裏の裏は、表…に出せない!
実話誌等で暴走する裏系&馬鹿系ライターが、日本最大の歓楽街・歌舞伎町から発信するグダグダな非日常的体験と裏話。そして禁断の取材メモ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嘘つきベンツ男
ヘタ打ち? へぇ…おもしろそう。
・・・いるいる。
私が知っているのはウチラのあいだでは「嘘つきM」と呼ばれる馬鹿ヤクザ。

そいつ元々は他の組にいたの。
組が無くなってバックれた。
抗争で組事務所が事務所使用制限?ってのになって寝る場所もない。
オレも命を狙われてヤバイから一緒に旅に出てくれって言う。
・・・場所は箱根?
『なんで、アンタなんかと温泉地に逃げなきゃならないの!』
って逆ギレしてやったら、淋しそうな顔してるくせに
『オンナには分からない世界さ』
・・・なんて気取って。
最後は『オレはこのままじゃ終わらないからな!』って捨て台詞。
コッチがダメならアッチ…もダメってくらい、
色んな店で色んな女の娘を口説いているくせに。
やっぱり、他の娘にも同じ事を言っていた。

・・・・・・そして街から消えた。

半年くらいしたある日、
ベンツが私の前で止まってスモークの窓が開いたの。
『よぉ!』…Mだったの。
関西系の巨大組織の幹部になった・・・って。
へぇ、スゴい、やったね!
少し見直したかな…。
『オレとやり直さないか?』
…だから付き合ってないって! 

そんなある日、ホストの彼氏とホテルで朝帰り。
そしたらホテルの駐車場にベンツが止まっていて、
嘘つきMが運転席に…。

「ヤバッ!」と思ったら目が合った。
・・・尾行?
Mは車から降りるなり彼氏に凄みだした。
車の屋根に肘を掛け、咥えタバコで睨みつける。
『ああ・・・ぁ』
もうダメだ…と思ったら、
エレベーターが開き、見るからにケバいカップルが…。
顔面凶器のスキンヘッドに水商売バリバリ香水女。

男の方がいきなりMに蹴りを喰らわせた!

『てめぇ!偉そうに車に寄りかかってんじゃねえ!』 
Mは速攻土下座。
『親分、済みません!』
『ベンツは禁煙じゃちゅうとろうがぁ!』
『す、す、・・・ひゃああああ!』

そのままボコボコにされてました。
『か、勘弁してくださ~~~い!』
私と彼氏は・・・、はい、さようなら。

ベンツは親分のでアンタは単なる運転手だったのね~っ。
アトで聞いた話ですが、
Mの前の組って家賃が払えず追ん出された貧乏組織だって。

・・・トホホな奴でしょ。

新宿・M石E麻さん(完全ヘルプ)

============================


・・・後日談です。


自称組員・・・実は、ただの運転手「嘘つきM」の近況です。


この嘘つきMは内緒のバイトを始めた。

事もあろうに親分のベンツを勝手に駐車場から出して
キャバ嬢相手の白タクを始めた。
『よっ!どこまで?中野?2千円でいいよ!』

ベンツの運転席のMは窓を開けて肩肘を出しその手には煙草。
・・・見つかったら、どつかれるぞぉ! M!

しかし・・・長くは続かなかった。

親分がベンツ後部座席に鎮座していると、
白タクMの常連客のキャバ嬢が・・・泥酔状態で乗り込んできた!

『キャハハ!M、送ってよ!」
親分は『・・・・・・・・・』
『あ?先客?』
はじけるキャバ嬢、一人は笑いながらハゲ親分の頭を叩く。
『キャハハ!ハゲだ、ハゲだぁ!』
一人は口を押さえて吐きそう。
『ううううううううう』

親分はみるみる青筋が顔面に浮かび上がってきた。
『・・・Mクン?』
『・・・・・・あ、いや、・・・あ、はい』
親分は爆発寸前だった。

しかし、爆発したのは、
『ゲロゲロゲロゲロ!』
『おおおおおおおおおお!』
『きゃああああああ!』
『洗面器ぃ!』

・・・・・・親分は言った。
『運転手さん、今度はワシが送ってやろうか? 地獄まで』
『きゃ~~~っ!送って!送って!』
『ゲロゲロゲロゲロ!』

ご想像通り、シメられてしまいました。
・・・で、憐れに思った兄貴分がポ~ンと十万円。
『じゃあ、コレで中古車でも買って来い。・・・がんばれよ』
『う、う、うううううう・・・兄貴ぃ』

大泣きのM。
土下座して泣いていた。
・・・義兄弟愛!
・・・・・・でも、十万円で買える車なんて・・・よぉ!

