

不二流003
~不二流体術・第三代宗家・大嶋竜太郎氏~


初代宗家は「武人」古賀不二人、
第二代宗家は「アフガンのサムライ」田中光四郎、
そして、「六本木の不良外人キラー」(あ?これはバラしてはいけなかったのか?…笑)
……第三代宗家・大嶋竜太郎
(これが実に絵になる!大和男児!)

初代が上泉伊勢守(信綱)…、田中先生は柳生宋厳(石舟斎)。
…ならば、大嶋氏は宮本武蔵か柳生十兵衛だな。
ストイックな若き武芸者。うん、間違いない!
武人、サムライ…、そして武辺者。

ところで奉納演武には子供たちの試技も……。
ガキが次々と杉板を割りよる…。ヒィェ~~~~!

不二流001
~ ワシはこの子と喧嘩したら、確実に負けるな・・・、うん、負ける ~



絶対に負ける……(泣)


…こ、こ、こんな奴らに。……ワシは絶対に負ける。 。。な、な、情け無い。。。
不二流002
ヒェェ~~~~!ワシに近づかないでくれぇ~~~!
(ワシは子供と犬だけには妙になつかれるんだな…。女はぁ!)


まだまだ、日本も捨てたもんじゃねぇぜ! なっ! ガキども!
未来はお前らに託した!
(ちょっと心配だが…)



…ところで、大嶋宗家…、
一瞬の動きに連写が追いつかないんですけど。

不二流004


……まぁ、いいかぁ(笑) しばらく追いかけますから。
乞う…ご期待ってことで!


不二流体術・公式ホームページ


(C) SHINSHUN

追記: 大嶋宗家の総本部道場は九州博多(正確には東区)です。
私が脚本スタッフ参加したVシネマの九州ロケにも陣中見舞いに来ていただきました。
役者さん、スタッフとの記念写真…、有難うございました。

その一部を晒しま~~す。

km.jpg
大嶋宗家と任侠劇画家・村上和彦氏

監督・製作総指揮は村上和彦氏。
最近は冗談がお好きなようで…。
私とのこんなやり取りがお気に入りのご様子。
(イメージを損なっておる)
村上劇画プロ・プロモーションサイト

村上「神峻、この原稿を書いとけ!」
神峻「先生!俺は先生のペットでも番犬でもないんですからね!」
村上「な、何ぃいいい~~~!」
神峻「……あ、あ、忠犬です! ハチって呼んでください。…へへへ」
村上「ハチ!」
神峻「……ワン!」
(一日に三回はやってるな)

so.jpg
大嶋宗家と俳優・小野進也氏

小野進也氏はあの伝説の実写版・ワイルドセブン(望月三樹也原作)の主演俳優。
私の当時のマイブ~~ム番組だった。
その幼き田舎少年のはかなき夢とイメージを粉々に破壊してくれた悪い人だ。
夜な夜な渋谷区や中野区のファミレスで、
私と密談(悪巧み&芸能界噂話…声が大きすぎる)をしておる。
先日も某ファミレスで駐車料金を6000円請求された。
(何時間おんねん!)
食べた金額の倍なんて…。
早速、メールで抗議するも、店舗を間違えて赤っ恥(泣)
俳優・小野進也公式サイト

up.jpg
大嶋宗家とコント・ゆ~とぴあのピース氏

私の天敵でもある愚兄、師匠でもあり人生の反面教師でもある、
(ある意味で恐ろしい人物だ)のピース氏。
今度、ブログで過去の大笑いを暴露してやろうと思っている。
純粋かつ真っ正直な馬鹿です。
この人物だけには頭が上がりません。
(でも、絶対に下げない)
この作品にはオカマのママ役(しかも腰痛持ち)の役を天才的に熱演。
『ほ~~ら、腰の調子もバッチリよ!』
やると思ったんだ。往年の『よろしくネっ!』
監督…『誰だ笑ったのわっ!』
……私でした。


まぁ、その作品も製品ベースに乗ったら報告しますけど(笑)
大嶋宗家の修行シーンも作品には軽~く登場するはずです。
(おそらく、たぶん、もしかして…)
「友情出演」「特別出演」ってヤツです。



大嶋宗家、こんな調子ですから、
いい記事は期待しないで下さい(笑)


最近、小野サンと有名ラーメン屋巡りをしておりますが、
本当は僕、チキンラーメンが好きなんです。



(C) SHINSHUN



2565.jpg
実録 格差社会の真実2
宙出版
発売日 2008年8月30日(土)
定価 480円(税込)

kabukicho-com01

情報サイト・歌舞伎町コミューン





不二流体術の記事が完成しました。


実話マッドマックス 08年12月7日発売号

fuiji01.jpg
(実に迷惑なタイトルだな! 申し訳ない! そういう雑誌なんです)

fuji02.jpg

fuji03.jpg

(C) SHINSHUN / T.MORI / コアマガジン

不二流体術・公式ホームページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。