裏の裏は、表…に出せない!
実話誌等で暴走する裏系&馬鹿系ライターが、日本最大の歓楽街・歌舞伎町から発信するグダグダな非日常的体験と裏話。そして禁断の取材メモ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シノギは削るもの
『シノギは削るものだよ』
 
私にそう言った男がいた。ゲーム屋で知り合ったその男は台湾人であった。


 日本刀は世界に類のない美しさと力強さを兼ね備えた最高の刀剣だ。剣は鋼(ハガネ)に刃入れをしただけの、単なる薄っぺらな一枚の鉄の板ではない。芯鉄とよばれる鋼鉄部分と、それを包み込む軟鉄を巧みに組み合わせ、炎と水で鍛え上げられて造られている。

 その芯鉄と軟鉄の組み合わせは、日本の国技である大相撲の力士が、鍛え抜かれた筋肉の上に、衝撃を吸収する脂肪の鎧を纏っているようなモノかもしれない。

 刀剣の断面を見ると、強度を持たせるために中央部が厚くなっており、細長い五角形になっている。鎬(しのぎ)というのは、この断面の一番厚い部分の頂のことだ。戦さ場では、この一番頑丈な部分である「鎬」を、叩きつけ、削りあい、凌ぎあう。

 よく時代劇で刃先と刃先を鍔ぜり合ったり、弾き合ったりしているが、アレは嘘だそうだ。実戦では相手の刀を極力受けないようにするそうだ。受けても鎬(しのぎ)で受け流すように受けるのが実際であるそうだ。ただそれは立ち合いの場合で、複数の敵との白兵戦となる戦場ではそうはいかない。

 戦国時代の合戦では主な武器は槍の場合が多かった。それは「衝く」「叩く」「薙ぐ」「斬る」と中距離から攻撃できる武器として戦国時代の主流であった。腰の刀を使う場合は、槍が失われた場合か、近距離での白兵戦となった場合、または相手にトドメをさす場合に使用される。トドメは鎧の隙間から身体に刺し込むか、首の頚動脈を断ち切る。その為に使い勝手の良い小太刀や脇差が使用された。

 当然、戦国時代にも打ち刀や大刀はあったが、日本刀が大型化するのは江戸時代末期である。維新刀と呼ばれる大刀が天誅や暗殺に使用された。この頃には道場剣法が盛んになっており、チャンチャンバラバラな世界で、頑丈になった刀剣の鎬を削りあったのも事実である。


 ところで、裏の世界で言う「シノギ」…それは生きていく術。生きていく為には削りあわねばならない。たしかに彼の言う通りだった。裏社会や夜の街では「シノギ」は削るものだ。

 歌舞伎町では、次々と新しい商売や手法が生まれ、古いモノにしがみついているだけの者達は淘汰されてしまう。アングラな業界にも、新しい勢力が生まれては、弱いモノから消えていく。油断していればあっという間に喰われてしまう。

 この街は、澱んだ行き止まりの川のように例えられるが、実はそうではない。新しい水が次々と流れ込んでいる。それもとんでもない毒水が…。その台湾人に出会ったのは昭和の終わり。


 彼が台湾から歌舞伎町に流れ込んだ、とんでもない毒水だったことは新聞で知った。


……彼はのちにピストル楊と呼ばれた。

彼の正体は、又、別の機会で……。

スポンサーサイト
哀愁ただよう歌舞伎町の隠れた名曲 ~新宿発23時50分~
歌舞伎町を唄った名曲がある!
(…といっても、私だけかも)

かつて歌舞伎町には大箱ホストクラブの有名店が何店舗もあった。
その頃のホストたちは、現在の歌舞伎町での主流のホスト君たちとは異人種だ。

カチッとしたヘアースタイルで、カチッとしたスーツ。
これでもかというくらいのシャツの襟とカウス。
ド派手なネクタイに、ヒールの高い磨かれた革靴。
もちろんキンキラのネクタイピンとカウスボタン。

大箱ホストクラブにはダンススペースがあり、
チークタイムには女性客がウットリと身を預けていた。

曲は流行のムード歌謡…。
大箱ホストクラブは箱バンと呼ばれる専属バンドが居た。

十数年前のことだが、すでに閉店した有名店で、
私はその曲を耳にした。

『新宿発23時50分』

ご当地ソングというか、職業ソングというか、
実に哀愁漂う名曲だった。

箱バンが受け狙いで作った曲か?
聞けば、オリジナルがあると言う。

歌舞伎町の悪い先輩というか、呑み仲間というか、
Iさん(建築関係)という人物もこの曲を知っており、
彼の記憶力は素晴らしいもので、
歌詞だけでなく、メロディーも完璧に(笑)