・・・で、白タク営業再開!
だけど、車はボロボロ
顔も傷だらけボロボロ・・・。

『お客さん、どこまで?』
折檻で凄い形相、Mの不気味な営業スマイル0円!
『ひ、ひ、ひえええええ!』
・・・客は付かない。

しかも・・・・・、

『お客さん! 成田空港、到着です!・・・え?ハダ空港?・・・ハダぁ?』
『・・・・・・あのねぇ、君ぃ、羽田空港!』


しかも・・・、

『ガス欠だよ~~っ! ここドコ?・・・ドコ?ドコ?ドコ?』
俺はどこにいるんだよぉ~~~~~っ!
叫ぶM!
深夜の山中、周囲に灯りは無い。
十万の車にカーナビは無い。

お前は「鉄腕DASH」のソーラーカーか!
・・・で、最近のあだ名は「ソーラーカーだん吉」です。

お~~~~~い! だん吉ぃ!


(C)SHINSHUN 極道ヘタ打ち列伝 原作改稿
スポンサーサイト
【告知】 劇画家・漫画家・作画募集
・・・・・・劇画家・漫画家・作画募集をいたします。

作品名は『新・首領への道』です。
任侠劇画家・村上和彦先生原作全25巻・関連作品3本に渡る
Ⅴシネマの金字塔『首領への道』の待望の新シリーズ。

【作品概要】

タイトル: 新・首領への道
製作: シモ・エンタープライズ株式会社
製作総指揮: 村上和彦
企画制作: 株式会社村上劇画プロ
原作脚本: 村上和彦
販売:GPミュージアムソフト
(C)村上和彦 / シモ・エンタープライズ


本作品の原作に基づいた劇画作品です。
映像作品は本年の4月より撮影開始となります。
それに併せた週刊または月刊連載としてのメディアミックス企画です。

本ブログもしくは下記URLの問い合わせフォームにて
コンタクト頂きましての審査となります。

作品の世界観を重視して下さる骨太な劇画作家を募集いたします。

【歌舞伎町ペンクラブ】
http://kabukicho.biz/penclub/top.html


以下の審査資料および原稿を準備していただき、
コンタクト返信に従って歌舞伎町ペンクラブ事務局までお送り下さい。

第一回締め切り・一月末日

~~募集要項~~

1:履歴書(ペンネームと本名明記・写真添付のこと)

2:職歴書

3:過去に発表作品のある応募者は、作品の一部(形式は自由とします。コピー可)

4:作品画像7点

A:主人公の設定画
B:サブキャラの設定画
C:アクション場面
D:銃器
E:群集シーン(盃事、義理場、ヤクザ事務所)
F:背景(邸宅、街、ネオン街 他)
G:作風の分かるもの(自由)

※応募資料は返還いたしません。

他、詳細はコンタクト返信にてさせていただきます。

ご応募をお待ちしております。


【歌舞伎町ペンクラブ】
http://kabukicho.biz/penclub/top.html


【武内晃一ブログ・歌舞伎町午前零時/光と闇の思案】でも告知中!
http://www.actiblog.com/takeuchi/25508
不夜城の光と影 ・・・を見た記者
不夜城の光と影
~歌舞伎町は生まれ変わるのか!?~


