裏の裏は、表…に出せない!
実話誌等で暴走する裏系&馬鹿系ライターが、日本最大の歓楽街・歌舞伎町から発信するグダグダな非日常的体験と裏話。そして禁断の取材メモ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【告知】 渡辺克巳写真展のお知らせ
渡辺克巳1965-2005写真展

watanabeshasin2.jpg



2008年2月9日~4月20日


60~70年代の新宿を撮った、流しの写真屋、
渡辺克巳の日本で初めての回顧写真展を開催!
入れ墨の男、優しい表情のゲイ、得意顔の夜の女性たち、
未公開写真1000点を一挙公開。



watanabashasin1.jpg



お問い合わせ
ワタリウム美術館
東京都渋谷区神宮前3-7-6
Tel:03-3402-3001
http://www.watarium.co.jp/exhibition/under.html


関連イベント詳細→タカザワケンジ
↑一年間に渡り、渡辺克巳を熱く連載した人物です


※…当ブログ「渡辺克巳」関連記事

1000点以上の作品を千円で見れる。一枚1円以下!
しかも、それは会期中は何回でも入場できるパスポート料金なのだ。


見といて損は無いよ! BY 神峻


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


タカザワケンジ氏のオープニングレセプションレポート

アルカリブログ
スポンサーサイト
詐欺師たちの未来予想図
詐欺、ヤミ金、架空請求… これが新手口!
進化し続けるアンダーグランドの守銭奴たち



オレオレ詐欺や架空請求に虚偽名義などで取得された携帯電話が使用されていることは誰でも知っているだろう。
NTTが驚くべき発表をした。
ボイスワープ転送サービスというものがある。
不在の際に外部の指定電話に自動的に転送するというサービスである。
このサービスの多くの虚偽契約が発覚したのである。

契約者の知らないうちに自宅の電話が何者かに転送されていたのである。
転送先の電話を呼び出さず(つまり着信音を鳴らすことなく)
ダイレクト転送するというサービスもあり、
これだと発信者に転送を悟られることもない。
それらはリーモートコントロールで外部から操作が出来るものだ。


この事件は電話が掛かってこないと不審に思った利用者から発覚した。

よくある事故系の振り込め詐欺の手口ならば、
あらためて自宅の電話に確認と称して掛け直してもらい、
転送で受け取り会話をする。
これならば真実味が増すことであろう。

NTTでは事件の報告を受け、全ての転送契約者の確認を急いでいる。 
過去には海外のサーバーを通して相手の電話に指定した電話番号を表示させる
といった手口も発覚したこともあり、
こうしたサービスを抜け目なく利用するのが詐欺集団なのである。



大学生を狙ったベンチャー起業詐欺!
団塊の世代を狙う定年起業の前哨戦なのか?



あるヤミ金融グループに属していた人物は、
正月になるとマンション巡りをさせられたそうである。
目的は年賀状、
郵便物が溜まっているようなポストにあらかじめ目を付けておき、
配達された年賀状から個人情報を読み取るのである。
親、親戚、両親、交友関係など一度に大量に配達される年賀状は宝の山だそうだ。
個人情報が揃えば他人に摩り替わることも出来る。
彼はそう言って笑った。

最近、日本の最高学府と呼ばれる国立大学などを舞台にした詐欺が横行している。
ベンチャー起業詐欺である。
ある大学の広報はこう言って頭を抱えた。

『世間を知らないというか、コロッと騙されるんですよ。最近の学生は人間力というものが欠如しており、簡単に他人を信じたり、誉めそやす人物をいい人間だと誤解したりするんです。大学側もベンチャー企業などの立ち上げを奨励しているのもありますがねぇ・・・』

理工系の学生や研究員が多いと言う。
国立大学が独立法人化されたこともあり、
今までは周囲を気にせず研究に没頭していたのが、
自分の研究は社会に寄与できるのか?と将来が不安になってゆく。
そこに詐欺師が付け入り、学生企業家という甘い人参を鼻先にぶら下げるのである。
そういう人間を数人集めて起業話で出資金を騙し取るのである。
被害者が詐欺話を信じ込み、
さらなる被害者を呼び集めた事例も多いそうだ。

DSCF4190.jpg

~某国立大学の掲示板の注意呼びかけ~



狙うのは、もちろん…女、子供、年寄り!