(疲れ切ったホステスの前で歌うのは勘弁して下さい)


ずっと探していた。


…で、いつしか忘れた(笑)


ネット時代というのは素晴らしい。
そんなことを突然に思い出し、
何気なく検索してみたら、

行き当たったのである。

どうやら、昭和51年6月にポリドールから発売された
『佐藤よしおとブルーセブン』という
コーラスグループの曲らしい。

なんと、ネットラジオというか、
音源まで耳にすることが出来たのである。

あらためて思う。
この曲は歌舞伎町の名曲だ!

なんといっても、哀愁ただよう歌詞が秀逸だ。


ある年齢以上に達したホステスさんが、
店を終え、新宿発の終電車に乗り込んで、
車窓のガラスに映る自らを見て自虐…。

まぁ、23時50分という終電はないのだが…。
(早くとも24時30分台から25時近くが新宿の終電だ)

実は、この時間が肝なのだ。
当時の大衆キャバレーは23時30分に営業終了した。
ダラダラと客が残っても24時にはとっとと閉店するのだ。
(つまり、主人公が勤務するのは高級店ではないということだ)

この歌の主人公は、お局化したホステス。
昔はそれなりにチヤホヤもされたかもしれない。
だが、現在の彼女は、閉店時間には客席にも呼ばれていない。
だからこそ、この時間の電車に速攻で乗れる。
……深い。哀愁だ。

水商売に長く浸っていると、
若く華やかな時代だけではない。
誰しもがこの哀愁と自虐を、
いつかは体験することになる。
それが、この歌だ。

…泣ける。…が、笑える。

もっとも、一番笑っているのは、
見切りの付け時を見失って
ため息をついている主人公ではあろうが。


それでは…、
たしか? 著作権というものがあるのでしょうが
(お前もそれで食ってるくせにぃ!)
あえて、その歌詞を晒します。
ネオン街人生の悲哀をご堪能下さい。

(一部、聞き取りですから、間違っているやも知れません)


neon.jpg



『新宿発23時50分』 
佐藤よしおとブルーセブン


少し酔ったわ、こんな夜(よ)は…
誰か、支えが欲しいのに
ネオンに笑われ、小走りに
急ぐ、乗り込む、終電車

新宿発23時50分…
ガラスを鏡にして覗く
顔も何だか疲れているみたい


好きなお客は盗られるし
ママの見る目も冷たいわ
今さらクラブを替わっても
付いて来るのは苦労だけ

新宿発23時50分…
結婚するって辞めたけど
ルミやユカリは幸せかしら?


眠るフリして、寂しさに
耐えているのね、あのひとも
揺られているうち、醒めてくる
味気ないわね、…独りって

新宿発23時50分…
これから夜道を帰っても
冷えたベッドが待ってるだけよ



(※…一番の歌詞ですが「乗り込む」は「寝ころぶ」かも)



曲を耳にしたい方は
検索してみて下さい。
(再び検索したら、この日記が最上位に。…こまったものだ)

メロディーもある意味で、
ムード歌謡の王道です。
…で、何か、詳細でも分かったら、
他力本願で怠け者の私にメッセージを下さい。
…すまんね。

2350.jpg

…もしも、もしも、
関係者の方がたどり着かれたら
是非とも、ご一報下さい。


これ、再発しねぇかなっ!



(C)SHINSHUN


PS:
セキ様、メッセージをありがとうございます。
PCメール拒否設定なのか? こちらにて感謝を。(6/16)



【告知】

企画写真展
「6月のさくら」

片山恵悟 川本健司 斉藤りこ 田中大輔
谷本恵 直江沙季 中山学

2011年6月14日(火)~6月26日(日)


securedownload.jpg

GALLERY SHU HA RI ギャラリー シュハリ
東京都新宿区四谷3-13 大高ビル 3F
TEL:03-5269-1436

http://www.gallery-shuhari.com

securedownload2.jpg

Open 12時~20時/最終日17時迄/月曜休廊
入場無料:フリードリンク



歌舞伎町コミューン

歌舞伎町~新大久保界隈に生きる人々で作るコミュニティ型の地域ポータルサイトです。
タウン情報やイベント、求人などの地域情報、最新ブログの一覧から、歌舞伎町の今がわかります。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。