【浄化作戦・表面的には成功だが・・・】

http://www.zakzak.co.jp/tsui-sat/tsui/20061216_01.htm


【図太く生き残る悪魔】

http://www.zakzak.co.jp/tsui-sat/tsui/20061216_01.htm


【浄化の結果、裏にもぐり】

http://www.zakzak.co.jp/tsui-sat/tsui/20061216_03.htm


【怪しい黒人客引きの店に潜入!】

http://www.zakzak.co.jp/tsui-sat/tsui/20061216_04.htm



不夜城の光と影・2
~歌舞伎町は生まれ変わるのか!?~

【誰かが血を流す懸念】

http://www.zakzak.co.jp/tsui-sat/tsui/20061222_01.htm


【決起集会ホスト強制動員】

http://www.zakzak.co.jp/tsui-sat/tsui/20061222_02.htm


【違法風俗浄化作戦の最終目標は・・・】

http://www.zakzak.co.jp/tsui-sat/tsui/20061222_03.htm


【エンタメランド化を目指す!】

http://www.zakzak.co.jp/tsui-sat/tsui/20061222_04.htm




・・・・・・・(I)記者様、拝読いたしました。お疲れ様でした。
歌舞伎町の今に何を感じたのか・・・にじみ出ています。
問題提起のひとつとなり歌舞伎町が良くなりますように!

この記者さん、向こう見ずで、怖いもの知らずなんですよ。
・・・・・・でも、必ずビビる。
無茶な場所に潜入して・・・
『あの店に行ってみた!』
『ええええ!』
『あのタチンボに捕まってみた』
『・・・・・・』
『無届のデリヘル嬢を呼んで話を聞いた』
『危ねぇ!・・もうヤメなよ!』

最初は危険察知能力のないアホかと思いました。
ところが報道魂と知り、驚愕!
(私でも無理ですから!)
話を聞くだけでなく、その全てを自分で確認する!
嘘は書かない。自分の目と耳だけを信用する。
いやはや、感服。
・・・勉強になりました。

・・・ところで、危険・残業手当は出ましたか?(笑)
ホストクラブのあるべき姿
以前の記事で書いたが、
歌舞伎町でホストクラブが槍玉に上がっている。
未成年客問題、脱税、レイプ事件、風営法違反・・・・・・。


・・・ある書籍のコーディネートで一軒のホストクラブを訪ねた。
『営業は早朝六時半からです』
そう言われて出直すことにした。
風営法の取り決めで、夜明けから深夜一時までの営業しか認められていないからである。


親父ひとりではみっともないし、
正直言って、ホストクラブは好きではないし、
間が持たないような気がしたので、
ひとりの女性を誘った。
彼女も『行ったことがないので、ホストクラブに行ってみたい!』
・・・と言う。

『先ほどは失礼いたしました』
ほぉ~~~、顔を覚えていましたか?
『お席にご案内させていただく前に、当店のシステムをご説明します』
初回料金5千円だと分かっているのにシステム説明かよ!

ところが、エントランス係の青年の説明が巧いというか、
スマートで頭に入ってくる。(普段の取材はフンフンフン!)

同伴したというか? された女性に、
『失礼とは存じますが、身分証明書をお持ちですか?』
・・・年齢確認である。親父が連れてきたのは22歳。
まぁ、未成年に見えないこともない。・・・ない!
・・・で、何で俺には聞かない!(見るからに親父だから当たり前)

・・・テーブルへ、
彼らにとってアベックは苦手のはずだ。
まずは、その関係を探ろうとする。
(残念ながら、そんな艶やかな関係ではない。下心はアリアリなんだが)
しかし、そんな質問や素振りすらみせない。
実にスマートで嫌味のない接客なのだ。
その青年は入店4日目だと言う。

代表が挨拶に来た。
以前、テレビ番組で一緒になった若き代表は、
彼らに怪しい私を巧みに紹介すると、
会話のヒントや方向性をさりげなくまとめて
『・・・ごゆっくり』
と嫌味なく席を立つ。
さすがはカリスマ! 夜のロハス!(どういう意味でしょうか?)

※ LOHAS(ロハス、ローハス): Lifestyles Of Health And Sustainability (健康と地球の持続可能性を志向するライフスタイル)の略。健康や環境問題に関心の高い人々のライフスタイルとされる。


初回料金のフリー客(ましてアベック)
(本当は振りの客というのが水商売用語として正確)
粗末にするどころか、次々と出勤してきたスタッフが
必ず『いらっしゃいませ』と丁寧に頭を下げてゆく。
不思議なことに会話を遮らない。

