裏の裏は、表…に出せない!
実話誌等で暴走する裏系&馬鹿系ライターが、日本最大の歓楽街・歌舞伎町から発信するグダグダな非日常的体験と裏話。そして禁断の取材メモ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝堂院大覚氏とマイケル。…もろもろ!
マイケルジャクソンが亡くなって、
親交のあった『日本の父』 朝堂院大覚氏が…。

何でもかんでも、今はマイケル関連記事、マイケル関連報道ってことで、
知縁と常識の無いメディアの皆様が、ワシの足元を見て、
このブログを通じて意味不明コンタクト集中。(集中中?)

ワシは広報でもオフィシャルライターでもないの!
(そりゃ、面白がられて、可愛がっては頂いているが)

義理や感謝のある某電波媒体や某紙媒体はともかく、(お疲れ様!)
会ったことも、挨拶も出来ない人間のために、
何で、動かにゃならんのよ。
何で、お伺いを立てなきゃならんのよ!
礼を尽くせば、こちらも礼で応える!

おかげで今日の取材に立ち会うハメにも(トホホ)


あのぉ、ワシも物書きなんですよ。
電波芸者、紙芸者、提灯持ち、太鼓持ち…なんですよ。
ご同業なんですよ。

何で、ワシが取材を受けねばならんの!
ワシは取材をする側なんです。

こんなことで小銭も欲しくは無いの! 要求もしとらんの!
(そりゃワシはギリギリ貧乏だけど。
そのギリギリ貧乏度がワシのクオリティ維持の限界なの!
それで充分! 世の中、良く出来ているわ)

そんなこんなで、


今、ここに宣言します。

今後は、全て、お断りします!



……それじゃ、意地悪な親父みたいですから、
物好きで奇特で、愛する皆さんのために、
わざわざ辿りついた方のために、
(読者だよっ!お前らじゃねぇ!)

ここで、朝堂院大覚氏の発言の過去取材を
公開したいと…。



『それでエエですよねっ!』

『おぅ!』


何だか、よく分かっておられなかったご様子ですが、
朝堂院大覚氏が『おうっ!』と言われたので、勝手にそうします。


再び、宣言します!
朝堂院大覚氏の発言保持者(?)として、
ここでチビチビと公開いたします。
 

……と、いうことで、


※…ごっつあん体質の“輩”は、
覗き見はともかく、コンタクト禁止!
ここは、私が愛おしく思う少数読者のためと、
己のストレス発散のための個人的ブログです!


以降の記事を、事情通とか関係者談だのって、転載すんなよっ!



お前らのご自慢の会社では常識っての教えないのか?
街宣車、回すぞっ! ←理由は何やねん(笑)
(性格わりぃ。ぶふふふ)


(神峻、怒っとる…と、いつもの皆さんは、ニヤニヤと喜んでくらはい)



cc170_l.jpg
劇画・ヤクザの死に様 極道たちの最後


07212746.jpg
07222538.jpg
格差社会の真実 スペシャル & FINAL



スペシャル・サンクス 朝堂院大覚氏 バイ 神峻。 (←カタカナかよっ!)


PS:…6月30日に発売されたこの書籍『任侠塾』は、
かねてより“任侠傳”として書き綴りたい。
任侠人が語られることはあっても、その人物が持ち得た任侠精神が語られることは無かった。
夢想希望していた私に、そのタイトルを授け、取材スタイルの方向性を示してくださったのは、
実は…、誰あらん朝堂院大覚氏でありました。
『武士道が廃れ、武道が精神を失い、今、最後の砦である任侠道が有名無実の詭弁として腐り果てようとしている。“任侠塾”とせい!』
よし神峻!それで行け!…と特別協力の作家・塚原晃氏。

私は朝堂院大覚氏の言葉で火が付いたのです。
(若輩者には、実に辛かったスよ~~~っ!)


この書籍、私が当初、思い描いた、ほんの一部分です。
いつかは再執筆開始します。
疲れちゃいました(笑)

……私、燃えカスです。
(山平重樹先生にもスペシャルサンクスです)


今は、秘密警察がどうだとか、過激な右翼がどうだとかいう暴露系書籍と、

その次の、夜の世界がどうだとか、倒錯の世界がどうだとかいう豚牧場の実話書籍。

それに集中します。

あ、それとヤンチャな若者たちのスポーツ殴り合いのオフィシャル(?) …な、なんでぇ!ワシ。
(ワシ、喧嘩は分かるが、格闘技は分かりましぇん!)


歌舞伎町コミューン


追記:

とりあえず、漫画にしてみました。

971c32673b806ea7c9587eb6233efdad5a35738d_1.jpg

実録 日本国タブー地帯!

「マイケルジャクソンが“日本の父”と愛した朝堂院大覚とは何者か?」

宙出版より!




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。