団塊の世代が大量退職してゆく。
彼らによる定年起業や退職金利殖というのがブームとなると予測される。
第二の人生を同様の手口で狙うという事件が多発することだろう。

あと数ヶ月もすると、
さらに進化した手口の事件報道が
世間を騒がせているのは間違いない。



(C) SHINSHUN
歌舞伎町、その風俗利権
歌舞伎町で隆盛を誇っていた風俗産業は見る影も無い。

浄化作戦は歌舞伎町の地場産業とも言える風俗業種を大きな標的としたからである。
歌舞伎町浄化作戦に先駆けること02年2月に一軒の有名風俗店が摘発されていた。
風営法の保護対象施設周辺での営業禁止違反であった。

都立大久保病院に隣接した同店の摘発は同業者にショックを与えた。
それまでは禁止区域内営業での摘発はなかったからだ。
ザル法は突然に牙を剥き始めた。
外堀を埋めるように次々と風俗営業関連の法律が改正され条例が設けられた。
そして03年4月歌舞伎町浄化作戦がスタートしたのである。

ある風俗業店主はこう話す。

『店は歌舞伎町交番の至近距離にあったが何年間も黙認されてきた。…ある噂もある。その店が入居していたビルはあるヤクザの親分の持ちビルだった。その親分が亡くなった途端の摘発だと。あの店の摘発が風俗浄化の最初の狼煙だろう。歌舞伎町はダメだと他のネオン街や地方都市へ撤退する店が多かった』

歌舞伎町では都立大久保病院と区役所内の中央図書館分室が保護対象施設となっている。
この二ヶ所で歌舞伎町の風俗街の大部分を禁止区域とすることが出来た。
この条項を盛り込む前の許可店だけが既得権を持つ店として生き残りを約束された。
他の風俗店は浄化作戦で壊滅した。

それでは、この街の風俗利権は消えてしまったのか? 
実は禁止や規制することによって新たな風俗利権が生まれていたのである。
その利権に介在する裏ブローカーたちが歌舞伎町には存在している。

現在の歌舞伎町で堂々と風俗利権を貪るには
既得権を持つ店舗の営業権を手に入れるしかない。
既得権を持つ性風俗店舗はヘルスなら一億円、
ープなら三億円という裏譲渡価格が存在している。

その価格は歌舞伎町浄化作戦が進行するたびに跳ね上がっていったのである。


ネオン街独特の裏不動産ルールもこの街には存在している。
社交業界で二毛作と呼ばれる手法である。
正規許可店の営業が終了した後に店を借りて無届営業をするのである。

このシステムに喜んだのが一攫千金を狙う外国人や若い経営者たちであった。
わざわざ風俗営業を許可申請しなくとも、
営業委託という形で経営することが出来るからである。

歌舞伎町の成功者の中にはこの裏システムを利用して基盤を築いた者は多い。


歌舞伎町にはゲリラともいえる裏業者も存在している。
ぼったくり店やギャンブル店の経営者たちである。
彼らは摘発逃れで店舗を定期的に移動する必要がある。
そこにも裏ブローカーが介在する。
長くて半年、短くても数ヶ月の営業期間に合わせた賃料システムを彼らは作り上げた。

保証金や敷金を安くし毎月の賃料を高くする。
彼らは目立たない店舗を希望する。

ようするに商売に不向きな物件が彼らにとっては都合が良いのである。
不人気な物件を抱えるビルオーナーと利害が一致したのである。


法律の隙間を縫うように、時には捻じ曲げて、
歌舞伎町の新たな風俗利権を手にしている男たちが、
たしかに歌舞伎町には存在している。


(C)SHINSHUN
実は……、辞書機能
実は…、私のパソコンの変換辞書には、
全国の難解な組織名表記、親分幹部の難解な稼業名が、
見事なくらいに、辞書登録されております。

「や」と打てば、なぜか「六………組」とあの組織名が、
代目付きの正式名で出てきます。
もちろん変換第一候補です。

「い」と打てば、あの組名が、
「す」と打てば、あの組名が…、「…会…一家」まで。

代目継承した場合には、
登録しなおします。


個人名だと「役職付き」で出てきます。
こちらは二文字で…。
例えば「たか」と打てば
あのNO.2の人が、
あの組織名・あの役職…、
で、もって、←この字で始まるフルネームが


引退した場合には「元」を頭に付け直します。
ここだけの話、今度、直…参、三人、除…籍に……予定、
未発…表、ここだけ、ここだけ、
どこも…、嗅ぎ…、付けてない。


止めときましょう。




コラ!