実はこの店は条例を守ってキャッチを一切、街頭には出していない。
ホストクラブにとっては売り上げを大きく左右するであろう。

時間制で話が弾んで延長してしまった。
・・・しかし、約束の料金であった。
話のコシを折らないという配慮であった。

私は歌舞伎町で最大最高級と言われた会員制クラブの店長を10年勤めた。
その期間に使った女性スタッフは2千人以上。
水商売本の書籍や劇画にも関係している。
そういうドラマやドキュメントの監修や知恵袋も勤めた。
古くなりつつある業態ではあるが、業界では知られた存在であった。

・・・・・・笑い話もある。
ミーティングでメモまで取る真面目な女性がいた。
ある日、彼女は私を呼び出すと怒り声で言った
『私! 店長のことを尊敬していました! 見損ないました! 店長の話すことは、全部この本に書いてあるじゃないですか! パクリですか!』
私は彼女が叩き付けた一冊の接客マニュアル本を見てニタニタ・・・。
『何が可笑しいんですか!』
『・・・・・・だって、それ、俺の本だもん』
『へ?』
ペンネームの名刺を出すと彼女は、奥付の名前と見比べ目を丸くした。
・・・可笑しかった。お店に内緒の副業でした。
そんな勉強熱心な彼女は、その後・・・売れっ子ホステスになったことは言うまでもない。

・・・んなことはさておき、
そんな過去を持つ私は・・・うなった。
完璧なのである。
従業員教育が徹底されていることが分かる。
自分は過去にここまでやれたか?
・・・否!

・・・楽しかった。
・・・・・・気持ちがよかった。
・・・・・・・・・実にいいものを見た!
女性同伴ならホストクラブも悪くない。

彼らはビルのエントランスまで見送りに出てきた。
『また、来ます』・・・久しぶりの本音で答えた。
(又来るといって行かないキャバクラの多い事)
数十メートル歩いて、同伴女性に言った。
『さりげなく振り返ってみろ』
『・・・え?』
『・・・いるか?』
『・・・手を振ってる』
彼らはそのまま見送っていた。
私が振り返ると深々とお辞儀をした。
結局、彼らは我々の姿が見えなくなるなるまでそこにいた。

害虫のように忌み嫌われている現在の歌舞伎町のホスト業界、

これがホストクラブの本来あるべき姿!
・・・いや未来の姿。
全ての答であるような気がした!


あえて店名は臥す。

これは宣伝ではないし、
歌舞伎町がどういう状況になろうとも、
この店は、必ず生き残り、
必ず売れるであろうからだ。

22歳女性が別れ際に言った。
『・・・他とは違うね』
『・・・だな。・・・ん? ・・・お前!・・・初めて、・・・行ってみたいって』

・・・い、行ってんのかよ~~~~っ!(←かなり深いエコー&リバーブ)

あぁ・・・、お母さん、また、騙されました。
なにが2千人の女性を・・・だ! とほほ。
【告知】 200万円だぞぉ!
200mannenn.jpg




ホストの部の優勝者には
ワシが副賞にヤンチャ系雑誌の
グラビア登場権をつけてやるぞい! 
己の主張!店の宣伝!従業員募集!
何でもOK!


観戦レポートは以下のページでお届けいたします!
http://shinshun.blog47.fc2.com/blog-entry-93.html
東京地裁にて・・・
早朝から東京地裁に向かう。
どうしても見ておきたい控訴審があったからだ。
ある組織の内部抗争事件なのだが。
・・・何となくおかしいと感じているからである。
こういう感は冴えている。
棄却されないで控訴となったからには、
新証拠など何かあるのかもしれない。
裁判資料を入手して読みふけって徹夜状態で向かう。

・・・私は病的な事件オタクです。
オウム事件の時は今の職業はお休み中。
歌舞伎町の高級クラブで・・・、
「いらっしゃいませ~~~!」なんて言っておったが、
飲み席で当時流行し始めた山手線ゲームの珍種、
ホーリーネーム山手線ゲーム(笑)で負けたことはなく、
スラスラとオウム幹部全員の名前とホーリーネームを言える異常さであった。

地裁前は朝からテレビカメラと報道陣が詰め掛けていた。
前夜、地裁のHPで確認したところ傍聴抽選券は出ていないはず?
・・・となると、あれとあれか?
「ヒューザー小嶋・詐欺容疑」さんと「ミラー植草・迷惑防止条例違反」さんですね。
ともにパソコン抽選、傍聴希望者が溢れている。・・・やれやれ。
でも、そういう裁判を横目に「ヤクザ」裁判に向かう私って・・・何?

控訴したこともあって一般傍聴人控え室は警察関係者だらけ。
彼らはすぐ分かる。
・・・なぜなら、靴は安物なのに妙に手入れされているのだ。
一般のサラリーマンの靴はもっと汚れている。
こういう几帳面さが刑事さんなのである。
ネクタイもスーツもごく普通。人ごみで目立つことはないのである。
・・・でも、目付きは鋭い。目配せの仕方が一般人ではない。
何で、こんなにいるんだぁ!・・・多すぎる。
この事件が都内だけでなく近隣の県でも関連発生しているからであろうか?
撃って撃たれて、撃たれて撃って、撃って撃たれて・・・そんな事件。

その中のひとりが声を懸けてきた。
「神峻さん?」
どきっ!ぎょおおおおお!
警察関係にも組織関係にも気付かれないようにしていたのに!
「この裁判に興味ありましたか? へぇ~~~」
・・・このおっさん、誰だ?どこの刑事だ?・・・組織関係? 
・・・ううう、知らん。報道関係ならば小嶋&植草だろう?
「ど、どこでお会いしましたっけ?」
周囲に聞こえないように小声で尋ねる。
「いやだなぁ!忘れたんですか?」
40代半ばで目付きが鋭く、ネクタイやスーツが人ごみで目立たない、靴の手入れが行き届いている・・・オッサンは微笑んだ。
・・・・・・歌舞伎町の熟女スナック(ママは高級美人クラブと抜かしておる)で隣り合って名刺を差し上げた客だった。

聞けば、・・・彼は重度の裁判オタクらしい。
この事件は妙なんですよ・・・と言う。
す、す、鋭い!

でもさぁ、平日の午前から地裁にいるなよぉ!
・・・・・・で、おい!お前、会社はぁ!

傍聴が終わり彼と立ち話。
・・・く、詳しい。
彼も事件を語れる仲間が見つかり嬉しそう。
・・・仲間じゃねえから!

彼の正体は芸人。
芸名は「H・J」さんというそうだ。
・・・本当かな?
私がかつて所属していた一門の兄弟子に電話する。
「ああ・・・知ってるよ。芸人だよ」
「兄やん・・・まじぃ? 芸人を隠れ蓑にした公安とかじゃないよねぇ?」
「お前さぁ・・・馬鹿? 俺は稽古で忙しいんだよ!」
当時の人気お笑い番組「テレビ演芸」(司会は横山のやっさん)などにも出ていたようで・・・。
重度のお笑いフリークならイニシャルで分かるだろうなぁ・・・芸名はパクリ?
裁判ネタを漫談にしていたりもするのだろうか?
「人間が大笑いするのって、実は恐怖なんですよね」
・・・分からんわ!

私のことを知っている関係者(事件の裏取りをした)から、
こっそりと電話があった。
どうやら、私と接触した人間が気になっているようだ。
「その男は誰?」
「・・・芸人です」
「・・・はぁ?何ぃ?」
そんなヘタな嘘はつきませんから!

色々な人がいますね(笑)
(お前ぇだよ! と言う・・・皆様からのツッコミを受けながらも)
是非とも、皆様方も裁判を見ることをお勧めします。

今度、こうした裁判傍聴記が映画にもなるんでしょ?
・・・・・・面白そうだ。

周防正行監督「それでもボクはやってない」
http://www.soreboku.jp/index.html


==========================

・・・で、私が電話で確認した兄弟子がリサイタルを開きます
稽古とはこれのことです。
ポスター&チラシの馬鹿コントキャッチは私が作りました(笑)

20070126022508.jpg


ゆ~とぴあ30周年リサイタル・・・リサイクル?
http://www.fujitv.co.jp/events/stage/yutopia/index.html

【出演】 ゆ~とぴあ
【友情出演】 コント山口君/渡辺正行/石倉三郎/マギー司郎 他多数

【第一部/コメディー「おばけのチャ×3」出演者】
はらみつお/泉珠恵/炭谷征之/コント青年団/伊勢浩二/谷川裕江/ブッチー武者/青空球児

【第二部:トークバラエティショー】

==========================
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。