…と、偉そうなことを言いながらも、
先日、職業記載に文筆業と変換したつもりが
分泌業と変換されてました。
僕は普段何をどこから分泌しているのでしょうか?

血と汗と涙ではないことはたしかです。




…ちなみに、

我々の業界で「しきゅう」と打って変換させると、
「四球」もしくは「死球」になると、スポーツライター。
「子宮」になると、エロライターです。

私ですか…?
締め切り前には…至急!
月末には……支給!

とても遅筆な貧乏ライターだからです。
それでも良ければ仕事ください。
…まず、アテになりません。
後悔すること間違いなし!





この変換、アナタも・・・やってみて下さい。


食品業界の謎
食肉偽装、
原材料偽装、
賞味期限偽装、

食品業界の不正が次々と暴かれてゆく。
そんな中、新たな事件が発覚しつつある。

疑惑はとある食品会社の経営する冷蔵倉庫で起きた。
誰もが知る有名な食品会社の関連企業である。

ある日、忽然と数百トンもの預けていた食品が消えた。

盗難事件であろうか? 氷といっしょに溶けたのか?
(氷なんか使わないって!)
誰が数百トンもの冷蔵食品を持ち出すことが出来る?
(大型トレーラー何台分だ)

昨年末より被害者や関係者(加害?)に聞き耳を立てる。
言い訳は二転三転、これでもかと裏返る。
最後には『最初から預かっていなかった』
じゃあ、然るべき立場の人が発行した預り証は?
転売されるたびに出された名義変更受諾書は?
(数百トンもの食品は倉庫に置いたまま転売される)
倉庫は空なのに保管料を取り続けていたのか?

たしかに輸入されたはずのその数百トンの食品は、
そこに保管されることなく、
どこかで腐敗臭を漂わせているのか?
それとも裏流通に乗って誰かの腹の中へ?
売りさばいた金は、誰のフトコロの中へ?

被害者はすでに数社にも及ぶ。
そこに預けた一つの食品だけではないのだ。
そこでは次々と消え続けているのだ。


被害者(たち)の告発に某本庁は詐欺事件として内定、
(最初からなかった物を売ったのならばってこと?)
詐欺なのか?企業不正、業務上横領、泥棒!
数百トンだぞ!数百トン!
社員や従業員が見ているだろ!

『慎重に内偵中なので、書かないで下さい』
『乱暴に調査中なので、まだ書けません(笑)』


その食品会社は昨年から簿外取引をしていると
業界では噂されていた。

魚沼産コシヒカリの作付け面積以上の
米が魚沼産として流通している不思議。

経済制裁中にもかかわらず、
その国の産としか思えない海産物の安売り。

牛の数以上のブランド牛肉。

若くないのに若鶏。

中国産の韓国キムチ。

カレー味のウンコ。


……そんなことばかり。
何を信じて食べればいいのか?
(貧乏舌のくせに)

それらデタラメも凄いが、
このデタラメも凄い。


もぅええやろ!
さぁ!いきまっせぇ!


……予告編でした。
ニュースが流れたら、
『ああ、これけぇ』

ararara.jpg


あ、以前、食品から散弾銃の弾丸が出てきた会社です。
それも、なぜか農産物から…。
そういえば、カッターの刃も出てきたそうです。
プラステック片も。
『殺す気かぁ!』
(上島竜平は怒ってるゾ!)



裁判、やりまひょ!
大騒ぎしてやりまひょ!


何で?こんな事件の糸口をって?
ナントカ企業を調べていたとだけと言っておきましょう。


あ、乗っかりたい他媒体の皆様は連絡ください(笑)






======================================

百瀬博教さんの突然のご逝去に際し、
心より哀悼の意を表し、ご冥福をお祈りいたします。

======================================


追記:

はい!ニュースが流れました!
食品は豚肉です。

夕刊フジでの第一報
(むむむ…、早耳だな!)

とある食品会社とは“ニチロ”でしたね(笑)
報道後に食品も自主回収したようですな。
焼き豚チャーハン!
…何があったの~~?

報道が出たので、
ここで事件の概要を→食品業界の謎…その2

……第二弾の暴露は近日ってことで
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。